PAGE TOP ↑
eJudo

[速報]ウルフアロンが決勝で加藤博剛破って初優勝、連覇狙った原沢久喜は準々決勝で苦杯・平成31年全日本柔道選手権

(2019年4月29日)

※ eJudoメルマガ版4月29日掲載記事より転載・編集しています。
[速報]ウルフアロンが決勝で加藤博剛破って初優勝、連覇狙った原沢久喜は準々決勝で苦杯
平成31年全日本柔道選手権
eJudo Photo
決勝、ウルフアロンが加藤博剛から支釣込足「技有」

→1回戦速報戦評(eJudoLITE)
→1回戦速報戦評(eJudoLITE)
→2回戦速報戦評(eJudoLITE)
→3回戦速報戦評(eJudoLITE)
→4回戦~決勝速報戦評(eJudoLITE)
撮影:乾晋也/辺見真也

体重無差別で今年の柔道日本一を争う平成31年全日本柔道選手権大会が29日、日本武道館で各地区予選を勝ち抜いた精鋭42名(推薦選手3名を含む)が集って行われ、一昨年度大会2位で2017年ブタベスト世界選手権100kg級王者のウルフアロン(関東・了徳寺学園職)が初優勝した。

この日のウルフは出色の出来。本来の戦場である100kg級では2月のグランドスラム・パリ決勝に今月初旬の全日本選抜体重別決勝と意外な受けの脆さを見せたばかりだが、減量なしで臨んだ今大会は異次元級の強さを見せた。2回戦は新添悠司(近畿・大阪府警察)を切れ味抜群の内股「一本」、3回戦はしぶとさが売りの上田轄麻(東京・日本製鉄)を支釣込足「一本」に仕留めると、圧巻はここから。準々決勝は4度目の優勝を狙う王子谷剛志(旭化成)をGS延長戦2分14秒、低空の左内股「一本」で破り、準決勝は組み手の巧さと受けの強さが売りの2018年世界選手権100kg超級代表小川雄勢(東京・パーク24)をまさにその組み手で圧倒した末に、3度転がして一方的に展開を取る。このうち2度の投げはノーポイントだったが、3度目のケンケン大内刈を見事に決め切り3分28秒「一本」。全試合一本勝ちで決勝に進んだ。

決勝は今大会最年長選手の業師・加藤博剛(関東・千葉県警察)とマッチアップ。袖をクロスに、釣り手を片襟に、と互いに術を尽くした組み手争いの末、GS延長戦1分29秒についに捕まえて支釣込足「技有」で決着。念願の全日本選手権制覇を決めた。

連覇を狙った原沢久喜(推薦・百五銀行)は準々決勝で苦杯。

...続きを読む

※ eJudoメルマガ版4月29日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る