PAGE TOP ↑
eJudo

[速報]泉真生が好調アギアールを破り優勝、稲森奈見は初戦敗退に終わる・グランドスラムエカテリンブルク2019最終日女子

(2019年3月18日)

※ eJudoメルマガ版3月18日掲載記事より転載・編集しています。
[速報]泉真生が好調アギアールを破り優勝、稲森奈見は初戦敗退に終わる
グランドスラムエカテリンブルク2019最終日女子(78kg級、78kg超級)
eJudo Photo
78kg級決勝、泉真生がマイラ・アギアールから送襟絞「一本」

ロシア・エカテリンブルクで開催されているグランドスラム・エカテリンブルク大会は17日、最終日を迎え、男女合わせて5階級の競技が行われた。女子は78kg級で泉真生(山梨学院大4年)、78kg超級でマリア=スエレン・アルセマン(ブラジル)が優勝を飾った。

78kg級の泉は全試合一本勝ちでのタイトル獲得。決勝では、優勝した2月のグランドスラム・デュッセルドルフに続いて好調な戦いぶりを見せていたマイラ・アギアール(ブラジル)を、送襟絞「一本」で破った。もう1人の日本代表、髙山莉加は準々決勝でアギアールに苦杯。しかし、ここから敗者復活戦でオドレイ・チュメオ(フランス)、3位決定戦でナタリー・パウエル(イギリス)と強豪に連勝して表彰台は確保した。

78kg超級のアルセマンも全試合一本勝ち(相手の反則1つを含む)での湯勝。決勝ではアン=ファトゥメタ・ムバイロ(フランス)に小外掛「技有」を先行されるも、そこから払巻込と大内刈で2つの「技有」を奪って勝利を決めた。日本代表の稲森奈見(三井住友海上)は1回戦でラリサ・セリッチ(ボスニア・ヘルツェゴビナ)にGS延長戦での払巻込「技有」で敗れた。

各階級の入賞者と準々決勝以降の結果、日本代表選手の勝ち上がりは下記。

■ 78kg級
eJudo Photo
78kg級メダリスト。左からマイラ・アギアール、泉真生、ベルナデッテ・グラフ、髙山莉加。

(エントリー18名)

【入賞者】
1.IZUMI, Mao (JPN)
2.AGUIAR, Mayra (BRA)
3.GRAF, Bernadette (AUT)
3.TAKAYAMA, Rika (JPN)
5.BABINTSEVA, Aleksandra (RUS)
5.POWELL, Natalie (GBR)
7.SHMELEVA, Antonina (RUS)
7.TCHEUMEO, Audrey (FRA)

【準々決勝】
ナタリー・パウエル(イギリス)○横車(2:08)△アレクサンドラ・バビンツェワ(ロシア)
泉真生○大外刈(3:19)△アントニーナ・シュメレワ(ロシア)
マイラ・アギアール(ブラジル)○体落(0:23)△髙山莉加
ベルナデッテ・グラフ(オーストリア)○GS反則[指導3](GS0:08)△オドレイ・チュメオ(フランス)

【敗者復活戦】
アレクサンドラ・バビンツェワ(ロシア)○優勢[技有・内股透]△アントニーナ・シュメレワ(ロシア)
髙山莉加○反則[指導3](3:57)△オドレイ・チュメオ(フランス)

【準決勝】
泉真生○内股(3:23)△ナタリー・パウエル(イギリス)
マイラ・アギアール(ブラジル)○優勢[技有・小内刈]△ベルナデッテ・グラフ(オーストリア)

【3位決定戦】
ベルナデッテ・グラフ(オーストリア)○合技[隅落・隅落](3:23)△アレクサンドラ・バビンツェワ(ロシア)
髙山莉加○袈裟固(2:27)△ナタリー・パウエル(イギリス)

【決勝】
泉真生○送襟絞(3:54)△マイラ・アギアール(ブラジル)

【日本代表選手勝ち上がり】

泉真生(山梨学院大4年)
成績:優勝


[2回戦]
泉真生○払腰(2:03)△カレン・スティーフェンソン(オランダ)

[準々決勝]
泉真生○大外刈(3:19)△アントニーナ・シュメレワ(ロシア)

[準決勝]
泉真生○内股(3:23)△ナタリー・パウエル(イギリス)

[決勝]
泉真生○送襟絞(3:54)△マイラ・アギアール(ブラジル)

髙山莉加(三井住友海上)
成績:3位


[2回戦]
髙山莉加○腕挫十字固(3:18)△アレナ・カチョロフスカヤ(ロシア)

[準々決勝]
髙山莉加△体落(0:23)○マイラ・アギアール(ブラジル)

[敗者復活戦]
髙山莉加○反則[指導3](3:57)△オドレイ・チュメオ(フランス)

[3位決定戦]
髙山莉加○袈裟固(2:27)△ナタリー・パウエル(イギリス)

■ 78kg超級
eJudo Photo
78kg超級メダリスト。左からアン=ファトゥメタ・ムバイロ、マリア=スエレン・アルセマン、サンドラ・ヤブロンスキーテ、ホシェリ・ヌネス。

(エントリー16名)

【入賞者】
1.ALTHEMAN, Maria Suelen (BRA)
2.M BAIRO, Anne Fatoumata (FRA)
3.JABLONSKYTE, Sandra (LTU)
3.NUNES, Rochele (POR)
5.SOUZA, Beatriz (BRA)
5.CERIC, Larisa (BIH)
7.ADLINGTON, Sarah (GBR)
7.SAVELKOULS, Tessie (NED)

【準々決勝】
ラリサ・セリッチ(ボスニア・ヘルツェゴビナ)○反則[指導3](2:59)△サンドラ・ヤブロンスキーテ(リトアニア)
アン=ファトゥメタ・ムバイロ(フランス)○三角絞(1:30)△サラ・アドリントン(イギリス)
マリア=スエレン・アルセマン(ブラジル)○反則[指導3](2:56)△ホシェリ・ヌネス(ポルトガル)
ベアトリス・ソウザ(ブラジル)○反則[指導3](2:57)△テッシー・サフェルコウルス(オランダ)

【敗者復活戦】
サンドラ・ヤブロンスキーテ(リトアニア)○合技[小外刈・崩上四方固](3:03)△サラ・アドリントン(イギリス)
ホシェリ・ヌネス(ポルトガル)○隅落(0:30)△テッシー・サフェルコウルス(オランダ)

【準決勝】
アン=ファトゥメタ・ムバイロ(フランス)○棄権(3:41)△ラリサ・セリッチ(ボスニア・ヘルツェゴビナ)
※負傷による
マリア=スエレン・アルセマン(ブラジル)○裏投(0:45)△ベアトリス・ソウザ(ブラジル)

【3位決定戦】
サンドラ・ヤブロンスキーテ(リトアニア)○合技[払巻込・崩袈裟固](0:58)△ベアトリス・ソウザ(ブラジル)
ホシェリ・ヌネス(ポルトガル)○不戦△ラリサ・セリッチ(ボスニア・ヘルツェゴビナ)

【決勝】
マリア=スエレン・アルセマン(ブラジル)○GS合技[払巻込・大内刈](GS3:06)△アン=ファトゥメタ・ムバイロ(フランス)

【日本代表選手勝ち上がり】

稲森奈見(三井住友海上)
成績:1回戦敗退


[1回戦]
稲森奈見△GS技有・払巻込(GS2:49)○ラリサ・セリッチ(ボスニア・ヘルツェゴビナ)

※ eJudoメルマガ版3月18日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る