PAGE TOP ↑
eJudo

【プレビュー】新井千鶴が今年初めての試合出場、63kg級は田代未来とトルステニャクの対戦に期待・グランドスラムバクー2019第2日女子プレビュー

(2019年5月11日)

※ eJudoメルマガ版5月11日掲載記事より転載・編集しています。
新井千鶴が今年初めての試合出場、63kg級は田代未来とトルステニャクの対戦に期待
グランドスラム・バクー2019第2日女子プレビュー(63kg級、70kg級)
eJudo Photo
田代未来は第2シードに配された

→グランドスラム・バクー2019組み合わせ
文責:小林大悟/eJudo編集部
日時:2019年5月11日(土)
場所:アゼルバイジャン・バクー

■63kg級 田代未来とトルステニャクの決勝に注目、最激戦区はトライドスら詰め込まれたプールB

(エントリー27名)

階級のトップ3のうち、田代未来(コマツ)とティナ・トルステニャク(スロベニア)の2名が参戦。田代が第2シード、トルステニャクが第1シードの位置に置かれており、対決が実現するのは決勝だ。今大会にはマルティナ・トライドス(ドイツ)ら上位選手の参加もあり、グランドスラム大会にふさわしい豪華メンバーとなっている。

田代がAシード位置に座るプールCは、準決勝で当たるマグダレナ・クルサコワ(オーストリア)以外に特筆すべき強豪はおらず、隣のプールDも陣容薄い。平均値の出来で十分に決勝進出が可能と言えるだろう。一方のトルステニャクは初戦からケトレン・クアドロス(ブラジル)と対戦せねばならない厳しい組み合わせ。

...続きを読む

※ eJudoメルマガ版5月11日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る