PAGE TOP ↑
eJudo

[速報]最重量級は菅原光輝が全試合一本勝ちでV、決勝はグリーンカラニ海斗を下す・平成31年度全日本カデ柔道体重別選手権男子

(2019年4月14日)

※ eJudoメルマガ版4月14日掲載記事より転載・編集しています。
[速報]最重量級は菅原光輝が全試合一本勝ちでV、決勝はグリーンカラニ海斗を下す
平成31年度全日本カデ柔道体重別選手権男子
eJudo Photo
90kg超級2回戦、菅原光輝が入来院大樹から大内刈でまず「技有」奪取。

→男子7階級全試合結果(eJudoLITE)
→男子7階級フォトギャラリー(eJudoLITE)
→男子7階級マッチレポート

本年度全日本D強化選手の選抜試合で、世界カデ選手権(9月25日~28日、カザフスタン・アルマティ)の予選と位置付けられる平成31年度全日本カデ柔道体重別選手権大会が14日、東和薬品RACTABドームサブアリーナ(大阪府門真市)で行われた。

男子90kg超級は菅原光輝(東海大相模高2年)が優勝。1回戦は笠原勇馬(作陽高1年)を「指導3」で下し、2回戦は昨年度の全国中学大会の覇者・入来院大樹(国士舘高1年)に大内刈「技有」に払巻込「一本」と連取して快勝。一昨年全国中学大会決勝で後塵を拝した同県のライバル・中野智博(桐蔭学園高2年)と戦った準決勝は大内刈「一本」で勝ち抜き、決勝では3月の全国高校選手権個人無差別の準優勝者・グリーンカラニ海斗(日体大荏原高3年)を内股透「一本」で破った。試合後は「自分のせいで全国高校選手権の団体出場を逃した。励ましてくれた人たちに結果で恩返しがしたかった」と笑顔をみせ、「インターハイでは団体と個人の二冠を目指します」と決意を新たにしていた。

ひときわ素晴らしい勝ちぶりで優勝を攫ったのは、昨年度全国中学大会66kg級の覇者・福田大和(平田高1年)。初戦を肩車「一本」、全中決勝の再現カードとなった準決勝の猪瀬真司(埼玉栄高1年)戦は送襟絞「一本」で勝ち抜き、決勝は滝本大翔(東海大相模高1年)を一本背負投「一本」に仕留めて全試合一本勝ちの圧勝で頂点を極めた。

90kg級は昨年度大会2位の戸髙淳之介(延岡学園高2年)が決勝で中山康(大成高1年)との全国中学大会王者対決を制して優勝。81kg級は大竹龍之助(大成高3年)、73kg級は小田桐美生(国士舘高2年)といずれも昨年度の準優勝者が悲願の頂点に立った。

60kg級はこの世代の全国中学大会の覇者・辻岡慶次(大成高2年)が順当に優勝。最軽量級の55kg級はパワフルな柔道で佐藤優磨(広陵高3年)が制した。

各階級の入賞者と決勝の結果は下記。

■ 55kg級
eJudo Photo
55kg級上位入賞者。左から準優勝の五十嵐雅人、優勝の佐藤優磨

【入賞者】
(エントリー8名)
優 勝:佐藤優磨(広陵高3年)
準優勝:五十嵐雅人(埼玉栄高1年)

【決勝】
佐藤優磨(広陵高3年)〇合技[袖釣込腰・小内刈](1:52)△五十嵐雅人(埼玉栄高1年)

■ 60kg級
eJudo Photo
60kg級上位入賞者。左から準優勝の高田顕矢、優勝の辻岡慶次

【入賞者】
(エントリー8名)
優 勝:辻岡慶次(大成高2年)
準優勝:高田顕矢(足立学園高2年)

【決勝】
辻岡慶次(大成高2年)〇合技[背負投・上四方固](2:25)△高田顕矢(足立学園高2年)

■ 66kg級
eJudo Photo
66kg級上位入賞者。左から準優勝の滝本大翔、優勝の福田大和

【入賞者】
(エントリー8名)
優 勝:福田大和(平田高1年)
準優勝:滝本大翔(東海大相模高1年)

【決勝】
福田大和(平田高1年)〇一本背負投(1:23)△滝本大翔(東海大相模高1年)

■ 73kg級
eJudo Photo
73kg級上位入賞者。左から準優勝の朝田隼、優勝の小田桐美生

【入賞者】
(エントリー8名)
優 勝:小田桐美生(国士舘高2年)
準優勝:朝田隼(東海大仰星高2年)

【決勝】
小田桐美生(国士舘高2年)〇合技[内股透・上四方固](2:06)△朝田隼(東海大仰星高2年)

■ 81kg級
eJudo Photo
81kg級上位入賞者。左から準優勝の鎌田直人、優勝の大竹龍之助

【入賞者】
(エントリー8名)
優 勝:大竹龍之助(大成高3年)
準優勝:鎌田直人(高知高2年)

【決勝】
大竹龍之助(大成高3年)〇優勢[技有・大外刈]△鎌田直人(高知高2年)

■ 90kg級
eJudo Photo
90kg級上位入賞者。左から準優勝の中山康、優勝の戸髙淳之介

【入賞者】
(エントリー8名)
優 勝:戸髙淳之介(延岡学園高2年)
準優勝:中山康(大成高1年)

【決勝】
中山康(大成高1年)〇反則[指導3](3:21)△戸髙淳之介(延岡学園高2年)

■ 90kg超級
eJudo Photo
90kg超級上位入賞者。左から準優勝のグリーンカラニ海斗、優勝の菅原光輝。

【入賞者】
(エントリー12名)
優 勝:菅原光輝(東海大相模高2年)
準優勝:グリーンカラニ海斗(日体大荏原高3年)

【決勝】
菅原光輝(東海大相模高2年)〇内股透(2:07)△グリーンカラニ海斗(日体大荏原高3年)

※ eJudoメルマガ版4月14日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る