PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

DVD評「白鴎大足利柔道部の柔道が面白くなる練習方法」

(2016年10月17日)
img1476688460.jpg

→このDVDの購入を申し込む

蓬田正郎氏による取り味のある技解説と稽古の実際

対象者:指導者、競技者

※ eJudoメルマガ版10月17日掲載記事より転載・編集しています。
DVD評「白鴎大足利柔道部の柔道が面白くなる練習方法」
蓬田正郎氏による取り味のある技解説と稽古の実際
eJudo Photo

eJudo Photo

対象者:指導者、競技者
販売元:ティーアンドエイチ
制作年:2016年
指導:蓬田正郎
実技:白鴎大学足利高等学校男子柔道部
収録時間:Disc1 57分、Disc2 47分、Disc3 44分
価格:DVD1巻ごと5,400円、全3巻セット価格16,200円
お買い得度:★★☆☆ 2.5

→このDVDの購入を申し込む

2014年全国高校柔道選手権に個性的なチームを送り込んでみごと準優勝、翌2015年大会では無差別王者太田彪雅を輩出したばかりの北関東の雄・白鴎大足利高の監督を務める蓬田正郎氏による指導DVD。「柔道が面白くなる練習方法」というタイトルと内容にはあまり関連性はなく、メインはかつて軽量級の強者として鳴らした蓬田氏による取り味のある技の紹介である。

この視点からユーザーにとって価値があるのは第1巻。複数種の隅返と引込返(作中は俗称である「帯取返し」と呼称)、立ちから寝技への移行、そして腕挫十字固(作中は「十字関節」と呼称)を巡る具体的な攻防の方法論が示される。

網羅的ではないが個々の技の取り味は十分。特に腕挫十字固の「相手が防御した場合の攻め」3種類は相当に面白い。現在の柔術などでは一般化しつつある技術とのことだが、知っていると知らないでは大違い。通り一遍ではないぶっちゃけたところで「一本」に直結する取り味のある技術であるので、いまスッと候補を挙げられないのであればこの巻はじゅうぶん購入するに値するだろう。自身の演技による説明のほかに、生徒に試技させてみての修正解説もありこのあたりはポイント解説としても面白い。

第2巻、第3巻はT&H社DVDの「そこにあるものをそのまま撮る」という方針がそのまま表れた構成と出来。重量級にも軽量級と同じ質の柔軟性や身体能力を要求するアップの内容、蓬田氏が稽古時に放つ光る一言など勿論それなりにみどころはあるものの、特に第3巻はほとんど学校紹介、部紹介といった趣で、第1巻に比べると情報の密度と有用性でかなり差がある。強豪校の練習の実際の質と量を見てみたい指導者、入学志望者には十分参考になると思われるが、第1巻に比すれば「お買い得度」は低め。第1巻は一見の価値あり、2巻と3巻は見る人を選ぶ内容かと思われる。

また、これはこの作品に限ったことではないが「あるものをそのまま撮る」同社の方針の限界もかなり感じられた。出来が良いと評させて頂いた第1巻についても捨身技解説は視聴側の観察眼とリテラシーに少々頼り過ぎで、本来であれば制作側がもっと突っ込んで解説者から情報を引き出すべきところ。技術も試技も文句なしに素晴らしいのにこれはいかにも勿体ない。
 
この先は本作を離れたところでの評になるが、同社の作品ではこれまでも同様の場面が多く、制作側がいまの競技柔道における技術の価値の値踏みや実施における難易度の想定、プレイヤー側から見た実施にあるべきステップの必要性の算出が出来ていないと感じさせられた。スローモーションや字幕をインサートするタイミングや必要性、内容についても少々違和感あり。他社の柔道DVDリリースが減速する中で次々新作を上梓する同社であるが、例えば格闘技専門レーベルの技術解説DVDがどこまで技術に突っ込み、どこまで構成を練り上げ、最低限のノルマとしてどこまでの情報量を盛り込んでいるかと考えると、この点の弱さは否めない。控えめに言って出来不出来の差が激しいレーベルであると評せざるを得ず、この先は制作側がもっと内容に踏み込み、突っ込んでいくことが必須だろう。


評者:運営者

■ DVDの内容
eJudo Photo

eJudo Photo

(※は編集部註)

【Disc1】 「基本動作」 57分
[捨身技]
◎ケンカ四つ 隅返 (3パターン)
◎相四つ 帯取り返し (3パターン) ※引込返
◎誤った隅返の入り方 
◎誤った帯取返の入り方 ※引込返
◎隅返の防御

[立ち技から寝技への移行]
◎ケンカ四つの相手に“立ち関節”を使いながら寝技へ移行
◎巴投げから関節技

[関節技]
◎基本的な十字関節の取り方 (※腕挫十字固)
◎相手が防御した場合の攻め
◎寝姿勢からの関節技
・“回転十字固” 2種類 (※)
・絞め技をブラフに (※)
・相手に逃げられそうになった場合(※)
・生徒の実演に対するポイント解説(※)

[背負投の入り方]
◎ケンカ四つ
◎相四つ


【Disc2】「準備体操~寝技」 47分
◎準備体操、ストレッチ ※“高度なテクニックを入れながら”の回転運動
◎寝技の打ち込み
◎立ち姿勢から寝技への移行練習
◎寝技の乱取り

【Disc3】「立ち技~トレーニング」
◎立ち技の自由打ち込み (10分間)
◎立ち技の研究 
① 重量級 ②軽量級
◎3人打ち込み
◎立ち技の乱取り 3分×12本
◎トレーニング
◎道場の使い方について
◎「柔道と向き合い 指導について考える」

→このDVDの購入を申し込む

※ eJudoメルマガ版10月17日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.