PAGE TOP ↑
eJudo

第41回全国高等学校柔道選手権・男子個人戦5階級ひとこと展望

(2019年3月18日)

※ eJudoメルマガ版3月18日掲載記事より転載・編集しています。
第41回全国高等学校柔道選手権・男子個人戦5階級ひとこと展望
文責:eJudo編集部

※3月17日時点の情報を基に作成しています

■ 60kg級 連覇狙う近藤隼斗がV候補筆頭
eJudo Photo
高校選手権とインターハイを制した近藤隼斗

昨年、全国高校選手権とインターハイをともに優勝するという偉業を成し遂げた近藤隼斗(佐賀工高)が大本命。体の強さを全面に押し出した豪快な腰技に担ぎ技、これを餌に撒いての大外刈とどんな体勢からでも一発決めんとする「投げ」へのこだわりは尋常ならず。スコアに差のつきにくい軽量級にあって、全ての選手に狙われながら、それでも投げて試合を決め続けるあの圧倒的な柔道を今回も見せてくれるか。
ライバルは昨年度大会で近藤と準決勝を戦った福田大晟(比叡山高)。素早く、柔らかい進退が印象的な業師で、昨年の全日本カデでは55kg級で優勝を勝ち取っている。
気風の良い柔道で全国中学大会を制した1年生・辻岡慶次(大成高)にも注目。順当に試合が進めば、近藤は準決勝で辻岡とマッチアップ。福田は3回戦で九州王者の中島瑞貴(西日本短大付高)、準決勝ではもと66kg級の高田顕矢(足立学園高)の挑戦を受ける。

■ 66kg級 混戦階級、田中龍馬と唯野己哲が優勝争いの軸
eJudo Photo
全日本カデ王者の田中龍馬

昨年の全日本カデ王者・田中龍馬(佐賀商高)が優勝争いの軸。どこからでも技を繰り出す柔らかさとしぶとさ、際の強さで勝負するしぶとい選手のイメージが強かったが、今年は投げ一撃の威力を盛って一段逞しさを増した感あり。試合巧者でもあり、早い段階で食われることは考え難い。
人材の集まりやすいこの階級としては珍しく以降は混戦。対抗馬には唯野己哲(木更津総合高)を挙げておきたい。動き鋭く、重心低く、勝負度胸あり。両者は山が分かれ、対戦あるとなれば決勝だ。ほか、形上第2シード位置に配された佐々木太朗(桐蔭学園高)は団体戦における東海大相模打倒の立役者、重量選手と真っ向から組めるだけの組み力と組手のうまさがある。勢いに乗って上位進出を目指したい。

■ 73kg級 投技切れる天才肌が競演、北條嘉人、田中裕大ら頂点伺う
eJudo Photo
強豪多数、北條嘉人が優勝候補の一角を張る

魅力的な人材が揃った。抜群の身体能力と勝負度胸で団体戦でもエース格の北條嘉人(木更津総合高)が激戦区千葉を勝ち抜いて全国大会に登場。担ぎ技はもちろん、裏投や小外掛などここ一発の大技も威力抜群。その千葉出身の田中裕大(大牟田高)は福岡の地でさらに成長、昨夏のインターハイではベスト8に進み、九州新人大会も当たり前のように制していよいよ今大会で初の全国制覇を狙う。技の切れ味は全国屈指。

旭征哉(つくば秀英)も投げの切れ味と気風の良い柔道という文脈に連なる強者。しぶとい前後の技で勝負する有馬雄生(東海大相模高)、急成長の島本真司郎(日体大荏原高)にも注目しておきたい。

組み合わせはこれら強豪が比較的綺麗に分かれた形。北條、そしてこれまで組み合わせに恵まれなかった田中とも準決勝までは視界良好。北條はここで有馬―吉野天成(延岡学園高)―島本の勝者と、田中は旭とのマッチアップが濃厚だ。

■ 竹市大祐が2連覇狙う、強豪詰め込まれたDブロックは大会随一の激戦区
eJudo Photo
連覇を狙う竹市大祐

有力選手ぎっしりの、人材多き激戦階級。連覇を狙う竹市大祐(大牟田)は第1シード配置で戦いやすい山に配されたが、右側の山、特に右下Dブロック上段に凄まじい密度で強豪が置かれた。

この山でシードを受けたのは大竹龍之介(大成高)だが、直下にあるいは今代の目玉ではと前評判高い五十嵐勁太(羽黒高)が配された。ここを勝ち抜くと続く3回戦では東京代表の増地遼汰朗(安田学園高)と全日本カデ3位に鎌田直人(高知高)の勝者とマッチアップせねばならないという過酷な山である。

右側上、第2シード位置には菅原幸大(柴田高)が置かれ、初戦で藤野雄大(東海大浦安高)と本原颯人(東海大仰星高)のいずれか、勝てば澤口宗志(白鴎大足利)と片山雄心(田村高)の好選手対決の勝者が待ち受け、続く準々決勝は杉本将一朗(北海高)と小畑大樹(佐賀商高)のいずれかとマッチアップせねばならない。トーナメント左右の偏りは、まさに「天国と地獄」だ。

優勝候補は竹市。袖を抑えれば袖釣込腰、抱きつけば小外掛とどんな形からでも技が飛び出すオールラウンダーで、歩留まり良く、その一方で攻撃力も高い。ライバルは中学時代から次代の覇者と期待された大物・菅原だが、こちらは竹市とは対照的に、きちんと組めれば力を出せるというクラシックスタイルの天才肌で対戦相性に左右される割合が大きい。菅原は気風の良い選手が揃うであろう準々決勝、準決勝の上位対戦まで勝ち抜ければ逆に力を発揮出来そうだが、まず序盤戦をしっかり戦いたい。

■ 無差別 いきなりの山場、高橋翼と福永夏生が2回戦で激突
eJudo Photo
作陽のモンスター・高橋翼は激戦区に配置

3階級混合で争うこのカテゴリも、有望人材が多い非常に面白い階級。

優勝候補として前評判が高いのは森健心(大牟田高)と高橋翼(作陽高)の2名だが、組み合わせは明暗。高橋の序盤戦に山場が組まれた。第2シードの福永夏生(崇徳)といきなり2回戦で対戦し、3回戦では鈴木直登(田村高)とマッチアップが濃厚。上位への野心に燃える好選手たちをモンスター・高橋が呑み込んでいく序盤戦となりそうだ。

組み合わせはこの高橋ら右上ブロックのほか、左下にも序盤に好カードあり。東京代表のグリーンカラニ海斗(日体大荏原高)と井上直弥(天理高)のスケール感豊な2人が2回戦で相まみえ、勝者は酒井晃輝(福井工大福井高)とベスト8入りを掛けて戦うことになる。このグリーン-井上-酒井ブロックの上側の山には、近畿大会王者の中村雄太(東海大仰星)という役者あり。中村は初戦で超級の好選手松田新太(國學院栃木高)とマッチアップ、ここをしっかり勝って準々決勝に待ち受ける激戦ブロックの勝者との対決に備えたい。

森のブロックは比較的穏やか。森自身は3回戦で金澤聡瑠(木更津総合高)との対戦があり、これはなかなかの注目カード。準々決勝で森と争うブロックでは、山野井爽(埼玉栄高)と寺島悠太(津幡高)の2回戦という好カードも組まれている。才能を高く評価されながら高校入学以来少々精彩を欠く寺島、このあたりで存在感を見せておきたい。

他にも好カード続出であるが、現時点では森と高橋の決勝進出濃厚と読んでおきたい。
森は出てくる相手には足技の一撃、足技を怖れる相手は腰を下げさせて大技で仕留めるという業師。一方の高橋は対照的に、体格を利して間合いを詰めては小外掛や裏投の一発技を放つパワー派である。高橋が組み手のやり取りを拒否し、これもしぶとい寝勝負に狙いを定めた密着勝負に出れば森が展開を取ることは難しいかと思われる。現時点では高橋有利と読んでおきたい。

※ eJudoメルマガ版3月18日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る