PAGE TOP ↑
eJudo

[速報]富士学苑が悲願の初優勝、快進撃続けた埼玉栄を決勝で下す・第41回全国高等学校柔道選手権女子団体戦

(2019年3月21日)

※ eJudoメルマガ版3月21日掲載記事より転載・編集しています。
[速報]富士学苑が悲願の初優勝、快進撃続けた埼玉栄を決勝で下す
第41回全国高等学校柔道選手権女子団体戦
eJudo Photo
決勝、富士学苑高の大将黒田亜紀が埼玉栄高・佐藤星麗七から内股「技有」
撮影:乾晋也

第41回全国高等学校柔道選手権大会は21日、日本武道館で最終日の男女団体戦の競技が行われ、体重別3人制(先鋒52kg以下、中堅63kg以下、大将無差別)で争われた女子団体戦は、富士学苑高(山梨)が初優勝を飾った。

第1シードの富士学苑は初戦(2回戦)で東大阪大敬愛高(大阪)に2-0、3回戦で東北高(宮城)に3-0、準々決勝で大成高(愛知)に2-0、準決勝で敬愛高(福岡)に1-0と順当に勝利を重ねて決勝に進出。迎える相手は、準々決勝で藤枝順心高(静岡)に1-1の代表戦決着、準決勝で夙川学院高(兵庫)に0-0の代表戦決着と、しぶとい戦いで優勝候補2校を下して勝ち上がってきた埼玉栄高(埼玉)。

この試合は先鋒・藤城心が山口さきを激しく攻めて「指導2」の僅差による優勢勝ち。中堅戦は両者譲らず引き分けとなったが、最後は大将戦で、黒田亜紀が佐藤星麗七から内股「技有」を得てチームの優勝を決めた。

富士学苑はこれが初めての団体戦全国制覇。矢嵜雄大監督は「去年の悔しい思いが優勝に繋がった。かつて気持ちの弱かった黒田が、あくまで投げて決めて来たことに成長を感じました」と感激の面持ち。「舟久保(遥香)が全国中学校大会で優勝して(2013年)、初めて個人の王者を出してからここまで本当に長かった。OG、保護者、選手、富士学苑すべての関係者の悲願がようやく達成出来ました」と、2011年の監督就任からのここまでを振り返り、駆け付けた卒業生たちに囲まれて感慨深げだった。

最優秀選手には黒田、優秀選手には藤城のほか、宮崎七海(福岡・敬愛高)、桑形萌花(兵庫・夙川学院高)、山口さき(埼玉・埼玉栄高)が選ばれた。

入賞者と準々決勝以降の対戦詳細は下記。

eJudo Photo
優勝の富士学苑高

【入賞者】
(エントリー48チーム)

優 勝:富士学苑高(山梨)
準優勝:埼玉栄高(埼玉)
第三位:敬愛高(福岡)、夙川学院高(兵庫)
第五位:大成高(愛知)、長崎明誠高(長崎)、熊本西高(熊本)、藤枝順心高(静岡)

最優秀選手:黒田亜紀(山梨・富士学苑高)
優秀選手:藤城心(山梨・富士学苑高)、宮崎七海(福岡・敬愛高)、桑形萌花(兵庫・夙川学院高)、山口さき(埼玉・埼玉栄高)

【準々決勝】

富士学苑高(山梨) 2-0 大成高(愛知)
(先)藤城心×引分×神谷鈴
(中)瀬戸亜香音〇合技[大外刈・大外刈](1:53)△小山遥佳
(大)黒田亜紀〇優勢[技有・払巻込]△松本りづ

敬愛高(福岡) ①代-1長崎明誠高(長崎)
(先)多田薫△横四方固(1:03)〇古里幸永羽
(中)宮崎七海×引分×坂口可恋
(大)松澤佑栞○隅落(1:50)△山本楓花
(代)宮崎七海○GS僅差(GS1:59)△坂口可恋

夙川学院高(兵庫) 2-0 熊本西高(熊本)
(先)山崎笑佳×引分×白石響
(中)畑田暁菜○反則[指導3](2:32)△髙浜莉香
(大)桑形萌花○優勢[僅差]△平川真有

埼玉栄高(埼玉) ①代-1藤枝順心高(静岡)
(先)百田久佳×引分×山口さき
(中)袴田佳名瑚△横四方固(1:37)〇渋谷萌々音
(大)米川明穂○隅返(2:10)△佐藤星麗七
(代)百田久佳△GS技有(GS0:14)〇山口さき

【準決勝】

富士学苑高(山梨) 1-0 敬愛高(福岡)
(先)藤城心〇合技[一本背負投・横四方固](2:38)△多田薫
(中)瀬戸亜香音×引分×宮崎七海
(大)黒田亜紀×引分×松澤佑栞

埼玉栄高(埼玉)〇0代-0△夙川学院高(兵庫)
(先)山口さき×引分×山崎笑佳
(中)渋谷萌々音×引分×畑田暁菜
(大)佐藤星麗七×引分×桑形萌花
(代)山口さき〇裏投(0:15)△山崎笑佳

【決勝】

富士学苑高(山梨) 2-0 埼玉栄高(埼玉)
(先)藤城心〇優勢[僅差]△山口さき
(中)瀬戸亜香音×引分×渋谷萌々音
(大)黒田亜紀〇優勢[技有・内股]△佐藤星麗七

※ eJudoメルマガ版3月21日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る