PAGE TOP ↑
eJudo

【レポート】第41回全国高等学校柔道選手権大会・男子個人戦5階級マッチレポート

(2019年4月23日)

※ eJudoメルマガ版4月23日掲載記事より転載・編集しています。
第41回全国高等学校柔道選手権大会・男子個人戦5階級マッチレポート
(60kg級、66kg級、73kg級、81kg級、無差別)
eJudo Photo
準々決勝、福田大晟が樽岡葉太から左背負投「技有」

撮影:乾晋也、辺見真也
取材・文:小林大悟/eJudo編集部

→男子全試合結果(eJudoLITE)
→男子速報ニュース
→男子個人戦プレビュー

■60kg級・第2シードの福田大晟が順当に優勝、近藤隼斗不在のトーナメントを制す
(エントリー47名)

【決勝まで】

優勝候補の筆頭と目されていた前年の王者、第1シードの近藤隼斗(佐賀・佐賀工高)が大会前日に欠場を発表。決勝にはこの近藤の消えた左上のブロックを勝ち上がった濵田大樹(千葉・木更津総合高)と、第2シードの福田大晟(滋賀・比叡山高)が勝ち上がった。

濵田は初戦(2回戦)で鈴木将太(富山・小杉高)を「技有」の優勢勝ちで下して大会を開始。

...続きを読む

※ eJudoメルマガ版4月23日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る