PAGE TOP ↑
eJudo

【プレビュー】60kg級は地元サファロフに注目、66kg級は伸び盛りの業師ヴィエルが初戦でダヴァドルジに挑戦・グランドスラムバクー2019第1日男子プレビュー

(2019年5月10日)

※ eJudoメルマガ版5月10日掲載記事より転載・編集しています。
60kg級は地元サファロフに注目、66kg級は伸び盛りの業師ヴィエルが初戦でダヴァドルジに挑戦
グランドスラム・バクー2019第1日男子プレビュー(60kg級、66kg級)
eJudo Photo
バクー世界選手権以降66kg級に出場、4月から「出戻った」ばかりのサファロフ

→グランドスラム・バクー2019組み合わせ
文責:小林大悟/eJudo編集部
日時:2019年5月10日(金)
場所:アゼルバイジャン・バクー


■60kg級 「出戻り」2戦目、地元アゼルバイジャンのサファロフに注目
(エントリー29名)

階級自体のレベルの高さを反映して、今回も強豪が数多く参戦した。トーナメントの軸は2013年リオデジャネイロ世界選手権の銀メダリスト、第1シードのダシュダヴァー・アマルツヴシン(モンゴル)。対抗馬となるのが、ノーシード配置でプールDに置かれた2017年ブダペスト世界選手権銀メダリストのオルハン・サファロフ(アゼルバイジャン)だ。

成績の安定しているダシュダヴァーに対して、サファロフは最高到達点こそ極めて高いものの、好不調の波が激しい傾向がある。とはいえ今大会は地元アゼルバイジャンでの開催、ハイコンディションで臨むことが予想される。サファロフは昨年来66kg級での調整出場を続けており、60kg級に復帰したのは4月のグランプリ・アンタルヤから。この際は7位だったが、世界選手権までの道程をにらめば今回はしっかり体を作ってきている可能性が高いのではないだろうか。

...続きを読む

※ eJudoメルマガ版5月10日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る