PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

岡野功 私の得意技 第1巻立技編/第2巻固技編

vitalvideo.jpg

華麗なテクニックの数々を岡野功が実演解説する「バイタル柔道」のビデオ版

監修者・解説者: 岡野功
対象者: 中上級者

販売元: 岡野エンタープライズ
制作年: 
時間(分): 立技編40分/固技編32分
ビデオ・DVD: ビデオのみ
定価: ¥12,500 + 税



【DVD版が出版されました】→DVD版の評はこちら
→このビデオのDVD版を購入する

Video Review
本ビデオは、実戦的技術書の中で最高峰の呼び声が高い「バイタル柔道」のビデオ版であり、“天才柔道家”と言われた岡野功が得意技を自ら実演解説したものである。「バイタル柔道」の中で岡野自身が実演している技の大部分とそれ以外の岡野の得意技を収録している。

立技編では、岡野が最も得意とする右双手背負い、右小内刈り、左一本背負いの三つの技を中心に、フェイント、連絡技、返し技も含めた多くの実戦的テクニックを、足の運びや手の使い方など分かりやすく丁寧に解説している。投技の実演をする際、岡野は気合の叫び声とともに相手を投げつけるが、その技の切れ味の鋭さは見るものを驚嘆させる。

固技編では、相手が仰向け、相手がうつ伏せ、自分が仰向け、自分がうつ伏せの4つの姿勢から様々な攻撃パターンを解説している。

実演解説しているテクニックは「バイタル柔道」でも紹介されているものが多いが、「バイタル柔道」の連続写真ではよく分からず読み飛ばしていたような技も、岡野の解説によるビデオ映像で見ると目から鱗が落ちるように理解できるようになるため、既に「バイタル柔道」を持っている人にとっても本ビデオから得るところは大きいだろう。



→このビデオのDVD版を購入する

(バイタル柔道ビデオ版第二作「岡野功の柔道指導上達法 前編/後編」のビデオ評はこちら)
(バイタル柔道ビデオ版第三作「柔道家 岡野功 柔道にかけた情熱」のビデオ評はこちら)
(技術書「バイタル柔道 投技編」の書評はこちら)
(技術書「「バイタル柔道 寝技編」の書評はこちら」)

解説されている技
「立技編」
相四つの場合:
- 横に移動して双手背負い投げ
- 背負い落し
- 双手背負投げ→小内刈り
- 捨身小内刈り
- 左一本背負いのフェイントから左小内刈り
- 左一本背負い
- 二段小外刈り
- 足持ち大内刈り
- 掬い投げ
- 相手の大外刈り→掬い投げ
- 大外返し(軸足刈り)
- 体落し返し
ケンカ四つの場合:
- 双手背負い投げ
- 小内刈り
- 背負い投げ→小内刈り
- 左一本背負い
- 相手の大内刈り→左一本背負い
- 相手の大外刈り→左一本背負い
- 相手の内股をきって→一本背負い
- 相手の肘を中に絞り込んで一本背負い
- 相手の肘を振り上げて一本背負い
- 二段小外刈り
- 双手背負いのフェイント→出足払い
- 相手の内股→横車
- 相手の内股→横に倒す
- 相手の内股→谷落し
- 大外返し

「固技編」
相手が仰向けの時足の方から攻める:
- 立ち姿勢から
- 腰についた姿勢から
- 下半身の制し方
- 相手が後ろ帯と握ってきた時
- 相手がうつ伏せになろうとする時
- 腕がらみ又は三角絞めなどに変化する
相手がうつ伏せの時の攻め方:
- 頭の方から突っこみながら首を絞める
- 自分から下になって絞める
- 膝でつぶし仰向けにして抑える
- 脇下を逆手に握って返す
- 後ろにまわりこんで腰を折って抑える
自分が仰向けで下から攻める場合:
- 膝を蹴って腕固め
- てこの原理を使って首を絞める
- 肩越しに足を相手の足にフックして横四方固め
自分がうつ伏せの状態から攻める場合:
- 相手が前方から腕をすくってきた時
- 肩車式
- 相手が右膝を立てている時
- 相手が右膝を着いている時
- 横倒しの状態から前方に倒して肘関節をきめる
- 横倒しの状態から前方に回転させて抑え込み
- 横倒しの状態から後方に倒して肘関節をきめる
- 相手が前方から脇下に腕を入れてきた時
- 相手が横から脇下に腕を入れてきた時
- 自分から体を入れかえて肘関節をきめる

投稿者: 運営者



→このビデオのDVD版を購入する



コメント

supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.