PAGE TOP ↑
eJudo

望海中学校が初優勝、決勝は東海大相模中との乱打戦制す・第32回近代柔道杯全国中学生大会オープンの部即日レポート

(2019年3月25日)

※ eJudoメルマガ版3月24日掲載記事より転載・編集しています。
望海中学校が初優勝、決勝は東海大相模中との乱打戦制す
第32回近代柔道杯全国中学生大会オープンの部即日レポート
eJudo Photo
決勝、望海中の大将村瀬浩樹が東海大相模中・金杉元太から左一本背負投「一本」。この一撃で優勝が決まった。

第32回近代柔道杯全国中学生柔道大会は23日と24日の両日、埼玉県立武道館(上尾市)で行われ、78チームが参加したオープンの部は望海中学校(兵庫)が初優勝を果たした。

12月のサニックス旗福岡国際中学生柔道大会を制している望海中は今大会も優勝候補筆頭。初日の予選リーグを順当に勝ち上がり、最終日は決勝トーナメント初戦となる2回戦で高川学園中B(山口)を5-0、続いて山場と目された準々決勝で曽根中A(福岡)を2-1で破り、準決勝で埼玉栄中A(埼玉)を3-0の大差で下して決勝まで勝ち進む。迎えた決勝では、こちらも頭一つ抜けた力を見せて勝ち上がった東海大相模中(神奈川)と対戦。この試合はシーソーゲームとなり、スコア2-2の内容差でリードを得て迎えた大将戦で村瀬浩樹が金杉元太から見事な一本背負投で「一本」。この一撃で優勝を決めた。

また、今大会から予選リーグ2位のチームによる二部トーナメント、予選リーグ3位のチームによる三部トーナメントが行われ、二部トーナメントでは京都学園中(京都)、三部トーナメントでは静岡学園中(静岡)がそれぞれ優勝した。

決勝の戦評と望海中・今井竜也監督のコメント、入賞者及び決勝トーナメント1回戦のスコアと準々決勝以降全試合の対戦詳細は下記。

※先鋒と次鋒は体重66kg以下、中堅は81kg以下、副将以降は無差別。国際柔道試合審判規定(2018.4~)および「少年大会特別規定」採用、勝敗の基準は「技有」もしくは「指導2」差以上。

取材・文:原輝地/eJudo編集部
撮影:辺見真也

eJudo Photo
先鋒戦、東海大相模中・服部辰成が右小外掛で望海中・顕徳海利から「技有」を奪う。

【決勝戦評】

望海中 3-2 東海大相模中
(先)顕徳海利△優勢[技有・小外掛]〇服部辰成
(次)髙森和〇合技[内股・浮落](0:53)△中見岳
(中)永澤慎悟△合技[内股・崩袈裟固](1:29)〇木原慧登
(副)中村乾渡〇払腰(1:14)△田中詩音
(大)村瀬浩樹〇一本背負投(2:42)△金杉元太

先鋒戦は、互いの軽量級エース同士が対戦。双方左組みの相四つのこの試合は開始直後、いきなり東海大相模中・服部辰成が左小外刈で望海中・顕徳海利を伏せさせ、すかさず「腰絞め」を狙う。序盤のこの強烈な先制攻撃で優位を確保した服部はその後も一方的に組んでは圧力を掛け、残り1分44秒には密着からの右小外掛で「技有」を奪う。しかし、その後は顕徳も左背負投でなんとか攻め返して粘り、試合終了。まずは東海大相模中が「技有」優勢で1点を挙げる。

eJudo Photo
次鋒戦、望海中・髙森和が浮落で東海大相模中・中見岳から2つ目の「技有」を奪う。

eJudo Photo
中堅戦、東海大相模中・木原慧登が望海中・永澤慎悟から左内股「技有」

eJudo Photo
副将戦、望海中・中村乾渡の豪快な右払腰で東海大相模中・田中詩音が宙に舞う。

eJudo Photo
優勝を決め、望海中の大将村瀬浩樹が思わず拳を握りしめる

次鋒戦は、望海中・髙森和が右、東海大相模中・中見岳が左組みのケンカ四つ。開始30秒、髙森は両手を得ると右体落を中見の手前の脚に仕掛け、崩れたと見るやすかさず右脚を跳ね上げて右内股、これを決め切って「技有」奪取。さらに53秒、中見が肩車で潰れたところを髙森見逃さず、胸を合わせて押し込みあっという間に2つ目の「技有」。合技の一本勝ちで望海中がスコアを1-1とし、内容差でリード。

中堅戦は望海中・永澤慎吾が右、東海大相模中・木原慧登が左組みのケンカ四つ。開始17秒、木原は釣り手を上から襟に入れ、引き手で袖を確保して組み手を完成。間髪入れずに左大内刈から左内股の連続攻撃に出、永澤がたまらず伏せると、あおりをいれながら左脚を差し込んで強引に左内股で跳ね上げる。永澤の身体は一回転、これは永澤が潰れた時点で既に寝姿勢と判断されてポイントは入らなかったが、木原の鬼気迫る攻めに場内は騒然。そして1分18秒、再び木原が左内股で跳ね上げ「技有」確保。そのまま崩袈裟固で抑え込み、あっという間に合技「一本」。試合時間は1分29秒、東海大相模中が2点目を奪って勝ち越し。スコアは2-1となる。

副将戦は望海中・中村乾渡が右、東海大相模中・田中詩音が左組みのケンカ四つ。この試合、一発の技の切れがある中村に対して田中は両襟で圧を掛けて動きを封じにかかる。中村のこの作戦により乱打戦の様相だったとここまでの展開が一旦落ち着く。しかし、57秒に双方に消極的「指導1」が与えられると、中村が急加速。直後の展開で、釣り手を外側から背中に浅く入れ、引き手で袖の深い所を握ると、大きいモーションで右小外刈を一発見せる。続いて上半身の動きで右小外刈のフェイントを入れて今度は右払腰。鋭く飛び込んだこの技に小外刈を頭に刷り込まれていた田中は反応できず、大きく宙を舞って「一本」。またも素晴らしい投げ技が披露されてスコアボードが動き、2-2の内容差で望海中が再々逆転を果たす。

そしてどうあってもここで決着がつく大将戦。望海中・村瀬浩樹は引き分け以上でミッション達成。逆に東海大相模中・金杉元太はどんな内容であっても勝ち星を挙げなければならない。組み手は村瀬が右、金杉が左組みのケンカ四つ。サイズでやや勝る金杉がじっくり組み止めて足技から崩す丁寧な攻めを見せるのに対し、村瀬は右内股と左一本背負投の連携で先んじて深く切り込み、守りに入る様子は見せない。しかし1分過ぎに金杉が左小外掛でポイント寸前の場面を作ると、相手の圧力を急に感じ取った村瀬がの様子が変わり、場外に向かって不十分な左一本背負投で座り込んでしまうミス。1分50秒、偽装攻撃の咎で村瀬に「指導1」。一方あと1つの「指導」を奪えば勝利が見えてくる金杉だがなかなか攻めのペースは上がらず、というよりも村瀬の右内股と左一本背負投の弾幕の前に為す術がなく、逆に残り27秒に消極的試合姿勢の咎で「指導1」を失ってしまう。残り20秒、もはや出るしかない金杉に対して、村瀬がペースを変えずに左一本背負投に潜り込むと、前のめりになっていた金杉は村瀬の背中に綺麗に担がれ一回転「一本」。投げの応酬となったこの決勝に幕切れ、村瀬が豪快な投技で大将戦を締め括り、最終スコア3-2で望海中の初優勝が決まった。

eJudo Photo
優勝の望海中学校

【入賞者】
(エントリー78チーム)
優 勝:望海中学校(兵庫)
準優勝:東海大付属相模中等部(神奈川)
第三位:足利第一中学校A(栃木)、埼玉栄中学校A(埼玉)

一本勝ち大賞:服部辰成(神奈川・東海大相模中)
優秀選手賞:重松泰進(福岡・田主丸中)、竹本圭吾(福岡・曽根中A)、?田遼太郎(山口・高川学園中A)、井田翔大(埼玉・田島中)、齋五澤凌生(栃木・足利第一中A)、磯野隆太郎(埼玉・埼玉栄中A)、服部辰成(神奈川・東海大相模中)、村瀬浩樹(兵庫・望海中)

望海中・今井竜也監督のコメント
「(-優勝は狙っていた?)優勝の可能性は大いにあると思っていました。サニックス旗で東海大相模中さんに勝って優勝できたのがチームにとって大きな自信になっていましたので。うちはこの大会のレギュレーションによる選手変更がなく、そのままレギュラーメンバーを出せるのが一つ強みになりました。(-今大会の山場は?) やはり準々決勝の曽根中Aさんとの対戦です。もちろん決勝戦も東海大相模中さんがサニックス旗のリベンジを狙っているだろうというプレッシャーはありましたが、曽根中には11月の西日本少年柔道大会で負けていましたので。今回勝てて勢いに乗れたところはあります。(-チームの特徴を教えてください)去年からずっと同じメンバーで戦ってきていて、チームワークは抜群です。生徒たちは生意気なのもいれば素直なのもいて個性豊かで面白いチームだと思います。普段から前向きな気持ちを持てるように気を付けて指導しているので、実際気持ちが強い子が多いです。(-次の目標は?)もちろん、夏の全中で優勝を目指します。」

【1回戦】

足利第一中A(栃木) 5-0 東海大仰星中(大阪)
田島中(埼玉) 4-0 長崎南山中(長崎)
結城中(茨城) 5-0 日大一中(東京)
高川学園中A(山口) 2-0 埼玉栄中B(埼玉)
南淡中A(兵庫) 3-1 みずき中(群馬)
高川学園中B(山口) 1-0 福井工大福井中(福井)
曽根中A(福岡) ②-2 夙川学院中(兵庫)
山武中(千葉) 5-0 修徳中(東京)
田主丸中(福岡) 4-0 丘中(長野)
藍住中(徳島) 4-1 報徳学園中(兵庫)


【2回戦】

足利第一中A(栃木) 2-1 大蔵中A(福岡)
(先)深澤一矢×引分×渡邊瑞希
(次)蓬田湧馬〇優勢[僅差]△吉田紳助
(中)内藤智×引分×四元羅生
(副)齋五澤凌生〇優勢[技有]△熊谷諒也
(大)萩原魁聖△横四方固(1:49)〇石川諒太郎

田島中(埼玉) 4-1 結城中(茨城)
(先)高橋光永△送襟絞(0:19)〇大松崎彪貴
(次)板東新〇大内刈(2:43)△滝澤開
(中)千田隆雅〇優勢[技有・大内刈]△大嶋陸斗
(副)髙橋翔〇横四方固(2:54)△尾島剛志
(大)井田翔大〇横四方固(1:59)△廣瀬陸人

高川学園中A(山口) 3-0 国士館中(東京)
(先)川口大輝〇背負投(0:08)△佐藤元太
(次)中原惇〇反則[指導3](2:21)△向原潤大
(中)山本昇岳×引分×鈴木拳斗
(副)?田遼太郎〇袈裟固(0:57)△横手和輝
(大)末冨晴斗×引分×畠山凱

東海大相模中(神奈川) 3-0 南淡中A(兵庫)
(先)服部辰成〇内股(0:12)△足立悠晟
(次)中見岳〇合技(1:52)△木嶋壮太
(中)木原慧登〇内股(1:24)△向野翔大
(副)田中詩音×引分×出口巧馬
(大)金杉元太×引分×澤谷魁人

望海中(兵庫) 5-0 高川学園中B(山口)
(先)顕徳海利〇袈裟固(1:25)△青木凌駕
(次)髙森和〇合技(1:13)△永田大
(中)永澤慎悟〇合技(1:53)△斎藤朝陽
(副)中村乾渡〇合技(1:32)△岡村颯馬
(大)村瀬浩樹〇合技(1:04)△中川宗一郎

曽根中A(福岡) 3-1 山武中(千葉)
(先)宮本壮×引分×近藤耀聖
(次)竹本圭吾〇肩固(0:57)△大塚元太
(中)谷口斗唯△優勢[僅差]〇伊澤直乙斗
(副)佐藤晴輝〇内股(0:08)△山田亮介
(大)川原力〇大内刈(0:23)△内田勝星

田主丸中(福岡) 4-0 本庄東中(埼玉)
(先)桑原雅弥〇内股(2:47)△根岸賢汰
(次)石崎大河〇払腰(1:29)△佐俣麟音
(中)重松泰進〇隅落(2:52)△関口慶紀
(副)柳侑冶〇優勢[技有]△吉田拓海
(大)立石磨那斗×引分×木村圭蔵

埼玉栄中A(埼玉) 4-0 藍住中(徳島)
(先)磯野隆太郎〇横四方固(1:47)△志宇知稜斗
(次)西山一心×引分×三ツ石大剛
(中)粂田和樹〇小外掛(1:04)△近藤光琉
(副)新井道大〇内股(0:19)△吉田守利
(大)坂口稜〇袈裟固(1:01)△紙永雄大

【準々決勝】

足利第一中 3-2 A田島中
(先)深澤一矢〇内股(1:06)△高橋光永
(次)蓬田湧馬△優勢[僅差]〇板東新
(中)内藤智〇支釣込足(0:25)△千田隆雅
(副)齋五澤凌生〇内股(1:33)△髙橋翔
(大)萩原魁聖△袈裟固(0:30)〇井田翔大

東海大相模中 4-0 高川学園中A
(先)服部辰成〇内股(2:21)△川口大輝
(次)中見岳〇大内刈(1:08)△中原惇
(中)木原慧登〇上四方固(0:58)△山本昇岳
(副)田中詩音×引分×?田遼太郎
(大)金杉元太〇大内刈(0:52)△末冨晴斗

望海中 2-1 曽根中A
(先)顕徳海利〇大外刈(1:23)△宮本壮
(次)髙森和△合技(1:45)〇竹本圭吾
(中)永澤慎悟〇反則[指導3](2:28)△谷口斗唯
(副)中村乾渡×引分×佐藤晴輝
(大)村瀬浩樹×引分×川原力

埼玉栄中A 3-0 田主丸中
(先)磯野隆太郎〇合技(2:57)△桑原雅弥
(次)西山一心×引分×石崎大河
(中)粂田和樹×引分×重松泰進
(副)新井道大〇大外刈(0:19)△柳侑冶
(大)坂口稜〇払腰(0:14)△立石磨那斗


【準決勝】

東海大相模中 4-1 足利第一中A
(先)服部辰成〇大外刈(1:32)△深澤一矢
(次)中見岳〇優勢[技有・払腰]△蓬田湧馬
(中)木原慧登〇小外刈(0:45)△内藤智
(副)田中詩音△優勢[技有・内股]〇齋五澤凌生
(大)金杉元太〇小外刈(0:10)△萩原魁聖

望海中 3-0 埼玉栄中A
(先)顕徳海利〇優勢[技有・体落]△磯野隆太郎
(次)髙森和〇優勢[技有・一本背負投]△西山一心
(中)永澤慎悟×引分×粂田和樹
(副)中村乾渡〇小外刈(0:43)△新井道大
(大)村瀬浩樹×引分×坂口稜

【決勝】

望海中 3-2 東海大相模中
(先)顕徳海利△優勢[技有・小外掛]〇服部辰成
(次)髙森和〇合技[内股・浮落](0:53)△中見岳
(中)永澤慎悟△合技[内股・崩袈裟固](1:29)〇木原慧登
(副)中村乾渡〇払腰(1:14)△田中詩音
(大)村瀬浩樹〇一本背負投(2:42)△金杉元太

※記事、記録、写真の無断転載、転用を禁じます。

※ eJudoメルマガ版3月24日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る