PAGE TOP ↑
eJudo

[記録]ワールドマスターズ広州2018・第1日男子3階級全試合結果(60kg級、66kg級、73kg級)

(2018年12月15日)

※ eJudoメルマガ版12月15日掲載記事より転載・編集しています。
[記録]ワールドマスターズ広州2018・第1日男子3階級全試合結果(60kg級、66kg級、73kg級)
日時:日時:2018(平成30)年12月15日
場所:Guangzhou Gymnasium (中国・広州)

→第1日男子プレビュー
→第1日男子速報ニュース

■ 60kg級
eJudo Photo
60kg級メダリスト。左から2位のパピナシビリ、優勝のムシュビドバゼ、3位のスメトフとダシュダヴァー・アマーツヴシン

(エントリー16名)

【入賞者】
1.MSHVIDOBADZE, Robert (RUS)
2.PAPINASHVILI, Amiran (GEO)
3.SMETOV, Yeldos (KAZ)
3.DASHDAVAA, Amartuvshin (MGL)
5.YASHUEV, Islam (RUS)
5.TAKABATAKE, Eric (BRA)
7.OGUZOV, Albert (RUS)
7.GANBAT, Boldbaatar (MGL)

【1回戦】
イェルドス・スメトフ(カザフスタン)○背負投(3:12)△アドニス・ディアス(アメリカ)

【2回戦】
アミラン・パピナシヴィリ(ジョージア)○GS合技[帯取返・外巻込](GS1:34)△シャン・イー(中国)
イスラム・ヤシュエフ(ロシア)○反則[指導3](GS1:19)△フェリペ・ペリム(ブラジル)
アルベルト・オグゾフ(ロシア)○GS合技[内股・支釣込腰](GS0:21)△グスマン・キルギズバエフ(カザフスタン)
ロベルト・ムシュヴィドバゼ(ロシア)○優勢[技有・小外刈]△ルフミ・チフヴィミアニ(ジョージア)
エリック・タカバタケ(ブラジル)○反則指導3](3:35)△アシュリー・マッケンジー(イギリス)
イェルドス・スメトフ(カザフスタン)○優勢[技有・浮落]△フランシスコ・ガリーゴス(スペイン)
ガンバット・ボルドバータル(モンゴル)○反則[指導3](3:48)△シャラフディン・ルトフィラエフ(ウズベキスタン)

【準々決勝】
アミラン・パピナシヴィリ(ジョージア)○釣腰(3:20)△イスラム・ヤシュエフ(ロシア)
ダシュダヴァー・アマーツヴシン(モンゴル)○浮落(0:50)△アルベルト・オグゾフ(ロシア)
ロベルト・ムシュヴィドバゼ(ロシア)○GS技有・隅落(GS1:05)△エリック・タカバタケ(ブラジル)
イェルドス・スメトフ(カザフスタン)○GS小内刈(GS1:00)△ガンバット・ボルドバータル(モンゴル)

【敗者復活戦】
イスラム・ヤシュエフ(ロシア)○内股(3:58)△アルベルト・オグゾフ(ロシア)
エリック・タカバタケ(ブラジル)○不戦△ガンバット・ボルドバータル(モンゴル)

【準決勝】
アミラン・パピナシヴィリ(ジョージア)○GS釣腰(GS1:28)△ダシュダヴァー・アマーツヴシン(モンゴル)
ロベルト・ムシュヴィドバゼ(ロシア)○反則[指導3](3:33)△イェルドス・スメトフ(カザフスタン)

【3位決定戦】
イェルドス・スメトフ(カザフスタン)○合技[隅落・後袈裟固](2:36)△イスラム・ヤシュエフ(ロシア)
ダシュダヴァー・アマーツヴシン(モンゴル)○優勢[技有・大内刈]△エリック・タカバタケ(ブラジル)

【決勝】
ロベルト・ムシュヴィドバゼ(ロシア)○GS技有・隅落(GS1:13)△アミラン・パピナシヴィリ(ジョージア)

※日本代表選手の出場はなし

■ 66kg級
eJudo Photo
66kg級メダリスト。左から2位のシュマイロフ、優勝の丸山、3位のマルグヴェラシヴィリとドフトン・アルタンスフ。

(エントリー17名)

【入賞者】
1.MARUYAMA, Joshiro (JPN)
2.SHMAILOV, Baruch (ISR)
3.MARGVELASHVILI, Vazha (GEO)
3.DOVDON, Altansukh (MGL)
5.CARGNIN, Daniel (BRA)
5.ZHUMAKANOV, Yeldos (KAZ)
7.GANBOLD, Kherlen (MGL)
7.GOMBOC, Adrian (SLO)

【1回戦】
ヤクブ・シャミロフ(ロシア)○小外刈(2:09)△シャフラム・アハドフ(ウズベキスタン)

【2回戦】
ヴァジャ・マルグヴェラシヴィリ(ジョージア)○優勢[技有・隅落]△オスニエル・ソリス(キューバ)
イェルドス・ジューマカノフ(カザフスタン)○GS合技[一本背負投・浮腰](GS1:31)△ヤクブ・シャミロフ(ロシア)
丸山城志郎○内股(2:35)△デニス・ヴィエル(モルドバ)
ガンボルド・ヘルレン(モンゴル)○優勢[技有・引込返]△チャールズ・チバナ(ブラジル)
ダニエル・カルグニン(ブラジル)○反則[指導3](3:20)△タル・フリッカー(イスラエル)
ドフドン・アルタンスフ(モンゴル)○合技[谷落・横四方固](3:50)△イェルラン・セリクジャノフ(カザフスタン)
バルチ・シュマイロフ(イスラエル)○大内刈(2:12)△マー・ドゥアンビン(中国)
アドリアン・ゴンボッチ(スロベニア)○優勢[技有・隅落]△ミハイル・プルヤエフ(ロシア)

【準々決勝】
イェルドス・ジューマカノフ(カザフスタン)○小外掛(0:27)△ヴァジャ・マルグヴェラシヴィリ(ジョージア)
丸山城志郎○内股(3:56)△ガンボルド・ヘルレン(モンゴル)
ダニエル・カルグニン(ブラジル)○GS反則[指導3](GS3:51)△ドフドン・アルタンスフ(モンゴル)
バルチ・シュマイロフ(イスラエル)○浮腰(2:52)△アドリアン・ゴンボッチ(スロベニア)

【敗者復活戦】
ヴァジャ・マルグヴェラシヴィリ(ジョージア)○GS技有・背負投(GS2:24)△ガンボルド・ヘルレン(モンゴル)
ドフドン・アルタンスフ(モンゴル)○GS技有・隅落(GS5:15)△アドリアン・ゴンボッチ(スロベニア)

【準決勝】
丸山城志郎○GS小内巻込(GS2:47)△イェルドス・ジューマカノフ(カザフスタン)
バルチ・シュマイロフ(イスラエル)○GS反則[指導3](GS1:20)△ダニエル・カルグニン(ブラジル)

【3位決定戦】
ヴァジャ・マルグヴェラシヴィリ(ジョージア)○GS合技[隅落・小内刈](GS2:21)△ダニエル・カルグニン(ブラジル)
ドフドン・アルタンスフ(モンゴル)○袈裟固(1:24)△イェルドス・ジューマカノフ(カザフスタン)

【決勝】
丸山城志郎○袖釣込腰(3:37)△バルチ・シュマイロフ(イスラエル)

■ 73kg級
eJudo Photo
73kg級メダリスト。左から2位のマルジェリドン、優勝のオルジョフ、3位のアン、シャヴダトゥアシヴィリ

(エントリー16名)

【入賞者】
1.ORUJOV, Rustam (AZE)
2.MARGELIDON, Arthur (CAN)
3.AN, Changrim (KOR)
3.SHAVDATUASHVILI, Lasha (GEO)
5.MACIAS, Tommy (SWE)
5.GANBAATAR, Odbayar (MGL)
7.HASHIMOTO, Soichi (JPN)
7.GJAKOVA, Akil (KOS)

【1回戦】
橋本壮市○GS技有・袖釣込腰(GS2:08)△フェルディナンド・カラペティアン(アルメニア)
アルチュール・マルジェリドン(カナダ)○片手絞(2:35)△トハル・ブトブル(イスラエル)
トミー・マシアス(スウェーデン)○大内刈(3:16)△チン・ダガ(中国)
ガンバータル・オドバヤル(モンゴル)○優勢[技有・隅返]△ジャンサイ・スマグロフ(カザフスタン)
ラシャ・シャヴダトゥアシヴィリ(ジョージア)○裏投(2:17)△ビラル・ジログル(トルコ)
ルスタン・オルジョフ(アゼルバイジャン)○GS技有・大外刈(GS0:31)△モハマド・モハマディ(イラン)
アン・チャンリン(韓国)○優勢[技有・背負投]△ツェンドオチル・ツォグトバータル(モンゴル)
アキル・ヤコヴァ(コソボ)○GS反則[指導3](GS0:37)△ムサ・モグシコフ(ロシア)

【準々決勝】
アルチュール・マルジェリドン(カナダ)○GS技有・浮落(GS1:12)△橋本壮市
ガンバータル・オドバヤル(モンゴル)○合技[内股・隅落](4:00)△トミー・マシアス(スウェーデン)
ルスタン・オルジョフ(アゼルバイジャン)○GS反則[指導3](GS2:01)△ラシャ・シャヴダトゥアシヴィリ(ジョージア)
アン・チャンリン(韓国)○GS袖釣込腰(GS1:11)△アキル・ヤコヴァ(コソボ)

【敗者復活戦】
トミー・マシアス(スウェーデン)○反則[指導3](3:33)△橋本壮市
ラシャ・シャヴダトゥアシヴィリ(ジョージア)○大内刈(2:27)△アキル・ヤコヴァ(コソボ)

【準決勝】
アルチュール・マルジェリドン(カナダ)○片手絞(2:03)△ガンバータル・オドバヤル(モンゴル)
ルスタン・オルジョフ(アゼルバイジャン)○優勢[技有・隅返]△アン・チャンリン(韓国)

【3位決定戦】
アン・チャンリン(韓国)○優勢[技有・内股]△トミー・マシアス(スウェーデン)
ラシャ・シャヴダトゥアシヴィリ(ジョージア)○崩袈裟固(2:52)△ガンバータル・オドバヤル(モンゴル)

【決勝】
ルスタン・オルジョフ(アゼルバイジャン)○GS技有・抱分(GS0:21)△アルチュール・マルジェリドン(カナダ)

※編集部が目視で作成しています。公式記録とは決まり技の判断に見解の相違がある場合がありますのでご了承ください。

※記事、記録の無断転載および転用を禁じます。

※ eJudoメルマガ版12月15日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る