PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

DVD評「大森淳司の柔道指南 ~選手の育成と部活動の取り組みについて~」

(2016年2月26日)
img1456480001.jpg


「チームとして強くなる」修徳メソッドを初めて映像化

対象者:指導者、競技者

※ eJudoメルマガ版2月26日掲載記事より転載・編集しています。
DVD評「大森淳司の柔道指南 ~選手の育成と部活動の取り組みについて~」
「チームとして強くなる」修徳メソッドを初めて映像化
eJudo Photo

eJudo Photo

eJudo Photo

対象者:指導者、競技者
販売元:ティーアンドエイチ
制作年:2015年
指導:大森 淳司
実技:修徳中学・高等学校男子柔道部
収録時間:81分
価格:DVD版5,400円、Blu-ray版6,400円
お買い得度:★★★☆☆ 3.0

→このDVDの購入を申し込む

有名選手のスカウトをほとんど行わずに独自のメソッドとチーム育成理論を練り上げることで全国有数の強豪校に成長、2013年にはついに全国優勝(高校選手権と金鷲旗の二冠)を達成した修徳高校。その監督である大森淳司氏が初めてその指導ノウハウを明かした待望の一作だ。約80分にわたり、「日ごろの練習を紹介する」という形で大森イズムの現場を垣間見ることが出来る。

冒頭で氏が語る指導方針は「人間的な成長、人としての価値を高める思春期は大事な時期。勝つことよりも、人間として大きくなって社会に貢献できる生徒を作りたい」というもの。そして歴代修徳高チームのストロングポイントはなんと言ってもチームワークの良さ。よって、他の指導DVDともっとも異なるポイントは、選手とどうコミュニケーションを取るか、どう選手同士を関わらせるかという「チーム作り」に多くの時間と言葉が割かれている点だ。8章構成のうち「話し合い」に1章を割くという構成は柔道というジャンルでは異様。このあたりは「部活」の指導者にとっては見逃せない注目ポイント。

大森イズムを味わうという観点から面白いのは「トレーニング」の章。のっけから「バットの素振り」「ティーバッティング」「竹刀の素振り」とジャンルを間違えたのではないかというような突飛なメニューが続くが、それぞれ柔道に必要とされる動きや感覚、時にはチーム作りという観点からその必要性がきちんと説明されるのがいちいち非常に面白い。スローガンは「飽きずに楽しみながら出来るトレーニング」と少年柔道ライク、しかしチームの到達点は高校柔道の頂点。圧倒的な競技成績と繰り広げられる絵の面白さのギャップは「修徳らしい」としか言いようがない。この章こそ、わかりやすい形での修徳イズムの発露だろう。

「投げ込み」章における「中学生の技作り」の項や、「寝技の反復動作・足技」の章のメソッドには、歴代修徳が全国大会で見せた「あの場面」の動きの理由が腑に落ちる要素が詰まっており、非常に興味深かった。例えば、ここぞという際で回避ではなく躊躇なく攻撃を選ぶ衝動とバランス感覚、あるいは縺れた寝勝負であくまで抑え切る執念。いずれにも具体的なメソッドの下支えがあったのだと思わず膝を打ってしまう。

これ一本さえ持っておけばというような指導DVDとしての決定版的網羅性や、とことん修徳メソッドの奥底まで突き詰めるような徹底性には欠けるが、紹介されているメソッドはどれも疑いなく面白い。指導理論を練ることでのし上がってきたチームの指導者ゆえ目的やポイントなどの解説も非常に明確で、このあたりは作品として水準以上の安定感あり。「なかなか面白い」というのが的確な評か。T&H社のDVDには珍しい5,400円という購めやすい価格設定さも加味して、修徳の「手間と時間を掛けて強くする」チームとしての性格と到達点の高さ、その柔道に興味がある人は間違いなく買い。修徳が、エリートではない「近所の子供たち」を集めるところからのし上がったチームであるという背景も考えれば、強豪校のみならず、これからチームを立ち上げる指導者たちにも非常に有益な作品であると考える。

蛇足ながら、大森氏のトークが気負わずまったくの普段通りであることもマニア視点からは面白い。生徒に「あ、悪い」と思わず謝りながらトレーニングを進める様などは思わず声を上げて笑ってしまった。雰囲気づくりを最重要視し、チームワークを高めることで勝ち抜いて来た「修徳の空気」が存分に感じられる80分である。

評者:運営者

■ DVDの内容
eJudo Photo

eJudo Photo

◎トレーニング
・バットの素振り ・ティーバッティング ・ゴロの処理 ・ピッチング
・ボール拾い ・竹刀の素振り
◎打ち込み
・大きな打ち込み→小さい打ち込み ・交互投げ込み ・内股ジャンプ
◎投げ込み
・移腰 ・釣込腰 ・技を深く入れられてからの投げ ・中学生の技作り
・スーパースロー映像&解説(背負投、体落、内股)
◎自由時間 ◎乱取り ◎追い込み
◎寝技の反復動作・足技
・送足払 ・送り足 ・大内刈
◎話し合い

→このDVDの購入を申し込む

※ eJudoメルマガ版2月26日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.