PAGE TOP ↑
eJudo

日本代表選手が少年柔道家に技術指導、一番人気は阿部詩・第39回全国少年柔道大会合同錬成

(2019年5月4日)

※ eJudoメルマガ版5月4日掲載記事より転載・編集しています。
日本代表選手が少年柔道家に技術指導、一番人気は阿部詩
第39回全国少年柔道大会合同錬成
eJudo Photo
憧れの阿部詩の技を受けて満面の笑みの少年

第39回全国少年柔道大会の合同錬成が4日、講道館(東京都文京区)で行われ、東京世界選手権(8月25日〜9月1日、日本武道館)の代表選手らが全国から集った少年柔道家に指導を行った。この日講師として招かれたのはウルフアロン(了徳寺大職)、原沢久喜(百五銀行)、阿部詩(日本体育大1年)、朝比奈沙羅(パーク24)の4名。

はじめに増地克之・全日本女子監督による、精力善用自他共栄をテーマとした講話が行われ、「柔道は強いだけではダメ。柔道だけでなく、勉強も生活も、皆の手本となるように頑張ってください」とのエールが少年たちに送られた。今回の合同錬成には増地監督のお子さんも茨城県代表として参加しており、増地監督曰く「たまには父親として良いところを見せようと思い、自分から講話を買って出ました」とのこと。

その後は全体でのウォーミングアップの後、4つのグループに分かれてメインイベントの代表選手による技術指導が行われた。指導した技はそれぞれ、ウルフが大内刈、原沢が内股、阿部が背負投、朝比奈が支釣込足。

...続きを読む

※ eJudoメルマガ版5月4日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る