PAGE TOP ↑
eJudo

[速報]平成最後の女王は素根輝、決勝でライバル朝比奈沙羅下して連覇果たす・第34回皇后盃全日本女子柔道選手権大会

(2019年4月21日)

※ eJudoメルマガ版4月21日掲載記事より転載・編集しています。
[速報]平成最後の女王は素根輝、決勝でライバル朝比奈沙羅下して連覇果たす
第34回皇后盃全日本女子柔道選手権大会
eJudo Photo
決勝、GS延長戦で素根輝がこの日初めて右袖釣込腰。朝比奈はこの技で四つん這いに崩れる。
(辺見真也撮影)

※全試合のリアルタイム速報戦評(3回戦までは写真入り)をeJudoLITEに掲載済みです。

体重無差別で女子柔道日本一を争う第34回皇后盃全日本女子柔道選手権大会は21日、横浜文化体育館(横浜市)で37名(地区選出選手34名、推薦選手3名)の選手が参加して行われ、素根輝(環太平洋大1年)が2連覇を果たした。大会連覇者は、2010(平成22)年の第25回大会で9連覇を果たした塚田真希以来。

第1シードの素根は山場と目された準々決勝でリオデジャネイロ五輪銅メダリストの山部佳苗(近畿・ミキハウス)に、GS延長戦の大内刈「有効」で勝利。準決勝の稲森奈見(東京・三井住友海上)戦もGS延長戦の末の大内刈「有効」で突破し、ライバル朝比奈沙羅(推薦・パーク24)の待つ決勝の畳へと勝ち上がった。

この試合は2週間前の全日本選抜体重別選手権決勝と相似の展開。本戦は朝比奈が素根の釣り手をしっかり潰して前進、手数で出遅れた素根は袖口を絞る反則を取られ「指導2」対「指導1」のビハインドとなり、残り6秒でタイに追いついたもののスコア的には綱渡りの柔道。

...続きを読む

※ eJudoメルマガ版4月21日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る