PAGE TOP ↑
eJudo

第41回全国高等学校柔道選手権・女子個人戦5階級ひとこと展望

(2019年3月18日)

※ eJudoメルマガ版3月18日掲載記事より転載・編集しています。
第41回全国高等学校柔道選手権・女子個人戦5階級ひとこと展望
文責:eJudo編集部
※3月17日時点の情報を基に作成しています

■ 48kg級 優勝候補は古賀若菜、中馬梨歩が一騎打ちを挑む
eJudo Photo
インターハイ連覇、講道館杯でも決勝まで進んだ古賀若菜

優勝候補筆頭は古賀若菜(南筑高)。昨夏のインターハイで連覇を達成、11月の講道館杯ではもとワールドマスターズ王者遠藤宏美(ALSOK)、全日本選抜体重別王者山﨑珠美(自衛隊体育学校)らシニアの一線級を倒して驚きの決勝進出を果たしている。大内刈に担ぎ技、スピード豊かな寝技を駆使して高校選手権初制覇を狙う。

カデとジュニアに40kg級、44kg級という下位階級があるゆえ形上強化選手の多い(D強化まで入れると6人、中学決勝進出者が2人)階級だが、敢えて1人ライバルを挙げるとすれば、全日本ジュニア3位の中馬梨歩(国分中央高)ただ1人に絞られるのではないか。こちらは体の強さをベースに相手を塗りつぶすような迫力ある柔道が持ち味。昨年の全日本カデ、全九州高校大会では直接対決で古賀を破っている。両者の決勝対決に期待だ。

■ 52kg級 藤城心と白石響の二強構図
eJudo Photo
藤城心が第1シードに配された

昨年度大会3位、直後の全日本カデでも優勝した藤城心(富士学苑高)が第1シード。インターハイ48kg級で2位入賞の白石響(熊本西高)が第2シードに配され、この2人の対決がトーナメントを貫く軸、と主催者にも認められた格好だ。大舞台に強い藤城は練れた進退としぶとい寝技で勝ちを重ねる安定感あるタイプ、白石はパワーと組み力の強い型だ。
他選手は、ここ最近目立った成績を残せておらず、高校カテゴリ以上の上位進出者は昨年度大会ベストの前川夏海(福井工大福井高)くらい。今大会を出世のきっかけとすべく、全国の強豪が虎視眈々上位を狙う混戦と規定しておきたい。

■ 57kg級 岡田恵理佳がV候補筆頭
eJudo Photo
インターハイ優勝、講道館杯でも3位入賞の岡田恵理佳

岡田恵理佳(立命館宇治高)が優勝候補筆頭。昨年は全日本カデに引き続きインターハイも制覇。どころか11月の講道館杯では社会人選手2人を投げてなんと3位入賞を果たし、カテゴリを越えた存在感を放っている。
追うのはそれぞれ第2、第3シードに配された袴田佳奈瑚(藤枝順心高)と新名彩乃(夙川学院高校)の全日本D強化選手2名。袴田は昨年度大会、全日本カデと続けて3位に入賞。1年生の新名はカデで準優勝を果たしている。新名は身長170センチの長身、組み手や状況の積み上げは決して得手ではないが、技の切れ味は凄まじいものがある。形さえ出来れば非常に面白い。

強化選手という観点ではこの3名までだが、ダークホースとして中水流りり(渋谷教育学園渋谷高)の名前を挙げておきたい。技の切れ味抜群、柔道の気風の良さと一撃の威力なら上記3名に迫る、あるいは超えるものがある。

ほか、込山未菜(相洋高)、中橋優香(創志学園高)などこの階級は期待の選手多し。組み合わせは最初に挙げた岡田、袴田、新名の山が分かれ、岡田が準々決勝で中水流と対決、新名が初戦で中橋、次戦で込山と戦うことになる。

■ 63kg級 本命なき混戦階級、第1シードは山口葵良梨
団体戦レギュレーションに嵌る階級だが、これぞ絶対の優勝候補と言い切れる選手はいない。間違いなく混戦である。

高校カテゴリの実績から有望選手を挙げていくと、昨年度大会3位でインターハイベスト8の山口葵良梨(大牟田高)がまず第1シードということになる。九州新人大会決勝では同県の宮崎七海(敬愛高)の後塵を拝しているが、今回のトーナメントの牽引役はこの人としておくべきだろう。続いて高校選手権、あるいはインターハイでベスト8の実績がある小斉穂奈美(富士学苑高・インターハイ5位)、渋谷萌々音(埼玉栄高・高校選手権5位)、古城菜南美(国分中央・高校選手権5位)の3名。主催者もここまでを一種機械的にシード選手に置いている。これに団体戦で存在感を示している畑田暁菜(夙川学院高)、中学時代に全試合一本勝ちで全国優勝を果たした小山遥佳(大成高)、同準優勝の本田詩乃(広島皆実高)までを挙げて有力選手紹介としておきたい。

■ 無差別 皇后盃出場者3人の豪華陣容、優勝候補筆頭は米川明穂
eJudo Photo
第1シードに座る米川明穂

「四つ角」シードに皇后盃全日本女子柔道選手権(4月21日、横浜文化体育館)進出者が3人。第1シードの米川明穂(藤枝順心高)、第3シードの朝飛真実(桐蔭学園高)、第4シードの桑形萌花(夙川学院高)だ。第2シード配置の黒田亜紀(富士学苑高)はこの大会の団体戦を見据えて敢えて予選出場を見送ったが、これに値する実力あり。なかなかの陣容のトーナメントである。

優勝候補は昨年度大会無差別とインターハイ78kg超級で2位入賞を果たしている米川。これを前述3名が追いかける形ということになる。組み合わせ的には山が綺麗に分かれたこの有力4名にそれぞれ刺客が配され、米川には松本りづ(大成高)、桑形には佐藤星麗七(埼玉栄高)、黒田には丸山みかの(敬愛高)、朝飛には八巻衣音(広陵高)がそれぞれ準々決勝で配されている。このシード8選手の戦いを追いかければほぼトーナメントは掌握できるかという様相。

ひときわ興味を惹かれるのは、米川と桑形が戦う準決勝。両者は翌日の団体戦準決勝での対戦が濃厚、「引き分けなし、必ず勝たねばならない」というバックグランドを持つ個人戦は団体戦とは戦い方が違うが、それでも結果・内容で翌日の展望は大きく変わる。見逃せない一番。

体格、そして過去実績から優勝候補は米川としておかざるを得ないが、ひときわ注目すべきは70kg級の強者朝飛真実。皇后盃関東予選では昨年度皇后盃本戦3位の井上舞子(淑徳大)を鮮やかな内股「一本」に仕留めており、むしろこの人の適性は無差別戦にあるのではと思わせるほど。大型の八巻衣音との準々決勝は楽しみだ。

※ eJudoメルマガ版3月18日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る