PAGE TOP ↑
eJudo

【隔週刊・嘉納治五郎師範のひとこと】第77回

(2019年5月13日)

※ eJudoメルマガ版5月13日掲載記事より転載・編集しています。
【隔週刊・嘉納治五郎師範のひとこと】第77回
親しんで抱きつくようにして押さえつけるということは、多くの他のことにも応用されることと信じる。
eJudo Photo
嘉納治五郎師範

資料提供 公益財団法人講道館
copyright:Kodokan Judo Institute

※写真の無断転載および転用を厳に禁じます

出典:「柔道家としての嘉納治五郎」 第4回
作興6巻5号 昭和2年5月 (『嘉納治五郎大系』10巻31頁)
        
武道あるいは流派の創始には、いくつかの条件があると思われますが、その1つとして「実力」があげられるでしょう。柳生新陰流の柳生石舟斎、柳生宗矩。二天一流の宮本武蔵。近代武道では、合気道の植芝盛平翁が神懸かった強さをしめす逸話を残しています。

それでは、嘉納治五郎師範はどれくらい強かったのでしょうか?
今のように一定のルールのもと、大衆の前で試合、その記録が残る時代であれば、ひとつの基準になるのですが、師範はそんなものがなかった頃の(むしろ、そういったものをプロデュースした)人ですから、そういった物差しでは計れません。
コンデ・コマこと前田光世氏の語る師範の「浮腰」、外遊の帰国時に、大柄なロシア人を投げた等々、記述されたものから、口述での話まで、その実力を窺わせるようなエピソードはいくつかあるものの、本人が試合をしたことは、柔術修行時代以外はないようです。有名な揚心流戸塚派を中心とする柔術諸流との対決も同様です(※)。

そんな師範ですが、日常生活でいわゆるストリートファイトのようなトラブルに巻き込まれたエピソードをいくつか書き残しています。

...続きを読む

※ eJudoメルマガ版5月13日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る