PAGE TOP ↑
eJudo

世界王者ビロディドがまさかの敗戦、60kg級は地元ジョージアのチフヴィミアニが制す グランプリトビリシ2019

(2019年3月31日)

※ eJudoメルマガ版3月31日掲載記事より転載・編集しています。
世界王者ビロディドがまさかの敗戦、60kg級は地元ジョージアのチフヴィミアニが制す
グランプリトビリシ2019第1日(男子60kg級、66kg級、女子48kg級、52kg級、57kg級)
eJudo Photo

グランプリトビリシ2019は29日、ジョージアの首都トビリシで開幕。初日は男女合わせて5階級の競技が行われ、男子は60kg級でルフミ・チフヴィミアニ(ジョージア)、66kg級でタル・フリッカー(イスラエル)、女子は48kg級でメラニー・クレモン(フランス)、52kg級でオデッテ・ジュッフリダ(イタリア)、57kg級でノラ・ヤコヴァ(コソボ)がそれぞれ優勝を飾った。

女子48kg級に出場した世界王者ダリア・ビロディド(ウクライナ)は決勝でまさかの敗北。クレモンに大外落と隅落で2つの「技有」を奪われ、合技「一本」で敗れた。ビロディドに黒星がつくのは2017年8月のブダペスト世界選手権以来約1年半ぶり。この日は準決勝のエヴァ・チェルノヴィツキ(ハンガリー)戦でも袖釣込腰「技有」を失うなど、全体的に精彩を欠いていた。

各階級の入賞者と決勝の結果は下記。

[参考][速報戦評]世界王者ビロディド敗れる・グランプリトビリシ2019

■60kg級

...続きを読む

※ eJudoメルマガ版3月31日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る