PAGE TOP ↑
eJudo

尾原琢仁が初優勝、七戸龍は9度目の本戦出場決める・平成31年全日本柔道選手権九州地区予選

(2019年3月10日)

※ eJudoメルマガ版3月10日掲載記事より転載・編集しています。
尾原琢仁が初優勝、七戸龍は9度目の本戦出場決める・平成31年全日本柔道選手権九州地区予選
第61回九州柔道選手権
eJudo Photo
優勝の尾原琢仁
※写真は2018年全日本実業個人選手権時

平成31年全日本柔道選手権の九州地区予選を兼ねる第61回九州柔道選手権が10日、久留米アリーナ(福岡県久留米市)で各県代表の計36名が集って行われ、尾原琢仁(旭化成)が優勝を飾った。昨年の全日本実業柔道個人選手権100kg超級を制した尾原はこれが九州選手権初優勝、平成28年大会以来3年ぶりの本戦出場。

ほか、2位の垣田恭兵(旭化成)、3位の七戸龍(九州電力)と石内裕貴(旭化成)、5位の上林山裕馬(福岡県警察)と郡司拳佑(旭化成)の計7名が全日本選手権本戦進出を決めた。一昨年の本戦で3位に入賞している七戸はこれで9度目の全日本出場。

上位入賞者と全試合の結果は下記。

【入賞者】
(エントリー36名)
優 勝:尾原琢仁(旭化成)
準優勝:垣田恭兵(旭化成)
第三位:七戸龍(九州電力)、石内裕貴(旭化成)
第五位:上林山裕馬(福岡県警察)、郡司拳佑(旭化成)

※上記5名が全日本柔道選手権進出

【1回戦】

森内椋平(熊本県警察)〇GS反則[指導3](GS1:55)△伊禮俊(沖縄刑務所)
吉野宏人(鹿屋体育大)〇小外刈(2:30)△漢那宗樹(沖縄県警察)
吉野敦哉(鹿屋体育大)〇優勢[有効・小内刈]△渡邊大樹(熊本県警察)
安部光太(西日本短大附高)〇大内刈(3:14)△平良賢人(沖縄大)

【2回戦】

垣田恭平(旭化成)〇反則[指導3](3:24)△森内椋平(熊本県警察)
古田卓也(福岡県警察)〇合技[一本背負投・出足払]△後藤忠将(大分県警察)
藤原浩司(長崎県警察)〇GS横四方固(GS0:58)△川野義文(東海大)
井上貴博(佐賀県警察)〇優勢[有効・内股]△竹下将樹(鹿屋体育大)

七戸龍(九州電力)〇大内刈(1:06)△深川雄貴(佐賀県警察)
山本悠司(旭化成)〇GS反則[指導3]△(GS3:30)△田中雄平(長崎刑務所)
杉山良太(熊本県警察)〇小内巻込(3:12)△西岡嵩光(戸高鉱業社)
郡司拳佑(旭化成)〇GS小内刈(GS0:35)△吉野宏人(鹿屋体育大)

上林山裕馬(福岡県警察)〇内股(0:17)△吉野敦哉(鹿屋体育大)
穴井航史(旭化成)〇優勢[技有・内股]△崎原永佑(沖縄県警察)
楢﨑誠(佐賀県警察)〇GS縦四方固(GS1:50)△平山隆博(柳ヶ浦高)
尾原琢仁(旭化成)〇浮落(3:34)△中村大悟(長崎県警察)

松本司(鹿児島情報高)〇GS技有・大内刈△塚本健太郎(熊本県警察)
中村一那(パーク24)〇不戦△安田知史(福岡県警察)
後藤凌(佐賀県警察)〇払腰(3:07)△中村優太(光仁会病院)
石内裕貴(旭化成)〇払腰(1:20)△安部光太(西日本短大附高)

【3回戦】

垣田恭平〇反則[指導3](3:58)△古田卓也
井上貴博〇横四方固(2:57)△藤原浩司

七戸龍〇GS反則[指導3](GS1:08)△山本悠司
郡司拳佑〇棄権(3:45)△杉山良太

上林山裕馬〇GS大外刈(GS1:00)△穴井航史
尾原琢仁〇小外掛(2:25)△楢﨑誠

中村一那〇背負投(1:03)△松本司
石内裕貴〇上四方固(2:14)△後藤凌

【準々決勝】

垣田恭平〇GS小外掛(GS0:54)△井上貴博
七戸龍〇大外刈(0:58)△郡司拳佑
尾原琢仁〇優勢[有効・大腰]△上林山裕馬
石内裕貴〇払腰(3:24)△中村一那

※勝者が全日本柔道選手権進出決定

【順位決定戦】

上林山裕馬〇優勢[技有・裏投]△井上貴博
郡司拳佑〇GS反則[指導3](GS6:55)△中村一那

※勝者が全日本柔道選手権進出決定

【準決勝】

垣田恭平〇不戦△七戸龍
尾原琢仁〇GS有効・大内返(GS1:22)△石内裕貴

【決勝】

尾原琢仁〇反則[指導3](3:47)△垣田恭平


記録提供:九州柔道協会

※ eJudoメルマガ版3月10日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る