PAGE TOP ↑
eJudo

[速報]朝比奈沙羅は決勝でオルティスに苦杯、78kg級濵田尚里は初戦で衝撃の「秒殺」負け・グランドスラムデュッセルドルフ2019最終日女子

(2019年2月25日)

※ eJudoメルマガ版2月25日掲載記事より転載・編集しています。
[速報]朝比奈沙羅は決勝でオルティスに苦杯、78kg級濵田尚里は初戦で衝撃の「秒殺」負け・グランドスラムデュッセルドルフ2019最終日女子
(78kg級、78kg超級)
→最終日女子プレビュー
→最終日女子全試合結果
→【eJudo’s EYE】ワールドツアー欧州シリーズ女子日本代表19人「採点表」

eJudo Photo
78kg超級決勝、イダリス・オルティスが担ぎ技をベースに朝比奈沙羅を攻める

eJudo Photo
78kg級決勝、マイラ・アギアールがアナ=マリア・ヴァグナーから大外刈「技有」

グランドスラム・デュッセルドルフ大会は24日、ISSドーム(ドイツ・デュッセルドルフ)で最終日の競技が行われ、78kg超級はイダリス・オルティス(キューバ)、78kg級はマイラ・アギアール(ブラジル)が優勝した。

オルティスは決勝で日本の朝比奈沙羅(パーク24)と対戦。このところの主戦武器である担ぎ技で競り合いから抜け出し、本戦3分42秒に朝比奈から3つ目の「指導」を獲得。「指導2」対「指導3」で、2週間前のパリ大会に続くグランドスラム2連勝を決めた。直接対決3連敗中のライバル素根輝(南筑高3年)がパリ大会で優勝を逃した直後、朝比奈にとって今大会は代表争いで巻き返す大きなチャンスだったが、あとわずかのところでミッション達成を逃した。

アギアールは準決勝までの全試合を一本勝ち、決勝は地元のアナ=マリア・ヴァグナー(ドイツ)を大外刈「技有」で下して2017年6月のグランプリ・カンクン以来8度目のワールドツアータイトルを獲得した。この階級の日本代表、2018年の世界王者濵田尚里(自衛隊体育学校)は1回戦で遥かに格下のアントニーナ・シュメレワ(ロシア)にまさかの一本負け。開始僅か11秒で放たれた大外刈に体を固めたまま棒のように吹っ飛び、入賞に絡めないまま畳を後にした。

各階級の入賞者と準々決勝以降の結果、日本代表選手全試合の結果は下記。

■ 78kg級
eJudo Photo
78kg級メダリスト。左からアナ=マリア・ヴァグナー、マイラ・アギアール、ベルナデッテ・グラフ、クララ・アポテカー。

(エントリー32名)

【入賞者】
1.AGUIAR, Mayra (BRA)
2.WAGNER, Anna Maria (GER)
3.GRAF, Bernadette (AUT)
3.APOTEKAR, Klara (SLO)
5.TCHEUMEO, Audrey (FRA)
5.POWELL, Natalie (GBR)
7.FABER, Christina (GER)
7.SHMELEVA, Antonina (RUS)

【準々決勝】
クララ・アポテカー(スロベニア)○合技[内股返・縦四方固](2:13)△クリスティーナ・ファベル(ドイツ)
マイラ・アギアール(ブラジル)○合技[一本背負投・横四方固](3:09)△ベルナデッテ・グラフ(オーストリア)
アナ=マリア・ヴァグナー(ドイツ)○GS技有・大内刈(GS0:51)△ナタリー・パウエル(イギリス)
オドレイ・チュメオ(フランス)○反則[指導3](3:13)△アントニーナ・シュメレワ(ロシア)

【敗者復活戦】
ベルナデッテ・グラフ(オーストリア)○腕挫十字固(0:58)△クリスティーナ・ファベル(ドイツ)
ナタリー・パウエル(イギリス)○払腰(1:19)△アントニーナ・シュメレワ(ロシア)

【準決勝】
マイラ・アギアール(ブラジル)○大内返(1:15)△クララ・アポテカー(スロベニア)
アナ=マリア・ヴァグナー(ドイツ)○合技[大外落・袈裟固](3:15)△オドレイ・チュメオ(フランス)

【3位決定戦】
ベルナデッテ・グラフ(オーストリア)○反則[指導3](3:10)△オドレイ・チュメオ(フランス)
クララ・アポテカー(スロベニア)○優勢[技有・引込返]△ナタリー・パウエル(イギリス)

【決勝】
マイラ・アギアール(ブラジル)○優勢[技有・大外刈]△アナ=マリア・ヴァグナー(ドイツ)

【日本代表選手勝ち上がり】

濵田尚里(自衛隊体育学校)
成績:1回戦敗退


[1回戦]
濵田尚里△大外刈(0:11)○アントニーナ・シュメレワ(ロシア)

■ 78kg超級
eJudo Photo
78kg超級メダリスト。左から朝比奈沙羅、イダリス・オルティス、マリア=スエレン・アルセマン、イリーナ・キンゼルスカ。

(エントリー27名)

【入賞者】
1.ORTIZ, Idalys (CUB)
2.ASAHINA, Sarah (JPN)
3.ALTHEMAN, Maria Suelen (BRA)
3.KINDZERSKA, Iryna (AZE)
5.CERIC, Larisa (BIH)
5.CHEIKH ROUHOU, Nihel (TUN)
7.TOLOFUA, Julia (FRA)
7.M BAIRO, Anne Fatoumata (FRA)

【準々決勝】
イダリス・オルティス(キューバ)○GS反則[指導3](GS1:07)△ジュリア・トロフア(フランス)
イリーナ・キンゼルスカ(アゼルバイジャン)○GS反則[指導3](GS0:41)△マリア=スエレン・アルセマン(ブラジル)
ラリサ・セリッチ(ボスニア・ヘルツェゴビナ)○GS合技[隅落・隅落](GS1:48)△アン=ファトゥメタ・ムバイロ(フランス)
朝比奈沙羅○横四方固(1:29)△ニヘル・シェイキ=ロウホウ(チュニジア)

【敗者復活戦】
マリア=スエレン・アルセマン(ブラジル)○裏投(0:40)△ジュリア・トロフア(フランス)
ニヘル・シェイキ=ロウホウ(チュニジア)○反則[指導3](2:18)△アン=ファトゥメタ・ムバイロ(フランス)

【準決勝】
イダリス・オルティス(キューバ)○片手絞(0:43)△イリーナ・キンゼルスカ(アゼルバイジャン)
朝比奈沙羅○膝車(0:34)△ラリサ・セリッチ(ボスニア・ヘルツェゴビナ)

【3位決定戦】
マリア=スエレン・アルセマン(ブラジル)○GS反則[指導3](GS1:14)△ラリサ・セリッチ(ボスニア・ヘルツェゴビナ)
イリーナ・キンゼルスカ(アゼルバイジャン)○大外巻込(1:19)△ニヘル・シェイキ=ロウホウ(チュニジア)

【決勝】
イダリス・オルティス(キューバ)○反則[指導3](3:42)△朝比奈沙羅

【日本代表選手勝ち上がり】

朝比奈沙羅(パーク24)
成績:2位


[2回戦]
朝比奈沙羅○優勢[技有・膝車]△ワン・ヤン(中国)

[準々決勝]
朝比奈沙羅○横四方固(1:29)△ニヘル・シェイキ=ロウホウ(チュニジア)

[準決勝]
朝比奈沙羅○膝車(0:34)△ラリサ・セリッチ(ボスニア・ヘルツェゴビナ)

[決勝]
朝比奈沙羅△反則[指導3](3:42)○イダリス・オルティス(キューバ)

※ eJudoメルマガ版2月25日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る