PAGE TOP ↑
eJudo

決勝の九州対決は福岡県代表の勝利、初出場の筑前町スポーツ少年団夜須柔道部が優勝飾る・第39回全国少年柔道大会

(2019年5月5日)

※ eJudoメルマガ版5月5日掲載記事より転載・編集しています。
決勝の九州対決は福岡県代表の勝利、初出場の筑前町スポーツ少年団夜須柔道部が優勝飾る・第39回全国少年柔道大会
eJudo Photo
決勝、筑前町スポーツ少年団夜須柔道部の次鋒村田智康が払腰で一本勝ち
(撮影:辺見真也)

学年別五人制(5年、5年、6年、6年、6年、同学年内体重順配列)の団体戦で今年の少年柔道日本一を争う第39回全国少年柔道大会が5日、講道館大道場に全国の予選を勝ち抜いた48チームが一堂に会して行われ、初出場の筑前町スポーツ少年団夜須柔道部(福岡)が優勝を飾った。

筑前町スポーツ少年団夜須柔道部は、予選リーグ初戦の松阪市武道館柔道教室(三重)を相手に2-1という辛勝スタートだったが、以後は「だんだん硬さが取れて来た」(古川秀志監督監督)とのことで、持ち前のスケール感ある柔道を存分に披露。次戦の暁柔道少年団(山口)戦を4-0で勝利すると、以降は攻撃力の高さを前面に押し出し、無失点試合はなしもハイスコアゲームを続けてベスト4入り。準決勝の常総市体育協会石下柔道部(茨城)戦を2-2の代表戦の末に制すると、決勝は桜木柔道クラブ(熊本)を4-1の大差で破った。

決勝戦評と、筑前町スポーツ少年団夜須柔道部・監督および選手のコメント、上位入賞者と試合結果(決勝トーナメント1回戦のスコア、準々決勝以降の対戦詳細)は下記。

...続きを読む

※ eJudoメルマガ版5月5日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る