PAGE TOP ↑
eJudo

[速報]佐藤和哉が優勝、高校生斉藤立は初の本戦出場権獲得・平成31年全日本柔道選手権東京地区予選

(2019年3月10日)

※ eJudoメルマガ版3月10日掲載記事より転載・編集しています。
[速報]佐藤和哉が優勝、高校生斉藤立は初の本戦出場権獲得・平成31年全日本柔道選手権東京地区予選
平成31年東京都柔道選手権
→全試合結果

eJudo Photo
準決勝、佐藤和哉が飯田健太郎から内股「技有」

全日本柔道選手権(4月29日、日本武道館)の東京地区予選を兼ねる平成31年東京都柔道選手権が10日、東京武道館(足立区)で124名の選手が参加して行われ、佐藤和哉(新日鐵住金)が優勝した。

佐藤は初優勝。準決勝で飯田健太郎(国士舘大)に内股「技有」による優勢で勝利、決勝は北野裕一(パーク24)から出足払「有効」に体落「技有」と連取、横四方固に繋いでの合技「一本」で優勝を決めた。試合後は「今日はやろうと思ったことがしっかり出来た。選抜体重別と全日本選手権本戦の2大会とも、原沢(久喜)先輩と決勝を戦いたい」と充実の表情だった。

上記の佐藤、北野、飯田の3人のほか、3位の上田轄麻(新日鐵住金)、ベスト8に進出した小川雄勢(明治大)、太田彪雅(東海大)、斉藤立(国士舘高)、一色勇輝(日本大)がこの日全日本選手権本戦への進出を決定。東京都からは前年度東京選手権準優勝者・熊代佑輔(ALSOK)と、2018年末の100kg超級ワールドランキング18位以上の規定を満たした影浦心(日本中央競馬会)の2人の推薦選手を合わせた計10名が本戦に進出する。

eJudo Photo
4回戦、斉藤立が後藤昌毅から大外刈「一本」。斉藤はこの一撃で全日本柔道選手権本戦進出決定。

ひときわ注目を集めた高校2年生の斉藤は初戦から4試合連続の一本勝ちと素晴らしい出来。大会前に負った手首の負傷もあって準々決勝以降の試合は棄権したが、見事初めての全日本選手権出場を決めた。3月生まれの斉藤は17歳1ヶ月で全日本選手権に出場することとなり、平成26年大会の香川大吾(当時崇徳高、17歳2か月)を抜いて史上最年少記録を更新。

小川と太田も代表権獲得後は棄権した。

入賞者と本戦進出選手、優勝者のコメント、4回戦(ベスト16)以降の結果は下記。

eJudo Photo
入賞者。左から一色勇輝、斉藤立、太田彪雅、小川雄勢、飯田健太郎、上田轄麻、北野裕一、佐藤和哉。

【入賞者】
(エントリー124名)
優 勝:佐藤和哉(新日鐵住金)
準優勝:北野裕一(パーク24)
第三位:上田轄麻(新日鐵住金)、飯田健太郎(国士舘大)
優秀賞:小川雄勢(明治大)、太田彪雅(東海大)、斉藤立(国士舘高)、一色勇輝(日本大)

※以上8名に加え、推薦選手2名が全日本柔道選手権進出
推薦選手:熊代佑輔(ALSOK)、影浦心(日本中央競馬会)

第一補欠(9位):二見省吾(國學院大)
第二補欠(10位):渡辺智斗(パーク24)

佐藤和哉選手のコメント
「東海地区から2度本戦に出て、その後はずっとここで勝てなかったので、この大会には少し苦手意識もありました。今日は調子が良かっただけでなく、決勝までしっかり集中してやりたいことが出来たと思います。落ち着いて組み手を進めて、先に掛ける。この大会は超級ばかりが相手ではないし、これまではむしろ軽い選手に苦戦していたこともあったので、足技をしっかり仕掛けて、先に攻めることを心掛けました。(-本戦への抱負をお願いします)原沢先輩と決勝を戦いたい。選抜体重別、全日本と2回決勝を戦うつもりで、初戦から突っ走っていきたいです」

【4回戦】

小川雄勢(明治大)〇優勢[技有・大内刈]△青柳大虎(練馬区柔道会・日本大)
上田轄麻(新日鐵住金)〇袈裟固(1:36)△伊藤好信(東海大)
太田彪雅(東海大)〇横四方固(1:05)△二見省吾(國學院大)
北野裕一(パーク24)〇巴投(3:00)△山下魁輝(国士舘大)

飯田健太郎(国士舘大)〇内股(0:16)△木下智貴(警視庁)
斉藤立(国士舘高)〇大外刈(0:23)△後藤昌毅(中央大)
佐藤和哉(新日鐵住金)〇GS大外刈(GS1:24)△渡辺智斗(パーク24)
一色勇輝(日本大)〇GS支釣込足(GS1:29)△西山大希(新日鐵住金)

【準々決勝】

上田轄麻〇不戦△小川雄勢
北野裕一〇不戦△太田彪雅
飯田健太郎〇不戦△斉藤立
佐藤和哉〇送足払(2:27)△一色勇輝

【補欠決定戦】

[1回戦]
青柳大虎〇優勢[技有・背負投]△伊藤好信
二見省吾〇不戦△山下魁輝
木下智貴〇肩固(2:03)△後藤昌毅
渡辺智斗〇不戦△西山大希

[2回戦]
二見省吾〇腕挫十字固(1:33)△青柳大虎
渡辺智斗〇支釣込足(1:27)△木下智貴

[3回戦]
二見省吾〇隅落(0:25)△渡辺智斗

【準決勝】

北野裕一〇優勢[有効・巴投]△上田轄麻
佐藤和哉〇優勢[技有・内股]△飯田健太郎

【決勝】

佐藤和哉〇合技[体落・袈裟固](2:20)△北野裕一

※ eJudoメルマガ版3月10日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る