PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ



※eJudo携帯版「e柔道」5月1日掲載記事より転載・編集しています。

ドコモ版QRコード KDDI版QRコード
 docomo版QRコード    au版QRコード


 2    

全日本柔道選手権マッチレポート
1回戦~準々決勝 2/4


3回戦

120429zennihon_3-1.jpg
写真:3回戦最大の注目対決、
棟田康幸-高井洋平戦
全8戦、第1試合から順に勝ち上がりを追っていきたい。

第1試合は3回戦最大の山場、棟田康幸-高井洋平戦。
棟田、高井ともに左組みの相四つ。互いに引き手を持ちたがり、両袖の形になりかかったところで高井がまず左払巻込に掛け潰れて展開を切る。
高井は奥襟を掴んで、再三圧力を掛けようとするが、今日の棟田は安易な掛け潰れで展開を切ることを峻拒。高井の釣り手を剥がしてそのまま引き手を絞り、自身有利の形に持ち込む。

1分には棟田が高井の左袖を絞ると高井はそのまま伏せてしまい、直後には棟田が釣り手で奥襟を叩き返して払腰。掛け潰れずに持ち直してそのまま優位な体勢での駆け引きを続けると、2分10秒主審は高井に「指導1」を宣告。

120429zennihon_3-2.jpg
写真:棟田が高井の大外刈を
空振りさせるとハンドル操作で
崩し投げる
棟田さらに前に出て、奥襟を叩いた高井の左釣り手を絞り落とすと左大外刈のフェイントから左一本背負投で高井を巻き込む。これは高井が抜け落ちてしまい不発だったが、以後も高井が左大内刈から内股に連絡してくるところを前に叩き伏せ、高井が寄せた場面も奥襟を持ち返して応じて支釣込足。棟田は丁寧な組み手に加えて、技も展開も切れることがほとんどなく強気の柔道、試合の流れをガッチリと掴む。

残り時間は1分10秒、もはや明らかなポイントを挙げるしか手のなくなった高井は引き手で棟田の左襟、釣り手で奥襟をガップリ掴む。しかし棟田は怯まず釣り手で奥襟を叩き返す。やや横変形気味のこの位置関係から、高井は身を切って左大外刈。しかしこの動作は奥襟を叩いている棟田のコントロール下。棟田釣り手を絞って両手をハンドル操作、大外刈を空振りした高井に体を浴びせると高井の巨体ゴロリと1回転して「一本」。

120429zennihon_3-3.jpg
写真:棟田が高井を抱き起こす。
高井は試合終了後、引退を表明した
思わず天を仰ぐ高井を、棟田が肩を抱くように引き起こして試合は終了。
試合後、高井は「まだ監督には言っていないが、自分の気持ちは固まっている」と報道陣を前に引退宣言。カイロ世界選手権100kg超級銅メダルを最高成績に代表引退を表明してから2年、この全日本でついに選手生活にピリオドを打つこととなった。

120429zennihon_3-4.jpg
写真:加藤博剛が得意の腕を
ロックした形から後袈裟固を狙う
加藤博剛は香川義篤と対戦。
開始早々に香川を引き落として伏せさせた加藤、香川の左腕をロックして回転の方向を探ること数合、引き込み返す形で縦にまわして得意の後袈裟固に抑え込む。しかしこれは香川が逆側に回り伏せて「解けた」、この抑え込みは「技有」となる。

加藤は以後も左相四つの香川の左袖を押さえ、再三、袖をかいくぐって香川の左体側に座り込む担ぎ技。この右手で袖、左手で香川の腰を抑えるような独特の形の背負投を見せて攻勢。2分37秒、香川に「指導1」。

120429zennihon_3-5.jpg
写真:加藤、再三見せた
独特の担ぎ技で一本勝ち
終盤、加藤は再び引き手で袖を掴み、これを香川の腹側に織り込む。香川が嫌って左腕を開き戻したところに加藤再び左袖をかいくぐって相手の左体側に出、左腰を抑える独特の背負投に座り込む。このまま左ではなく、右背負投の方向にみずから回転してこれを巻き込み決めると、香川抗いようがなく1回転して「一本」。

入った瞬間は左小内巻込を狙ったようにも見えるが、軽量級の選手に散見される小内巻込から連携した腰を抱えての背負投とは回転の方向が異なる。「背負巻込」、「袖釣込腰」、「捨身背負」、一体なんと名づければ良いのか。公式記録は「背負投」、担ぎ技の要素が多いため迷うところだが、もぐりこみ方と巻く方法を鑑みるにこれは肩車とみなすべきだろう。加藤、業師の真骨頂を見せ付ける一本勝ちで順当にベスト8進出を決めた。

120429zennihon_3-6.jpg
写真:百瀬は自在の組み手。
七戸を相手に一方的に攻める
第3試合は七戸龍と百瀬優がマッチアップ。技の威力で勝負するタイプの七戸と相手の良いところを消すことに長けた百瀬、好対照の顔合わせだ。

両者右組みの相四つ。
百瀬は徹底して引き手から得る手堅い組み手で七戸を押し込み、投げるというよりはむしろ七戸に嫌わせて自ら切らせ、組み手をやりなおしに持ち込ませる。七戸が一方的に組んだ場面も百瀬が横変形にずれる、またはいなして釣り手を切り離すと七戸はあっさり両手を離して組み手はやりなおし。百瀬は片襟を織り交ぜながら一手目で優位を得、七戸はこれを嫌い続ける。

組み手で優位、しかしリスクのある大技には飛び込まないという百瀬の戦術にあっさり嵌り、切りあいに応じ続けた七戸に見せ場はなし。4分20秒すぎに組み立てを変えて片襟の右体落と右内股を放った場面があったものの、これ以外は百瀬が細かい技で攻めっぱなし、試合は僅差3-0で百瀬の優勢勝ちとなった。

七戸は組み手の引き出しが少なく地力を発揮できず。持ち味の強引な攻めも鳴りを潜め、「しっかり持ちたい」という意図が逆に慎重な姿勢を生み、ここに百瀬が付け入ったという印象だ。

120429zennihon_3-7.jpg
写真:上川、伏せた仲田直樹の
首に手を巻きつけて
抑え込みへの移行を狙う
上川大樹は仲田直樹と対戦。上川は右、仲田は左組みのケンカ四つ。
上川開始早々に釣り手一本の右内股で大きく仲田を浮かせるが、以後は警戒した仲田が引き手を持たせない。上川は送足払を織り交ぜつつ再三仲田の左釣り手を左手で外に叩き出して仲田の体を寄せるが、心得た仲田は引き手を与えず。2分3秒、「取り組まない」判断で仲田に「指導1」。

2分50秒、上川が再び仲田の釣り手を左手で払い叩いて相手を寄せ、引き手で仲田の右袖を得ることに成功。この完璧な組み手にプレッシャーを感じた仲田が思わず伏せると、上川一瞬の間をおいて仲田の首に右釣り手を回しいれ、上から絞める。上川ここからは素早い動き、シナリオ通りに嫌った仲田の首を極めたまま相手の体を回して上四方固に移行すると主審は「抑え込み」を宣告。仲田動けずそのまま「一本」が宣せられる。3分22秒。

上川が焦らずに圧を掛け続けて勝機をしっかり生かした試合。相変わらず慎重な試合振りではあったが、初戦に比べてややエンジンが掛かり始めた印象。

120429zennihon_3-8.jpg
写真:羽賀龍之介は終盤ついに
西村久毅を捉える。ケンケン内股で
ほとんど360度回し追って「一本」
前戦で強敵西潟健太を下した羽賀龍之介は120kgの西村久毅と対戦。
羽賀は左、西村は右組みのケンカ四つ。西村は釣り手一本から座り込みの左一本背負投で攻める。21秒、羽賀が前技のフェイントからの左小外刈で西村を転がし主審は「有効」を宣告するがこれは取り消しとなる。
以後は両襟を握る羽賀が試合のコントロール権を得るものの、西村が座り込みの左一本背負投を連発、左小内巻込から左一本背負投への連携を見せた1分39秒、この手数が評価されて羽賀に「指導1」が宣告される。

奮起した羽賀、直後左内股に左小外刈、さらに釣り手を振っての左内股巻込とラッシュ。展開を失うことを恐れた西村、高い左一本背負投で羽賀を崩し、再び左一本背負投に座り込むがこれが偽装攻撃と判断され、2分48秒、西村に「指導1」。

羽賀攻撃の手を緩めず、左内股を2連発。西村一発目は立って受け止め、二の矢は引き手を切って対応。

3分20秒を過ぎ、羽賀は膝車から左内股、西村を崩して間合いを測るとさらにもう一度思い切った左内股。ケンケンで追い続けると西村の巨体が浮き、手ごたえを得た羽賀はほとんど1回転、360度に近いところまでこれを回し追って決めにかかる。体の伸びきった西村宙を舞って畳に落ち、見事な「一本」。場内大歓声。

怖じずに技を仕掛け続けた羽賀の度胸、技術、そして決めへのこだわり。久々の「らしい」内股一本で羽賀がそのポテンシャルを見せ付けた試合だった。

120429zennihon_3-9.jpg
写真:生田秀和の右内股を鈴木桂治が
小外掛に振り返す。
これが決まって「一本」
第6試合は好カード、鈴木桂治に業師生田秀和がマッチアップ。
鈴木は左、生田は右組みのケンカ四つ。生田は上から、鈴木は下から釣り手で横襟を握る。
鈴木は得意の引っ掛けるような左小外刈、生田は両襟を握って右出足払に思い切った右内股で攻める。引き手を争いながら生田が右小外刈で鈴木を場外にはたき出した1分39秒、鈴木に「指導1」。

1分50秒、鈴木が高い位置で横襟を持ったところで、生田は釣り手を下から肩裏を差す。引き手で鈴木の右襟を握った生田、思い切った右内股。しかし生田の掛け足に左足を絡め刈ってこれを捌いた鈴木、生田の戻りに合わせて軸足まで刈り込む。大きく崩れた生田に鈴木が胸を合わせて体を浴びせると文句なしの「一本」。生田の攻撃姿勢もあり、好試合だった。

120429zennihon_3-10.jpg
写真:石井の大外巻込が
「技有」となる
第7試合は前戦で抜群の滑り出しを見せた石井竜太に加藤博仁という顔合わせ。
石井、加藤ともに右組みの相四つ。石井は引き手で右襟、釣手で背中を叩くが加藤は再三これを切り離す。しかし石井は引かずに引き手で襟を握って前に出続ける。
1分41秒、石井は引き手で加藤の脇下を持ち、これを織り込んだ戻りに合わせて釣り手で肩越しに背中を深く叩き、思い切った右大外刈。迫力十分のこの技だったが加藤なんとか一瞬踏みとどまり、石井の決めは真裏ではなく斜めにこれを巻き投げるに留まる。これは「技有」。

石井はその後も攻撃の手を緩めず1分53秒、2分34秒と立て続けに「指導」を奪取。

120429zennihon_3-11.jpg
写真:石井、抜群のタイミングで
大外刈を決めて「一本」
試合も中盤を過ぎ、石井は引き手で加藤の脇下を持ってこれをいなしながら、手四つで釣り手を争う。苦しくなった加藤が右支釣込足を出したタイミングに合わせて釣り手で右奥襟を叩くとすかさず右大外刈。足を伸ばして加藤を止めると一旦足を突き、圧し掛かるようにこれを決めに掛かると加藤グシャリと後方に倒れて「一本」、3分44秒。

石井の地力からすれば結果自体は驚くべきものではないが、注目すべきはその内容。組み手の巧みな加藤に対して石井は忍耐強く引き手側から持って状況を積み上げ、加藤に試合をさせなかった。
技の破壊力の一方で組み手の雑さと好不調の波の激しさが指摘されていた石井だが、意外ともいえる丁寧さで地力のアドバンテージが生かされる状況を作り出した。一発が売りの石井だが、この「一本」で見せたのはむしろ手堅さ。生命線である組み手と距離を殺された加藤は戦術的に手詰まりを起こし、あとは投げられるだけという死に体だった。

鉈で断ち割るような技の破壊力を見せ付けた講道館杯から半年、その技を生かす手立てを盛った石井、その進化を見せ付けた一戦だったと評したい。

120429zennihon_3-12.jpg
写真:高橋和彦が圧を掛け続け、
6分通じて中村嘉宏は攻撃が封じられる
3回戦最終戦は高橋和彦に中村嘉宏が挑む。
高橋左、中村右組みのケンカ四つ。高橋は奥襟を叩いてプレッシャー、中村はこれを掻い潜って左一本背負投に左小内巻込で攻める。高橋はことごとく捌くが、たびたび左一本背負投についていきかかる場面があり、1分31秒高橋に「指導1」。

しかし両襟を握って前に出る高橋の圧力がジワジワと効き始め、高橋は左払腰に左内股で反撃開始。高橋の左内股に中村が座ってしまい、さらに奥襟を叩かれた中村が再度膝を屈した3分24秒、中村に「指導1」。
高橋戦術を変えず両襟の攻撃を続け、4分23秒中村に「指導2」、残り40秒で高橋が腰を切って威嚇したところに中村が自ら伏せたところで偽装攻撃の「指導3」が与えられる。

試合はこのまま終了。高橋は万に一つのアクシデントも起こさせぬ、という手堅い試合で準々決勝進出を決めた。

結果決まったベスト8の顔合わせは、

加藤博剛 - 棟田康幸
百瀬優 - 上川大樹
鈴木桂治 - 羽賀龍之介
石井竜太 - 高橋和彦

となった。

【3回戦結果】

棟田康幸○浮落(4:50)△高井洋平
加藤博剛○袖釣込腰(5:11)△香川義篤
百瀬優○優勢[僅差3-0]△七戸龍
上川大樹○上四方固(3]22)△仲田直樹
羽賀龍之介○内股(3:33)△西村久毅
鈴木桂治○小外掛△(1:59)△生田秀和
石井竜太○大外刈(3:44)△加藤博仁
高橋和彦○優勢[指導3]△中村嘉宏


前へ  次へ

 2    



※eJudo携帯版「e柔道」5月1日掲載記事より転載・編集しています。

ドコモ版QRコード KDDI版QRコード
 docomo版QRコード    au版QRコード


→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る


supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.