PAGE TOP ↑
eJudo

【eJudo’s EYE】阿部一二三の技術的閉塞と「これから」の手立てを真面目に考える

(2019年4月4日)

※ eJudoメルマガ版4月4日掲載記事より転載・編集しています。
【eJudo’s EYE】阿部一二三の技術的閉塞と「これから」の手立てを真面目に考える
eJudo Photo
世界選手権2連覇中の阿部一二三。明日からの選抜体重別に、世界選手権3連続出場がかかる。

文責:古田英毅

[参考記事]
→バクー世界柔道選手権2018男子66kg級即日レポート
→【eJudo’s EYE】グランドスラムを目前に、阿部一二三の「ライバル不在」を危惧する

世界選手権66kg級連覇者阿部一二三が、かつて敗れた丸山城志郎に再び苦杯を喫したグランドスラム大阪から4か月、さらに遥か格下のマニュエル・ロンバルド(イタリア)に同じ技で2度投げられる屈辱を味わったグランドスラム・パリから2か月が過ぎた。

週末に迫った選抜体重別で、阿部はいったい何を見せてくれるのか。この期間阿部は次のステージに進むべく何を積んで来たのか。これからどのような方向に進んでいこうと考えているのか。

筆者はロンバルド戦の敗戦を当日「ここ1年の阿部の技術的閉塞を凝集した試合」と評させて頂いたが、それについていま少し書かせて頂くとともに、阿部の技術の「この先」を真面目に考えてみたい。当初、グランドスラム・パリの翌日「提案」として考えたものだが、あまりの大会の多さに先送りを続けてしまい、あたかも選抜で「答え合わせ」をするかのようなこの時期、本番直前となってしまったことを(勝手に)お詫びしたい。

まずは阿部の技術的閉塞について。かつて得意とした「抱き勝負」のリスクに気付いてこれを封印し、前襟を掴む新スタイル(腰技を全面に押し出すさらに前、少年時代以来の背負投スタイルに戻したともいえる)で再出世、見事世界の王座に就いたのが2017年ブダペスト世界選手権。試合映像がふんだんに出回り、相互研究の激しい現代の柔道界においては「成長し続けること」が強者の要件。常に相手の予想の先を行き、柔道の幅を広げ続けなければ生き残れない。勝ち続けている選手は、方向性や考え方違えどあまねく、常に成長を続けている。初優勝時の阿部は、この項を満たしていたと言える。

しかるに阿部が続く2018年バクー世界選手権で見せたのは、「同じスタイルと技でもう1度勝つ」こと。徹底守備の相手にまず引き手で袖を得、釣り手を片襟に入れながら、あるいは袖を握っては大技に入り込むのだが、体の強い相手に耐えられて「意外にも決まらない」。序盤戦の印象は「投げ急ぎ」。決勝では投げを怖れる右相四つ相手に、まさにこの「片襟を叩きこむ」という解法をひたすら試み、なかなか決まらず、それでも最後は無理やり投げ切る形で2連覇を達成した。

この世界選手権、特に決勝の「投げられない」時間帯で見せた嵌り2つは密接に関連し、阿部の陥った閉塞をよく表している。1つは、「作り」がないこと。もう1つは、うまくいかないときの柔道選手の典型である、相手の状況に関わらず自身がもっとも信じる技術に頼るという「飴玉の芯のみの戦い」に堕したこと。もともと阿部は作りに手数を掛けるタイプではなく、異常なまでの肩の柔らかさを利してともかく技に入ってしまい、類稀なる体の力を以て吊り上げ、最後は引き出し豊富な「決め」の技術で相手に背中を着かせてしまうというちょっと珍しいタイプ。この「入ってさえしまえば」が極まって、いったん離して片襟、という本来奇襲に分類される技術への傾倒が強まり、自身のコンディションが悪くかつ相手が守りに守って出てこないという状況下でひたすらこれに頼ることになったと推察される。阿部の現在の問題点は、ケンカ四つに対して引き手を持つ具体的な手立てに乏しいことと、相四つのパワーファイターが殻に閉じこもったときにこれをこじ開ける手段が少ないことなのだが、そのうち後者が非常にわかりやすく出た試合であり、大会であった。(ちなみに前者は、たとえばグランドスラム大阪決勝の丸山城志郎戦に顕著である)

むしろ早く決めなければならない、試合を揉めさせてはならない、という恐怖感すら感じられた6試合。ここまで内容が乏しくては阿部は少々叩かれるかもしれないな、というのが率直な感想であったが、メディアは挙げて若き2連覇者を五輪のホープとして持ち上げた。考えてみれば結果は圧勝、もう少し穿てばこれだけ技術的に行き詰まりながらすべて力で打開してしまうのだからすさまじい強さと考えるべき、これもむべなるかな、というところだったが、阿部はここで、少なくともこの大会で見えた「相四つの殻に閉じこもる相手の剥がし方」にだけでもいくつか解法を見出しておくべきだった。その後、コンディション不良で強行出場した全日本学生体重別団体では右相四つの田川兼三に同じ問題点を見せた上で引き分けられてしまっているのだが、ここでも、もう一段考えて解決への直線的行動を取るべきだった。

[動画]2019年グランドスラム・デュッセルドルフ  LOMBARDO Manuel戦

そして訪れたロンバルド戦。出来れば世界選手権決勝を見てからこの試合の動画を見直してほしい。相四つのロンバルドは確信的な進退、その胸中にある策は「引き手を抱き込んで殻に閉じこもれば実は阿部にこれを剥がす足技や作りはなく、嫌がって自ら左引き手一本の片手状態を作ってから、片襟に釣り手を叩きこんで来るはず」。組み合ったまま何も出来なかった阿部が1分14秒に片襟の右背負投を試みたシーンなどは、ロンバルドにとっては想定通りとむしろ自信を深める結果になったのではないだろうか。以降は急に強気になり、奥襟を叩いて阿部を嫌がらせ、阿部がこの際の一択解法としている片襟技の起点である「左引き手一本で相手の袖を握る片手状態」に戻させ、この残った左腕に肩車の罠を仕掛けた。結果は2度「技有」を奪っての完勝。より正確にいえば、1度目の投げは互いに腰を引いて低く潰れ合ったところからの投げ直しであったのだが、これとて「阿部は絶対寝技には来ない」とその柔道をよく見極めた、確信的なものであった。まぐれではなく、阿部の柔道と、その手立ての少なさをしっかり研究し、阿部の柔道の起点であり安住の地である「引き手一本の片手状態」に着実に罠を仕掛けた、計算通りの完勝であった。

というわけで長々書かせて頂いたが、前を向きたい。阿部は何をしようとしているのか、これからどうあるべきか。

1月の全日本合宿公開時の囲み取材で、阿部はメディアの質問に応じて現状向き合っている技術を「逆技を考えている、左一本背負投を練習している」と話した。この答えには違和感あり、阿部は「次の進化」に真摯に向き合い切れていないのではないかと感じた。

...続きを読む

※ eJudoメルマガ版4月4日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る