PAGE TOP ↑
eJudo

【プレビュー】激戦90kg級に向翔一郎と村尾三四郎が挑戦・グランドスラムバクー2019最終日男子プレビュー

(2019年5月11日)

※ eJudoメルマガ版5月11日掲載記事より転載・編集しています。
激戦90kg級に向翔一郎と村尾三四郎が挑戦
グランドスラムバクー2019・最終日男子プレビュー(90kg級、100kg級、100kg超級)
eJudo Photo
今年の世界選手権で日本代表を務める向翔一郎

→グランドスラム・バクー2019組み合わせ
文責:小林大悟/eJudo編集部
日時:2019年5月12日(日)
場所:アゼルバイジャン・バクー

■90kg級・世界王者シェラザディシヴィリが参戦、向翔一郎と村尾三四郎は配置の明暗分かれる

(エントリー43名)

現役世界王者のニコロス・シェラザディシヴィリ(スペイン)を中心に実力者が大量エントリー。厳密な意味でのトップ選手は少ないものの、階級全体のレベルの高さに押し上げられる形で、相当に密度の高いトーナメントが出来上がった。

ここに挑む日本代表選手は、東京世界選手権代表の向翔一郎(ALSOK)と、同大会団体戦代表の村尾三四郎(東海大1年)の2名。ともにノーシード位置から大会をスタートすることとなる。

向は組み合わせに恵まれ、1、2回戦はいずれも無名選手との対戦。しかし以降は、3回戦でママダリ・メディエフ(アゼルバイジャン)とアヴタンディル・チリキシヴィリ(ジョージア)の勝者、準々決勝でコムロンショフ・ウストピリヨン(タジキスタン)とイェスパー・シュミンク(オランダ)の勝者と、いきなり対戦相手のレベルが上がることとなる。序盤の2試合で良い流れを作り、勢いに乗って勝ち上がりたい。向の魅力は「何かを起こしてくれそう」と感じさせる意外性と勝負度胸の良さ。それゆえに抱き勝負での自滅も多く、自分自身の手綱を握り続けられるか、アクセルを踏むべき勝負どころを見極められるかがポイントとなるだろう。それさえ出来れば実力的には十分に優勝も可能なはずだ。

一方の村尾は2月のグランドスラム・デュッセルドルフに続いて非常に厳しい位置を引いてしまった。対戦相手は初戦(2回戦)からフセン・ハルモルザエフ(ロシア)。これに勝利しても、以降は3回戦でノエル・ファンテンド(オランダ)、準々決勝でネマニャ・マイドフ(セルビア)とラシャ・ベカウリ(ジョージア)の勝者と、休む間もない強豪との連戦が待ち構えている。いずれの試合も序列的には格上が相手だが、特に注目したいのは準々決勝で対戦の可能性があるベカウリ。昨年の世界ジュニア選手権決勝で敗れたあの選手だ。もし対戦が実現した場合には、なんとしてもリベンジを果たして世代ナンバーワンは自分だということを示したいところ。また、ベスト4に進出すれば世界王者シェラザディシヴィリへの挑戦権を得ることが出来る。東京五輪を目指すうえでは是非ともここで戦っておきたい相手だ。デュッセルドルフでトップ選手を次々撃破してみせた、あの快進撃の再現に期待したい。

【プールA】

...続きを読む

※ eJudoメルマガ版5月11日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る