PAGE TOP ↑
eJudo

田村、天理ら順当に勝利、注目対決の勝者は加藤学園、白鴎大足利、そして開星・第41回全国高等学校柔道選手権男子団体戦レポート①一回戦

(2019年3月29日)

※ eJudoメルマガ版3月29日掲載記事より転載・編集しています。
田村、天理ら順当に勝利、注目対決の勝者は加藤学園、白鴎大足利、そして開星
第41回全国高等学校柔道選手権男子団体戦レポート①一回戦
eJudo Photo
団体戦開始式。選手宣誓は鈴木郷生選手(国士舘高)が務めた。

取材・文:古田英毅/eJudo編集部
撮影:乾晋也・辺見真也/eJudo編集部

高校生の春到来。高校「三冠」タイトル最初の大会である第41回全国高等学校柔道選手権大会が今年も聖地・日本武道館に全国47都道府県の予選を勝ち抜いた精鋭たちが集って開幕。最終日の21日には最注目カテゴリである男子団体戦の試合が行われた。

5人制抜き勝負(試合ごとの配列変更を認める)で行われるこの男子団体戦、優勝候補の筆頭はエース斉藤立を擁して連覇を狙う国士舘高(東京)。次いで今大会2強の一角として名の挙がる西の横綱・大牟田高(福岡)、さらに前日個人戦無差別を制した怪物・高橋翼を押し立てる作陽高(岡山)がこれを追うというのがトーナメントの大きな構図。戦力分析と今シーズンここまでの来歴は組み合わせ抽選前にアップしたシード校予想記事と大会直前の展望記事に譲り、さっそく大会の様子をレポートしてみたい。

まずはシード校への挑戦権を巡って激戦が繰り広げられた1回戦から。トーナメントをA(左上)、B(左下)、C(右上)、D(右下)の4つのブロックに分けて簡単にそれぞれの戦いを追いかけてみたい。

→[参考]男子団体戦全試合対戦詳細

■一回戦

【Aブロック】
シード校:国士館高(東京)、桐蔭学園高(神奈川)

国士舘の1強ブロックで、他3ブロックに比べると強豪の密度もかなり薄い。この1回戦もアップセットは少なく、ほぼ順当に試合が進んだ。

2回戦での国士舘への挑戦権を争う延岡学園高(宮崎)と近江高(滋賀)の試合は、手堅く加点した延岡学園が勝利。先鋒久保田大樹が宇佐美倭から58秒送襟絞「一本」で勝利すると2戦目をしっかり引き分けて退場。続く次鋒小川剛生、中堅吉野天成が引き分け、副将中西隆翔の「技有」優勢でフィニッシュ。大将戸高淳之介を余らせたまま、スコア二人残しの快勝だった。

...続きを読む

※ eJudoメルマガ版3月29日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る