PAGE TOP ↑
eJudo

[速報]日本勢いずれも優勝ならず、57kg級は素晴らしい出来見せたシウバがV攫う・グランドスラムバクー2019第1日女子

(2019年5月11日)

※ eJudoメルマガ版5月11日掲載記事より転載・編集しています。
[速報]日本勢いずれも優勝ならず、57kg級は素晴らしい出来見せたシウバがV攫う
グランドスラムバクー2019第1日女子(48kg級、52kg級、57kg級)
eJudo Photo
57kg級決勝、ラファエラ・シウバが芳田司から隅落「技有」

eJudo Photo
57kg級準々決勝、シウバがエレーヌ・ルスヴォから内股「一本

グランドスラム・バクー大会は10日、アゼルバイジャン・バクーのヘイダル・アリエフ・スポーツホールで開幕。初日の女子は軽量3階級の競技が行われた。

48kg級に近藤亜美(三井住友海上)、52kg級に志々目愛(了徳寺大職)、57kg級に芳田司(コマツ)と3人の世界王者を送り込んだ日本勢だが、この日は優勝なし。近藤が2回戦敗退、志々目と芳田は2位に終わった。

近藤は初戦でガブリエラ・チバナ(ブラジル)に片手絞「一本」で敗退。相手が片襟の右背負投を抜いて仕掛けた所謂「腰絞め」に対応が遅れて、絞め落とされてしまった。投技と連続した技術ではなく、脇から首(襟)に手を持ち替えるという一動作を経た時間の掛かる仕掛けであり、常であればまず食うことのない技。油断負けであった。近藤は全日本選抜体重選手権に続く初戦負け、東京五輪の代表争いでは極めて厳しい状況に置かれることとなった。

優勝はワールドツアーでまだ表彰台のなかった2017年世界ジュニア選手権銀メダリスト、ラウラ・マルティネス=アベレンダ(スペイン)が攫った。近藤に勝ったチバナは準々決勝、3位決定戦と星を落として最終結果は5位だった。

52kg級の志々目は全試合一本勝ちで勝ち上がったが、アモンディーヌ・ブシャー(フランス)との決勝の最中に右膝を負傷。棄権を余儀なくされ、2位で大会を終えることとなった。

57kg級の芳田も準決勝までは全試合一本勝ち、素晴らしい内容で勝ち上がったが、決勝はリオ五輪金メダリストのラファエラ・シウバ(ブラジル)に隅落「技有」で敗れた。

この日のシウバは素晴らしい出来。作用足を大きく振って、あるいは出足払のフェイントから繰り出す内股を決めまくり、準々決勝ではエレーヌ・ルスヴォ(フランス)をこの内股で鮮やかに投げ切り「一本」。間違いなくこの日の女子MVPであった。

各階級の入賞者および準々決勝以降の結果、日本選手の勝ち上がりは下記。

→第1日女子全試合結果(eJudoLITE)
→第1日女子プレビュー)

■ 48kg級
eJudo Photo
48kg級メダリスト。左から2位のジュリア・フィゲロア、優勝のラウラ・マルティネス=アベレンダ、3位のカタリナ・コスタ、ミリカ・ニコリッチ。

(エントリー25名)

【入賞者】
1.MARTINEZ ABELENDA, Laura (ESP)
2.FIGUEROA, Julia (ESP)
3.COSTA, Catarina (POR)
3.NIKOLIC, Milica (SRB)
5.CHIBANA, Gabriela (BRA)
5.SIDEROT, Maria (POR)
7.CLEMENT, Melanie (FRA)
7.STANGAR, Marusa (SLO)

【準々決勝】
マリア・シデロット(ポルトガル)○GS技有・袖釣込腰(GS1:17)△ガブリエラ・チバナ(ブラジル)
ジュリア・フィゲロア(スペイン)○GS技有・腰車(GS0:50)△メラニー・クレモン(フランス)
カタリナ・コスタ(ポルトガル)○優勢[技有・背負投]△ミリカ・ニコリッチ(セルビア)
ラウラ・マルティネス=アベレンダ(スペイン)○不戦△マルサ・スタンガル(スロベニア)

【敗者復活戦】
ガブリエラ・チバナ(ブラジル)○優勢[技有・一本背負投]△メラニー・クレモン(フランス)
ミリカ・ニコリッチ(セルビア)○不戦△マルサ・スタンガル(スロベニア)

【準決勝】
ジュリア・フィゲロア(スペイン)○崩袈裟固(3:31)△マリア・シデロット(ポルトガル)
ラウラ・マルティネス=アベレンダ(スペイン)○合技[袖釣込腰・小内刈](3:03)△カタリナ・コスタ(ポルトガル)

【3位決定戦】
カタリナ・コスタ(ポルトガル)○GS合技[袖釣込腰・背負投](GS0:35)△ガブリエラ・チバナ(ブラジル)
ミリカ・ニコリッチ(セルビア)○反則[指導3](3:55)△マリア・シデロット(ポルトガル)

【決勝】
ラウラ・マルティネス=アベレンダ(スペイン)○大外刈(0:36)△ジュリア・フィゲロア(スペイン)

【日本代表選手勝ち上がり】

近藤亜美(三井住友海上)
成績:2回戦敗退


[2回戦]
近藤亜美△片手絞(0:40)○ガブリエラ・チバナ(ブラジル)

■ 52kg級
eJudo Photo
52kg級メダリスト。左から優勝のアモンディーヌ・ブシャー、3位のジェフェン・プリモ、ラリッサ・ピメンタ。2位の志々目愛は負傷のため表彰式を欠席した。

(エントリー28名)

【入賞者】
1.BUCHARD, Amandine (FRA)
2.SHISHIME, Ai (JPN)
3.PRIMO, Gefen (ISR)
3.PIMENTA, Larissa (BRA)
5.TSCHOPP, Evelyne (SUI)
5.VALENTIM, Eleudis (BRA)
7.LEVYTSKA-SHUKVANI, Tetiana (GEO)
7.KUZNETSOVA, Alesya (RUS)

【準々決勝】
アモンディーヌ・ブシャー(フランス)○裸絞(0:20)△テティアナ・レヴィツカ=シュクヴァニ(ジョージア)
エレウディス・ヴァレンティン(ブラジル)○優勢[技有・体落]△エヴェリン・チョップ(スイス)
志々目愛○崩袈裟固(1:10)△ラリッサ・ピメンタ(ブラジル)
ジェフェン・プリモ(イスラエル)○優勢[技有・釣腰]△アレシア・クズネツォワ(ロシア)

【敗者復活戦】
エヴェリン・チョップ(スイス)○隅落(0:23)△テティアナ・レヴィツカ=シュクヴァニ(ジョージア)
ラリッサ・ピメンタ(ブラジル)○GS技有・大腰(GS5:43)△アレシア・クズネツォワ(ロシア)

【準決勝】
アモンディーヌ・ブシャー(フランス)○優勢[技有・肩車]△エレウディス・ヴァレンティン(ブラジル)
志々目愛○崩袈裟固(1:05)△ジェフェン・プリモ(イスラエル)

【3位決定戦】
ジェフェン・プリモ(イスラエル)○優勢[技有・大内返]△エヴェリン・チョップ(スイス)
ラリッサ・ピメンタ(ブラジル)○GS技有・袖釣込腰(GS1:23)△エレウディス・ヴァレンティン(ブラジル)

【決勝】
アモンディーヌ・ブシャー(フランス)○棄権(2:39)△志々目愛
※負傷による

【日本代表選手勝ち上がり】

志々目愛(了徳寺大職)
成績:2位


[2回戦]
志々目愛○大外刈(0:22)△クリスティナ・ブラナル(モルドバ)

[準々決勝]
志々目愛○崩袈裟固(1:10)△ラリッサ・ピメンタ(ブラジル)

[準決勝]
志々目愛○崩袈裟固(1:05)△ジェフェン・プリモ(イスラエル)

[決勝]
志々目愛△棄権(2:39)○アモンディーヌ・ブシャー(フランス)
※負傷による

■ 57kg級
eJudo Photo
57kg級メダリスト。左から2位の芳田司、優勝のラファエラ・シウバ、3位のヘドウィグ・カラカスとエレーヌ・ルスヴォ。

(エントリー29名)

【入賞者】
1.SILVA, Rafaela (BRA)
2.YOSHIDA, Tsukasa (JPN)
3.KARAKAS, Hedvig (HUN)
3.RECEVEAUX, Helene (FRA)
5.TIAN, Hongjie (CHN)
5.STOLL, Theresa (GER)
7.MONTEIRO, Telma (POR)
7.DORJSUREN, Sumiya (MGL)

【準々決勝】
芳田司○GS横四方固(GS3:10)△ティアン・ホンジエ(中国)
テレザ・シュトル(ドイツ)○GS大内刈(GS5:55)△テルマ・モンテイロ(ポルトガル)
ヘドウィグ・カラカス(ハンガリー)○GS反則[指導3](GS1:42)△ドルジスレン・スミヤ(モンゴル)
ラファエラ・シウバ(ブラジル)○内股(1:01)△エレーヌ・ルスヴォ(フランス)

【敗者復活戦】
ティアン・ホンジエ(中国)○GS一本(GS2:22)△テルマ・モンテイロ(ポルトガル)
エレーヌ・ルスヴォ(フランス)○GS反則[指導3](GS0:18)△ドルジスレン・スミヤ(モンゴル)

【準決勝】
芳田司○足車(2:48)△テレザ・シュトル(ドイツ)
ラファエラ・シウバ(ブラジル)○優勢[技有]△ヘドウィグ・カラカス(ハンガリー)

【3位決定戦】
ヘドウィグ・カラカス(ハンガリー)○反則[DH](2:56)△ティアン・ホンジエ(中国)
※立ち姿勢から腕挫腋固の形で体を捨てたことによる
エレーヌ・ルスヴォ(フランス)○反則[指導3](3:48)△テレザ・シュトル(ドイツ)

【決勝】
ラファエラ・シウバ(ブラジル)○優勢[技有・隅落]△芳田司

【日本代表選手勝ち上がり】

芳田司(コマツ)
成績:2位


[2回戦]
芳田司○合技[内股・小内刈](3:31)△イチンホルロー・ムンフツェデフ(アゼルバイジャン)

[準々決勝]
芳田司○GS横四方固(GS3:10)△ティアン・ホンジエ(中国)

[準決勝]
芳田司○足車(2:48)△テレザ・シュトル(ドイツ)

[決勝]
芳田司△優勢[技有・隅落]○ラファエラ・シウバ(ブラジル)

※記録は編集部が目視で作成しています。公式記録とは決まり技の「技名称」に相違がある場合がありますのでご了承ください。
※記事と記録の無断転載、転用を禁じます

※ eJudoメルマガ版5月11日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る