PAGE TOP ↑
eJudo

[速報]ヘイダロフが地元でビッグタイトル獲得、81kg級は好調ムキが早くも今季3勝目・グランドスラムバクー2019第2日男子

(2019年5月12日)

※ eJudoメルマガ版5月12日掲載記事より転載・編集しています。
[速報]ヘイダロフが地元でビッグタイトル獲得、81kg級は好調ムキが早くも今季3勝目
グランドスラムバクー2019・第2日男子(73kg級、81kg級)
eJudo Photo
73kg級準々決勝、ヒダヤト・ヘイダロフがデニス・イアルツェフから「技有」

eJudo Photo
73kg級3位決定戦、ルスタン・オルジョフがアキル・ヤコヴァから「技有」

→第2日男子全試合結果(eJudoLITE)
→第2日男子プレビュー

アゼルバイジャン・バクーのヘイダル・アリエフ・スポーツホールで開催中のグランドスラム・バクー大会は11日、第2日目の男女それぞれ2階級の競技が行われた。

地元アゼルバイジャンのスター2人の競演に沸いた男子73kg級は2018年バクー世界選手権3位のヒダヤト・ヘイダロフ(アゼルバイジャン)が優勝した。準決勝で同国の先輩ルスタン・オルジョフとの直接対決をGS延長戦の背負投「技有」で制すると、決勝はトハル・ブトブル(イスラエル)から3つの「指導」を奪って勝利を決めた。

オルジョフは3位決定戦で難敵アキル・ヤコヴァ(コソボ)から外巻込と大外巻込で2つの「技有」を奪って快勝、しっかり表彰台は確保した。もう1試合の3位決定戦はデニス・イアルツェフ(ロシア)が得意の足技の冴えを披露、鮮やかな払釣込足「一本」で地元の3番手テルマン・ヴァリエフ(アゼルバイジャン)を破った。

eJudo Photo
81kg級決勝、サギ・ムキがイヴァイロ・イヴァノフから大腰「技有」

81kg級は今季好調のサギ・ムキ(イスラエル)が快勝。準決勝はマティアス・カッス(ベルギー)をGS延長戦の一本背負投「技有」、決勝はこの日好調のイヴァイロ・イヴァノフ(ブルガリア)をこれもGS延長戦の大腰「技有」で破った。ムキは今年グランプリ・テルアビブ優勝、グランドスラム・パリ2位、グランドスラム・エカテリンブルク優勝、そしてこの日グランドスラム・バクー優勝と出場した4大会すべてで決勝に進出、3つのタイトルを得た。

3位にはカッスのほか、この日目立っていたジョージアの19歳タト・グリガラシヴィリ(ジョージア)が入賞。2回戦で第1シードのフランク・デヴィト(オランダ)を裏投「技有」で破り、3位決定戦ではアレクシオス・ンタナツィディス(ギリシャ)を裏投「一本」で破った。

日本代表選手の出場はなかった。

各階級の入賞者と準々決勝以降の結果は下記。

■ 73kg級
eJudo Photo
73kg級メダリスト。左から2位のトハル・ブトブル、優勝のヒダヤット・ヘイダロフ、3位のデニス・イアルツェフとルスタン・オルジョフ。

eJudo Photo
3位決定戦、イアルツェフがテルマン・ヴァリエフから払釣込足「一本」

(エントリー40名)

【入賞者】
1.HEYDAROV, Hidayat (AZE)
2.BUTBUL, Tohar (ISR)
3.IARTCEV, Denis (RUS)
3.ORUJOV, Rustam (AZE)
5.VALIYEV, Telman (AZE)
5.GJAKOVA, Akil (KOS)
7.ZINGG, Anthony (GER)
7.STERPU, Victor (MDA)

【準々決勝】
ルスタン・オルジョフ(アゼルバイジャン)○GS大外巻込(GS0:59)△アンソニー・ツィング(ドイツ)
ヒダヤット・ヘイダロフ(アゼルバイジャン)○合技[腰車・横四方固](2:57)△デニス・イアルツェフ(ロシア)
テルマン・ヴァリエフ(アゼルバイジャン)○浮落(0:46)△ヴィクトル・ステルプ(モルドバ)
トハル・ブトブル(イスラエル)○GS技有・背負投(GS3:21)△アキル・ヤコヴァ(コソボ)

【敗者復活戦】
デニス・イアルツェフ(ロシア)○優勢[技有・隅落]△アンソニー・ツィング(ドイツ)
アキル・ヤコヴァ(コソボ)○支釣込足(2:50)△ヴィクトル・ステルプ(モルドバ)

【準決勝】
ヒダヤット・ヘイダロフ(アゼルバイジャン)○GS背負投(GS3:29)△ルスタン・オルジョフ(アゼルバイジャン)
トハル・ブトブル(イスラエル)○GS小内巻込(GS0:28)△テルマン・ヴァリエフ(アゼルバイジャン)

【3位決定戦】
デニス・イアルツェフ(ロシア)○払釣込足(0:27)△テルマン・ヴァリエフ(アゼルバイジャン)
ルスタン・オルジョフ(アゼルバイジャン)○合技[外巻込・大外巻込](2:50)△アキル・ヤコヴァ(コソボ)

【決勝】
ヒダヤット・ヘイダロフ(アゼルバイジャン)○GS反則[指導3](GS3:22)△トハル・ブトブル(イスラエル)

■ 81kg級
eJudo Photo
81kg級メダリスト。左から2位のイヴァイロ・イヴァノフ、優勝のサギ・ムキ、3位のマティアス・カッスとタト・グリガラシヴィリ。

eJudo Photo
3位決定戦、タト・グリガラシヴィリがアレクシオス・ンタナツィディスから裏投「一本」

(エントリー48名)

【入賞者】
1.MUKI, Sagi (ISR)
2.IVANOV, Ivaylo (BUL)
3.CASSE, Matthias (BEL)
3.GRIGALASHVILI, Tato (GEO)
5.KHUBETSOV, Alan (RUS)
5.NTANATSIDIS, Alexios (GRE)
7.PACEK, Robin (SWE)
7.ELIAS, Nacif (LBN)

【準々決勝】
タト・グリガラシヴィリ(ジョージア)○横四方固(2:56)△ロビン・パチェック(スウェーデン)
イヴァイロ・イヴァノフ(ブルガリア)○GS優勢[技有・隅落](GS1:45)△アラン・フベトソフ(ロシア)
サギ・ムキ(イスラエル)○合技[浮落・浮落](3:27)△アレクシオス・ンタナツィディス(ギリシャ)
マティアス・カッス(ベルギー)○優勢[技有・一本背負投]△ナシフ・エリアス(レバノン)

【敗者復活戦】
アラン・フベトソフ(ロシア)○優勢[技有・背負投]△ロビン・パチェック(スウェーデン)
アレクシオス・ンタナツィディス(ギリシャ)○反則[指導3](2:48)△ナシフ・エリアス(レバノン)

【準決勝】
イヴァイロ・イヴァノフ(ブルガリア)○GS体落(GS3:09)△タト・グリガラシヴィリ(ジョージア)
サギ・ムキ(イスラエル)○GS優勢[技有・一本背負投](GS1:54)△マティアス・カッス(ベルギー)

【3位決定戦】
マティアス・カッス(ベルギー)○GS反則[指導3](GS2:16)△アラン・フベトソフ(ロシア)
タト・グリガラシヴィリ(ジョージア)○裏投(2:44)△アレクシオス・ンタナツィディス(ギリシャ)

【決勝】
サギ・ムキ(イスラエル)○GS大腰(GS0:25)△イヴァイロ・イヴァノフ(ブルガリア)

※ eJudoメルマガ版5月12日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る