PAGE TOP ↑
eJudo

「予想通りでは面白くない、会場を沸かす『何か』を起こして優勝を目指す」第41回全国高等学校柔道選手権男子有力校インタビュー③日体大荏原高・小久保純史監督

(2019年3月15日)

※ eJudoメルマガ版3月12日掲載記事より転載・編集しています。
「予想通りでは面白くない、会場を沸かす『何か』を起こして優勝を目指す」
第41回全国高等学校柔道選手権男子有力校インタビュー③日体大荏原高・小久保純史監督
男子有力校インタビュー、第3回目は日体大荏原高・小久保純史監督に話をお聞きした。同校は東京都第3代表ながら今大会は堂々の「四つ角」、それも第3シードにピックアップ。12月の松尾杯では作陽高(岡山・今大会は第4シード)を倒し、今代優勝候補筆頭の国士舘高には2敗しているものの松尾杯決勝では0-1、東京都予選準決勝では1人差リードでエース斉藤立を引っ張り出すなどいずれも大接戦を演じている。明らかに上り調子の同校、大会直前の様子やいかに。

聞き手:古田英毅

*        *        *

eJudo Photo
日体大荏原高・小久保純史監督

―チームの状況、雰囲気はいかがですか?

島本(真司郎)が風邪を引いていて2日前に戻って来たのですが、逆に言えば離脱はそれくらい。大きな怪我もなく、順調に来ていると思いますよ。夏くらいからずっと大学生と稽古しているんですが、ここに来て大学生を投げるものが増えて来た。手ごたえがあるのか全体の雰囲気も良く、彼らがいまの時点で高校の一線級と戦うとどうなるのか非常に楽しみです。

―ここに来て伸びている、目立つ選手は?

海堀(陽弥)ですね。唯一1年生で選手に入っていて、夏、そして招待試合シリーズくらいまでは足を引っ張ってしまうような雰囲気があったんですがここに来て急成長。間に合うかなと思っています。正選手にふさわしい力をつけた。この突き上げはチームにとってかなり大きいですね。

―都大会でも海堀選手の成長を感じる場面が多々ありました。無差別代表のグリーンカラニ海斗選手はいかがですか?

最近はやっぱりいいですね。大学生と一本勝負をやらせてもだいぶ勝てるようになってきて、驚いています。入学して来た時、また昨年の夏あたりと比べるともう別の選手です。

―彼はどんな子ですか?読者にぜひご紹介ください。

純粋ですね。まっすぐで裏がない。とにかく悪気なく積極的なので「この場面でそれを言うか?」みたいなこともまた多いんですが(笑)、それが良い方に出ている。素直で、「誰の指導でも聞く」んですよ。他のチームの選手にも平気で技を聞きに行くし、自分が試合に負けたばかりの子にも話しかけたりするんです。こういう子だから、大学に練習にいっても先輩たちが皆いい稽古をしてくれる。力一杯向かっていって、投げられると「やられました!」と叫んでね。だから可愛がられているし、「やろうぜ」と大学生がたくさん声を掛けてくれる。先輩の藤原(崇太郎)や長井(晃志)、それに阿部一二三選手なんかによく稽古をつけてもらっています。

―平山選手はいかがですか?

キャプテンになったんですよ。うちは3年生のキャプテンと2年生の新キャプテンが被る時期があって、早いときは11月、遅ければ3月までかけて、その代のチームの状況と人間的な適性を見極めて主将を決めます。都大会が終わって、全国大会の壮行会のときに彼をキャプテンに指名しました。もともとリーダーシップがある子なんですが、主将になるとこれを堂々発揮することになって、「ちょっと疲れてるな」と見たときや必要だと思った時には練習中でも止めて全体を集めて話し合ったり、彼の個性がチームをいい方向に向かわせてくれていると感じます。

―お聞きすると、雰囲気の良さが随所に感じられますね。

いじめっ子みたいなのがいないんですよ。寮生活では、私はもっと厳しくしてもいいのではと思う場面もあるんですが、上級生が下級生をあまり怖がらせていない。のびのびやる中で頭角を現す選手がいるという印象で、海堀ら1年生の成長にはこういうことも影響しているのかなと思います。

―グリーン選手、平山選手の2人以外は入れ替えながら戦って来た印象ですが、藤原秀奨選手まではメンバー固定と見ていいんでしょうか?

島本も個人戦で代表を決めて以降非常にしぶとくなってきているので、藤原、島本、海堀、山城(和也)をシャッフルしながら戦う形になります。重い選手、しぶとい選手、素早い選手とそれぞれ得意不得意がありますので、相手をよく見極めてですね。

―組み合わせもかなり歯ごたえがあります。

はい。初戦からずっと、どのチームも必ず1人はこれぞというポイントゲッターがいるチームばかりとの対戦になりそうですし、抜き勝負でもありますのでその1枚に仕事をさせてしまうと厳しい戦いになる。きちんと向き不向きを見極めてメンバーを入れ替え、しっかり、消耗なく戦っていきたいと思っています。

―キーマンは?

グリーンと平山の2人はもちろんですが、藤原がどういう戦いをしてくれるかですね。どんどん技を掛けるタイプでもあり、また、取るか取られるかの思い切った柔道をするタイプでもある。これはいい方に出るとチームが非常に乗る。流れを切り開ける選手、突破口を切り開ける選手だと思っていますので、「いい方」に期待したいですね。

―さきほど仰った通り、組み合わせは骨太。勝ち上がりの中で心掛けることは?

まずはきっちり戦うこと。先ほどお話した通りどのチームにも核になる危険な選手がいますので、組み手をしっかり、前で先行すること。あとは、ちょっとおかしな話かもしれませんが、1人だけで頑張り過ぎないことです。都大会では安田学園戦で藤原が1人でやりきって疲労してしまい、直後の第3代表決定戦のオーダー編成にかなり影響が出ました。しっかり仕事をして、リードを作って「繋ぐ」。これを大事にして戦うようにしたいですね。

―シード順通りに試合が進むと、準決勝は大牟田高校との戦いになります。

去年からずっと強いと言われて来たチーム。優勝候補ですね。森健心選手、竹市大祐選手とうまさのあるスーパースターが2枚いる。彼らを相手にどこまでやれるかというところですが、それこそ彼らに対応するため、戦うために大学に出稽古を繰り返して来たわけですから。まだ対戦したことがないので、今これだけ強くなった中でどんな戦いが出来るのか、非常に楽しみです。前評判では優勝候補は国士舘、対抗馬は大牟田という2強。しかし、そのまま予想通りに進んでは面白くないじゃないですか。会場を沸かせたい、何か起こしてやりたいですね。そのためにしっかり研究はしています。

―第1シードの国士舘高校とは、この代に限らず毎回接戦を演じる関係です。都大会決勝では手ごたえを感じたのでは?

とはいえ、インターハイと違って抜き勝負ですから。斉藤立選手の存在は本当に大きいです。既に彼はシニアの世界にいる。レベルが違います。かといって、戦う以上無理とは言えません。彼以外の選手に関して言えば、メンタルの面を含めて決して隙がないわけではない。そこに付け込んで、選手を残せるだけ残せるように戦いたい。互いに技も戦い方もわかっている関係のやりやすさも難しさもありますが、イーブンではなく都大会(※編集部註:1人差リードで大将・斉藤立を畳に迎えた)プラス1、プラス2のスコアでいけるように、研究は十分しています。

―最後に一言、大会に向けて決意の言葉をお願いします。

もちろん出るからには優勝目指して、全員柔道で頑張ります。必ずチャンスはあります。メンタルだけは絶対に負けない。頑張ります。


※インタビューは3月14日に行われました

※ eJudoメルマガ版3月12日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る