PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

柔道最新指導体系・投技

柔道最新指導体系・投技
→このビデオを購入する

若き日の吉田秀彦ら豪華指導陣による投技解説

解説・演技:山本洋祐、古賀稔彦、吉田秀彦
推薦:全日本柔道連盟
対象者:初心者、中上級者、指導者

販売元:ジャパンライム
制昨年:1996年/2007年
メディア:DVD
定価:全7巻組84000円(税込)、「投技」3巻31500円(税込)、「投技」1巻ごと10500円(税込)

Video Review
96年にVHS10巻組で発売された秀作指導ビデオ「柔道最新指導体系」をDVD7巻に再編集した作品。
投技編は山本洋祐、古賀稔彦、吉田秀彦といずれも世界チャンピオンに輝いた経験を持つ豪華な指導陣がそれぞれの技の掛け方、練習方法をDVD3巻にわたり実演解説している。

解説のスタイル、深度はもちろん解説者それぞれに異なるが、いずれも基本を大事にしながらも彼ら独特の掛け方やコツを生きた言葉で解説してくれており、「使える」指導ビデオのひとつと言えるだろう。

基本的なことをじっくり語ってくれる技、大事なことだけに絞ってポイントを簡潔に指摘している技、練習方法や相手の動きに応じた掛け方やその場合分けまで解説してくれる技など解説の厚みは演者・技によってそれぞれ異なるが、どれも全くの初心者向けではないという点では共通している。

もちろんどの技も、「打ち込み」という形で初心者向けのポイントはしっかり押さえてあるが、基本的には、既にベーシックな掛け方、オーソドックスな打ち込みや投げ込みをマスターした選手が次のステップアップの糧とするための作品と位置づけられる。

そのため通りいっぺんの基本の解説は極力省略されている。たとえば吉田秀彦の内股は彼の得意とする「ケンケン内股」であり、大外刈も初心者向けの追い込む形ではなく「相手に出てこさせて合わせる」彼の得意とする掛け方が解説されている。

古賀稔彦はその後も「新風」「柔の道-世界と戦う勝負技を作る-」等で氏独自の技の掛け方、組み立てなどを実演解説しているが、吉田秀彦が自らの得意技を解説する映像は非常に珍しい。技のキレはさすがの一言で、非常に貴重な映像と言える。

3人それぞれに解説のスタイルは異なるが、特に撮影時既に指導者として活躍していた山本洋祐の解説する「背負投」「小内刈」は掛け方だけでなく、その解説や練習方法なども指導という視点から非常に行き届いている印象。

世界で頂点を極めた3人が実戦的な「自分の掛け方」を無駄なく淡々と語る様子には数々の戦いをこれで「取ってきた」迫力が感じられる。「背負投」等の解説が非常に厚いため技によってはやや食いたりない印象もないではないが、どの巻から見ても勉強になる秀作である。


投稿者:運営者

→このビデオを購入する

※販売元の協力により、このビデオの直販申し込みが可能です。

→「技の解説ビデオ」に戻る

《内容》

■投げ技Ⅰ[背負投・一本背負投](収録時間30分)

【背負投】
解説・山本洋祐

・組み手
・足のさばき方 右足を下げて回転する、左足を下げて回転する→右斜めに引いて掛ける、左斜めに引いて掛ける 
・静止した状態の打ち込み
・前後の移動(右足を軸)、右前隅への移動、左前隅への移動
・足技で追い込んでの打ち込み
・斜めに移動しての打ち込み[3の間合い、2の間合い、1の間合い]
 右斜めに移動して(相四つを想定)
 左斜めに移動して(ケンカ四つを想定)
・相四つの場合
・ケンカ四つの場合

【一本背負投】
解説・古賀稔彦

・組み手
・ケンカ四つの場合
・相手が大きい選手の場合
・足の位置の練習

■投げ技Ⅱ [袖釣込腰・大内刈・小内刈・捨身小内刈・大外刈](収録時間40分)


【袖釣込腰】(相四つ)
解説・古賀稔彦

掛けるタイミング、引き手の位置と動作、釣手の位置、作りのポイント、投げの軌道、注意点

【大内刈】
解説・吉田秀彦

作り、刈り方と方向、重心の載せ方と姿勢

【小内刈】
解説・山本洋祐

引き手、釣手、作りとタイミング、刈る方向、刈った後の刈り足の動き
・追い込む場合の小内刈
・背負い投げと見せかけて掛ける 
・ケンカ四つの場合

【捨身小内刈】
解説・古賀稔彦

足の動き、刈り足の使い方、腕、顔の向き、相手の固定のしかた、きめかたと理由

・相手が大きくて倒れなかった場合

【大外刈】
解説・吉田秀彦

・相四つの相手を引き出しながら掛ける
作り、引き出し方、釣手の取り方、釣手の使い方
・打ち込み
軸足の使い方、腰、踏み込みのコツ、姿勢、引き手、顔の向き、足の蹴り出しのポイント

■投技Ⅲ [内股・送足払・払腰・巴投] (収録時間30分)  

【内股】
解説・吉田秀彦

・相四つの場合
相手の正面への回りこみ、作り(大内刈のフェイント)、掛け

・ケンカ四つの場合
 組み手、釣手の制しかた、作り(大内刈のフェイント)、崩し方、踏み込み方、ケンケンの方向

・打ち込み
一歩目の踏み込みのポイント、一歩目の引き手と釣手、打ち込み時の引き手の動作、釣手の動作

【送足払】
解説・山本洋祐

・相四つ
技を掛ける位置関係、相手の足の揃え方

・ケンカ四つ
相手の足の揃え方(釣手、引き手、足運び)

【二段足払い】
解説・吉田秀彦

・概要、タイミング

【払腰】
解説・吉田秀彦

・作り(下がりながら掛ける)

【巴投】 

①解説・山本洋祐

・押し込んで相手が左足を出してくるところに掛ける
・引き手の方向に相手を動かしながら掛ける

作り(相手の平衡感覚を失わせる)、引き手の位置

②解説・古賀稔彦

・釣手で袖を抱え込んで掛ける
 袖を掴む理由、制し方、フェイントを使って相手の力を利用する


→このビデオを購入する


→「技の解説ビデオ」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.