PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

DVD評「柔道技術の習得 其の一 東海大学柔道部 上水研一朗による柔道指導」

(2016年2月3日)
img1454509117.jpg

→このDVDの購入を申し込む

“中高時代に覚えておいて欲しい技術”に誠実にアプローチ、井上康生氏も実演の豪華DVD

対象者:指導者、競技者

※ eJudoメルマガ版2月3日掲載記事より転載・編集しています。
DVD評「柔道技術の習得 其の一 東海大学柔道部 上水研一朗による柔道指導」
“中高時代に覚えておいて欲しい技術”に誠実にアプローチ、井上康生氏も実演の豪華DVD
eJudo Photo

対象者:指導者、競技者
販売元:ティーアンドエイチ
制作年:2012年
監修・指導:上水研一朗(東海大学男子柔道部監督)
実技協力:井上康生、東海大学柔道部
収録時間:Disc1 46分、Disc2 55分、Disc3 39分、Disc4 43分
価格:各巻5,400円、4巻セット21,600円
お買い得度(編集部評):★★★☆☆ 3.5

→このDVDの購入を申し込む

Video Review

東海大学男子柔道部監督の上水研一朗氏による指導DVD。大学トップチームの指導者の視点から見た「中高生の段階で覚えておいて欲しいこと」をテーマとして、組み手、体捌き、技と項目別に講義、実演している。

テーマ(≒程度設定)にフィットしたポイントの選択の確かさ、説明の的確さ、そして明快な語彙と知性派で知られる上水氏らしさが存分に表れている作品であり、非常に安定した出来のDVDである。T&H社の作品は良くも悪くも「あるものをそのまま撮る」スタンスゆえ指導者によって出来の差が激しい傾向があるが、これは安心して手を出せる作品と評価しておきたい。手堅いシナリオ構成からわかりやすいディティール解説に至るまで良い意味で抑制が効いており、あたかも出来の良い教科書を見るかのような安心感がある。

まとめで語られる「大学生以降にもう一伸びするため、ここまでは中高時代に出来ておいて欲しい」旨の言葉の通り紹介される技術はいずれも必須のものばかりだが、そこで語られる内容と技術に「ありきたり」の陳腐さはない。常に大学生指導の一線にあり、毎年「新入生」の出来ることと出来ないことをシビアに見極めて来た氏の見識が存分に生かされていると考えるべきだろう。わかりやすさを心掛けた解説の中にも「『受ける腰』がある/ない」「的を当てる」など、日常の必要に迫られた生々しい語彙、尖った説明が随所に見受けられこのあたりは非常に面白い。この、時折飛び出す「現場感」も視聴者には大いに刺激になるのではないだろうか。

この作品のもう一つの売りは井上康生氏の実演があること。やはりその技の説得力は素晴らしく、実演を始めた瞬間ハッと場の空気が変わるようなショックすら受けた。その効をよく知るがごとく、とくに内股(複数種)の際は解説を最低限に、繰り返し角度を変えて実演が続く演出がなされておりこれだけでも見応え十分。脇を固める演者も石川裕紀、穴井亮平とビッグネームの巧者揃いで、このあたりは東海大のチームとしての総合的な「力」も存分に感じさせる。

明確な語彙による必須技術の尖った解説、わかりやすさを心掛けて必ずリピートされる解説と映像(チーム全体での視聴などにはこのあたりが大事なところのはず)、高いレベルの演者と必須要件揃った安定の出来。針の振り切れるようなスーパー傑作ではない(おそらく上水氏自身もそこは狙っていないはず)が、卑近な言葉で言えば「買って損のない」クオリティのDVDである。

評者:運営者

■ DVDの内容
【Disc1 組み手の基本】
○引き手
 ・相四つ(引き手の握り方、体格差がある場合の握り方)
 ・ケンカ四つ(持ち合ったときにどう力を伝えるか)
 ・組み合えない状況、相手が小さい状況 (相四つ、ケンカ四つ)
○釣り手
 ・相四つ前襟、相四つ奥襟
 ・ケンカ四つ、ケンカ四つ奥襟

【Disc2 体さばきの基本】
○「組み方」(引き手と釣り手を実際に使った動き)
 ・相四つ、ケンカ四つ
○組み手の応用、技への移行
 ・相四つ (小内刈、小外刈、大内刈)
 ・ケンカ四つ (大内刈、出足払、小内刈、大内刈と出足払の連携)
○「受け方」
○「後の先」
 ・掬投、谷落、出足払、大外刈を出足払
 ・交互打ち込み

【Disc3 得意技の構築Ⅰ】
○背負投(演者:石川裕紀)
 ①背負投 ②ケンカ四つの背負投
 ③小内刈から背負投 ④背負投から小内刈
 ⑤小外刈から背負投 ⑥背負投から大外刈
○大外刈(演者:井上康生)
 ①相四つ ②ケンカ四つ
 ③大外刈に繋ぐ連続技 ④大外刈から繋ぐ連続技
 ⑤ケンカ四つの連絡技 2種

【Disc4 得意技の構築Ⅱ】
○内股(演者:井上康生)
 ①相四つ 飛び込みの内股、ケンケンの内股
 ②ケンカ四つ 飛び込みの内股、ケンケンの内股
 ③連絡技 
  ・大内刈から内股、内股から小内刈
  ・小外刈から内股、内股からの体落
○技の練習方法
 ①3人打ち込み ②自由に動きながらの打ち込み
 ③1人打ち込み ④継ぎ足の強化練習

→このDVDの購入を申し込む

※ eJudoメルマガ版2月3日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.