PAGE TOP ↑
eJudo

【プレビュー】オルジョフとヘイダロフが準決勝で激突、81kg級は好調ムキに注目・グランドスラムバクー2019第2日男子プレビュー

(2019年5月11日)

※ eJudoメルマガ版5月11日掲載記事より転載・編集しています。
オルジョフとヘイダロフが準決勝で激突、81kg級は好調ムキに注目
グランドスラム・バクー2019第2日男子プレビュー(73kg級、81kg級)
eJudo Photo

→グランドスラム・バクー2019組み合わせ
文責:小林大悟/eJudo編集部
日時:2019年5月11日(土)
場所:アゼルバイジャン・バクー

■73kg級・オルジョフとヘイダロフの地元対決に注目

(エントリー40名)

2016年リオデジャネイロ五輪銀メダリストのルスタン・オルジョフ(アゼルバイジャン)を始め、ヨーロッパ地域のパワーファイターが数多く参加したトーナメント。シード枠の8名がそのまま勝ち上がりの最有力候補と見てまず価値がいなく、これが崩れるとすれば、ミクロス・ウングヴァリ(ハンガリー)ら中堅選手の密度が濃いプールCくらいだろう。序盤戦はシードを受けた強豪たちの豪快な勝ちぶりを楽しみたい。

本階級最大のみどころは、準決勝で実現するであろうオルジョフとヒダヤット・ヘイダロフ(アゼルバイジャン)の地元対決。両者の対戦は2017年のグランドスラム・パリと同年のイスラム大会の2度あり、いずれもヘイダロフが勝利している。ここ2年間は少なくとも国際大会では対戦しておらず、地元大会ということも考慮すると、今回の結果が東京五輪の選考に及ぼす影響はかなり大きいはず。

...続きを読む

※ eJudoメルマガ版5月11日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る