PAGE TOP ↑
eJudo

[速報]怪力モンスター高橋翼が全試合一本勝ちで無差別制覇、明日の団体戦へ勢い得たのは作陽・第41回全国高等学校柔道選手権男子個人戦

(2019年3月20日)

※ eJudoメルマガ版3月20日掲載記事より転載・編集しています。
[速報]怪力モンスター高橋翼が全試合一本勝ちで無差別制覇、明日の団体戦へ勢い得たのは作陽
第41回全国高等学校柔道選手権男子個人戦
→男子個人戦マッチレポート
→男子全試合結果(eJudoLITE)
→男子個人戦プレビュー

eJudo Photo
決勝、高橋翼がグリーンカラニ海斗から大内刈「技有」

eJudo Photo
優勝決定後、高橋は川野一道監督とガッチリ抱き合う

高校柔道日本一を決める春の祭典、第41回全国高等学校柔道選手権大会が20日、日本武道館で開幕。初日は男女それぞれ5階級の個人戦が行われ、男子無差別は高橋翼(作陽高)が優勝を飾った。

高橋はノーシードから大会をスタート、初戦の田中航太(鹿児島情報高)戦でいきなり得意の小外掛を透かされて「技有」を失う波乱の出だしだったが、ここを裏投「一本」で逆転すると、以降も力を力で制するパワー柔道で「一本」を連発。続いてこの代の全国中学校柔道大会最重量級2位の福永夏生(崇徳高)を小外掛「一本」、鈴木直登(田村高)を大内刈「一本」、遠藤絢斗(山形工高)を小外刈「一本」、準決勝では長谷川功斉(育英高)を大外刈と袈裟固の合技「一本」で下す圧倒的な強さで決勝進出。

決勝は高橋の抱きつきの小外掛を待ち構えるグリーンカラニ海斗(日体大荏原高)の狙いに嵌ってこの技を透かされ、「技有」を先行される苦しい展開。しかし迫力の大内刈「技有」で追いつくと、そのまま縦四方固に抑え込んで合技「一本」。逆転で見事優勝を決めた。試合後は初めて全国王者を輩出した川野一道監督と抱き合って感激を分かち合い、「明日は団体戦でも日本一を目指す」とニッコリ。川野監督は「高橋と同じ(厳しい)練習を全員でやってきた。明日は、今度はみんなで日本一になります」と、こちらは感涙にむせびながら団体戦での活躍を誓っていた。

好人材揃った81kg級は第1シードの竹市大祐(大牟田高)が2連覇達成。決勝は激戦ブロックを勝ち上がって来た小畑大樹(佐賀商高)を背負投「技有」で破った。大牟田は73kg級でも田中裕大が優勝候補のプレッシャーを跳ね返して見事優勝、第2シードで迎える明日の団体戦に向けて作陽に負けず劣らずの勢いを得ることとなった。

66kg級は第1シードの全日本カデ王者田中龍馬(佐賀商高)が初戦で敗れる波乱の出だし。対抗馬と目されていた唯野己哲(木更津総合高)が決勝までしっかり勝ち上がり、総試合時間11分を超える岸武蔵(報徳学園高)との鍔迫り合いを、巴投「技有」で制した。

60kg級は昨年高校選手権とインターハイを制した近藤隼斗(佐賀工高)が大会を欠場。近藤のライバルと目されていた福田大晟(比叡山高)が優勝を飾った。

各階級の入賞者と準々決勝以降の結果は下記。

■ 60kg級
eJudo Photo
男子個人戦優勝者。左から福田大晟(比叡山)、唯野己哲(木更津総合)、田中裕大(大牟田)、竹市大祐(大牟田)、髙橋翼(作陽)。

【入賞者】
優 勝:福田大晟(滋賀・比叡山高)
準優勝:濵田大樹(千葉・木更津総合高)
第三位:田中祥(長崎・長崎南山高)、福田虎輝(大阪・東海大仰星高)
第五位:大田原優斗(岡山・関西高)、辻岡慶次(愛知・大成高)、樽岡葉太(広島・近大広島高福山校)、高田顕矢(東京・足立学園高)

【準々決勝】
濵田大樹(千葉・木更津総合高)○優勢[技有・小内刈]△大田原優斗(岡山・関西高)
田中祥(長崎・長崎南山高)○優勢[僅差]△辻岡慶次(愛知・大成高)
福田大晟(滋賀・比叡山高)○優勢[技有]△樽岡葉太(広島・近大広島高福山校)
福田虎輝(大阪・東海大仰星高)○GS技有(GS2:25)△高田顕矢(東京・足立学園高)

【準決勝】
濵田大樹○GS僅差(GS1:27)△田中祥
福田大晟○合技[背負投・縦四方固](2:39)△福田虎輝

【決勝】
福田大晟○GS技有・内股透(GS2:27)△濵田大樹

■ 66kg級
(エントリー47名)

【入賞者】
優 勝:唯野己哲(千葉・木更津総合高)
準優勝:岸武蔵(兵庫・報徳学園高)
第三位:光岡岳人(福岡・大牟田高)、池﨑晴登(長崎・長崎日大高)
第五位:吉岡正晃(熊本・鎮西高)、南龍太郎(鹿児島・鹿児島情報高)、古川要(山梨・東海大甲府高)、岡田悠之介(埼玉・埼玉栄高)

【準々決勝】
岸武蔵(兵庫・報徳学園高)○GS反則[指導3](GS0:54)△吉岡正晃(熊本・鎮西高)
光岡岳人(福岡・大牟田高)○反則[指導3](2:25)△南龍太郎(鹿児島・鹿児島情報高)
池﨑晴登(長崎・長崎日大高)○合技(2:46)△古川要(山梨・東海大甲府高)
唯野己哲(千葉・木更津総合高)○GS背負投(GS0:56)△岡田悠之介(埼玉・埼玉栄高)

【準決勝】
岸武蔵○GS技有・谷落(GS0:10)△光岡岳人
唯野己哲○肩車(1:35)△池﨑晴登

【決勝】
唯野己哲○GS技有・巴投(GS8:11)△岸武蔵

■ 73kg級
(エントリー47名)

【入賞者】
優 勝:田中裕大(福岡・大牟田高)
準優勝:石原樹(群馬・前橋商高)
第三位:島本真司郎(東京・日体大荏原高)、旭征哉(茨城・つくば秀英高)
第五位:伊藤栄都(三重・四日市中央工高)、岡山岳人(岩手・盛岡大附高)、杉野光星(埼玉・埼玉栄高)、新井大翔(山梨・東海大甲府高)

【準々決勝】
石原樹(群馬・前橋商高)○反則[指導3](2:29)△伊藤栄都(三重・四日市中央工高)
島本真司郎(東京・日体大荏原高)○横四方固(2:50)△岡山岳人(岩手・盛岡大附高)
旭征哉(茨城・つくば秀英高)○GS内股(GS2:55)△杉野光星(埼玉・埼玉栄高)
田中裕大(福岡・大牟田高)○合技[内股・巴投](2:06)△新井大翔(山梨・東海大甲府高)

【準決勝】
石原樹○肩車(2:58)△島本真司郎
田中裕大○優勢[僅差]△旭征哉

【決勝】
田中裕大○優勢[技有・裏固]△石原樹

■ 81kg級
(エントリー47名)

【入賞者】
優 勝:竹市大祐(福岡・大牟田高)
準優勝:小畑大樹(佐賀・佐賀商高)
第三位:西垣拓磨(長崎・長崎南山高)、宮本和志(熊本・九州学院高)
第五位:井上太陽(愛媛・新田高)、濱田聖良(鹿児島・鹿児島情報高)、菅原幸大(宮城・柴田高)、大竹龍之助(愛知・大成高)

【準々決勝】
竹市大祐(福岡・大牟田高)○送襟絞(0:29)△井上太陽(愛媛・新田高)
西垣拓磨(長崎・長崎南山高)○優勢[技有・背負投]△濱田聖良(鹿児島・鹿児島情報高)
小畑大樹(佐賀・佐賀商高)○優勢[僅差]△菅原幸大(宮城・柴田高)
宮本和志(熊本・九州学院高)○大腰(0:59)△大竹龍之助(愛知・大成高)

【準決勝】
竹市大祐○背負投(0:10)△西垣拓磨
小畑大樹○優勢[僅差]△宮本和志

【決勝】
竹市大祐○優勢[技有・背負投]△小畑大樹

■ 無差別
(エントリー47名)

【入賞者】
優 勝:竹市大祐(福岡・大牟田高)
準優勝:小畑大樹(佐賀・佐賀商高)
第三位:西垣拓磨(長崎・長崎南山高)、宮本和志(熊本・九州学院高)
第五位:井上太陽(愛媛・新田高)、濱田聖良(鹿児島・鹿児島情報高)、菅原幸大(宮城・柴田高)、大竹龍之助(愛知・大成高)

【準々決勝】
竹市大祐(福岡・大牟田高)○送襟絞(0:29)△井上太陽(愛媛・新田高)
西垣拓磨(長崎・長崎南山高)○優勢[技有・背負投]△濱田聖良(鹿児島・鹿児島情報高)
小畑大樹(佐賀・佐賀商高)○優勢[僅差]△菅原幸大(宮城・柴田高)
宮本和志(熊本・九州学院高)○大腰(0:59)△大竹龍之助(愛知・大成高)

【準決勝】
竹市大祐○背負投(0:10)△西垣拓磨
小畑大樹○優勢[僅差]△宮本和志

【決勝】
竹市大祐○優勢[技有・背負投]△小畑大樹


(エントリー47名)

【入賞者】
優 勝:髙橋翼(岡山・作陽高)
準優勝:グリーンカラニ海斗(東京・日体大荏原高)
第三位:金澤聡瑠(千葉・木更津総合高)、長谷川功斉(兵庫・育英高)
第五位:山野井爽(埼玉・埼玉栄高)、中村雄太(大阪・東海大仰星高)、遠藤絢斗(山形・山形工高)、瀧石靖弘(大分・国東高)

【準々決勝】
金澤聡瑠(千葉・木更津総合高)○GS小外掛(GS2:17)△山野井爽(埼玉・埼玉栄高)
グリーンカラニ海斗(東京・日体大荏原高)○小外掛(1:48)△中村雄太(大阪・東海大仰星高)
髙橋翼(岡山・作陽高)○小外掛(1:24)△遠藤絢斗(山形・山形工高)
長谷川功斉(兵庫・育英高)○小外掛(1:13)△瀧石靖弘(大分・国東高)

【準決勝】
グリーンカラニ海斗○優勢[技有・小外刈]△金澤聡瑠
髙橋翼○合技[大外刈・袈裟固](1:15)△長谷川功斉

【決勝】
髙橋翼○合技[大内刈・縦四方固](1:58)△グリーンカラニ海斗

※ eJudoメルマガ版3月20日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る