PAGE TOP ↑
eJudo

[速報]注目対決は素根輝が朝比奈沙羅を破る、大荒れ78kg級は佐藤瑠香が2年ぶり3度目の優勝・グランドスラム大阪2018最終日女子

(2018年11月25日)

※ eJudoメルマガ版11月25日掲載記事より転載・編集しています。
[速報]注目対決は素根輝が朝比奈沙羅を破る、大荒れ78kg級は佐藤瑠香が2年ぶり3度目の優勝
グランドスラム大阪2018最終日女子(78kg級、78kg超級)
eJudo Photo
78kg超級準決勝、素根輝が朝比奈沙羅から肘抜きの左背負投「技有」

グランドスラム大阪2018は25日、丸善インテックアリーナ大阪(大阪市)で最終日を迎え、女子2階級、男子3階級の競技が行われた。

注目された女子78kg超級準決勝の大一番は、素根輝(南筑高3年)がバクー世界選手権の覇者・朝比奈沙羅(パーク24)に勝利。「指導2」を取り合って迎えた3分32秒、肘抜きの左背負投で「技有」を奪って優勢勝ちを収めた。これで素根は対朝比奈戦3連勝、技によるポイントを得て勝つのは今回が初めて。決勝では久々本気のパフォーマンスを見せたもと世界王者イダリス・オルティス(キューバ)に「指導3」の反則で敗れたものの、代表争いにおいて「投げて勝った」事実は重い。東京五輪代表争いの大きな分水嶺になり得る試合だった。

大荒れとなった78kg級は佐藤瑠香(コマツ)が優勝。決勝は梅木真美(ALSOK)を横四方固「一本」で破った。佐藤が本大会を制するのは東京大会から数えて2年ぶり3度目。これまで何度も代表レースからの脱落直前で復活を遂げてきた佐藤だが、瀬戸際でこそ真価を発揮するこの選手の強みが良く現れた1日だった。優勝候補の最右翼でバクー世界選手権王者の濵田尚里(自衛隊体育学校)は準決勝で梅木に小外掛「一本」で敗退、ライバルと目されていた選抜体重別王者・髙山莉加(三井住友海上)も2回戦でイ・ジョンギュン(韓国)に「韓国背負い」で一本負けを喫した。78kg級の代表争いはリードしていた2名がともに敗れたことで再び混沌とした状況に逆戻りすることとなった。

各階級の入賞者と準々決勝以降の結果は下記。


取材・文:eJudo編集部
撮影:乾晋也、辺見真也

→グランドスラム大阪2018最終日女子全試合結果
■ 78kg級
eJudo Photo
78kg級優勝の佐藤瑠香

eJudo Photo
78kg級上位入賞者。左から2位の梅木真美、優勝の佐藤瑠香、3位のカリエマ・アントマルチと濵田尚里。

(エントリー18名)

【入賞者】
1.SATO, Ruika (JPN)
2.UMEKI, Mami (JPN)
3.ANTOMARCHI, Kaliema (CUB)
3.HAMADA, Shori (JPN)
5.CHALA, Vanessa (ECU)
5.MALZAHN, Luise (GER)
7.LEE, Jeongyun (KOR)
7.GRAF, Bernadette (AUT)

【日本代表選手結果】
佐藤瑠香(コマツ) 優勝
梅木真美(ALSOK) 2位
濵田尚里(自衛隊体育学校) 3位
髙山莉加(三井住友海上) 2回戦敗退

【準々決勝】
濵田尚里○腕緘(1:07)△イ・ジョンギュン(韓国)
梅木真美○崩上四方固(2:21)△ヴァネッサ・チャラ(エクアドル)
佐藤瑠香○腕挫十字固(2:03)△ルイーズ・マルツァーン(ドイツ)
カリエマ・アントマルチ(キューバ)○大内刈(4:00)△ベルナデッテ・グラフ(オーストリア)

【敗者復活戦】
ヴァネッサ・チャラ(エクアドル)○肩車(3:32)△イ・ジョンギュン(韓国)
ルイーズ・マルツァーン(ドイツ)○合技[隅落・一本背負投](2:59)△ベルナデッテ・グラフ(オーストリア)

【準決勝】
梅木真美○小外掛(2:27)△濵田尚里
佐藤瑠香○横四方固(4:00)△カリエマ・アントマルチ(キューバ)

【3位決定戦】
カリエマ・アントマルチ(キューバ)○GS反則[指導3](GS1:08)△ヴァネッサ・チャラ(エクアドル)
濵田尚里○横四方固(0:42)△ルイーズ・マルツァーン(ドイツ)

【決勝】
佐藤瑠香○横四方固(4:00)△梅木真美

■ 78kg超級
eJudo Photo
78kg超級優勝のイダリス・オルティス

eJudo Photo
78kg級上位入賞者。左から2位の素根輝、優勝のイダリス・オルティス、3位の稲森奈見と朝比奈沙羅。

(エントリー14名)

【入賞者】
1.ORTIZ, Idalys (CUB)
2.SONE, Akira (JPN)
3.INAMORI, Nami (JPN)
3.ASAHINA, Sarah (JPN)
5.SOUZA, Beatriz (BRA)
5.CERIC, Larisa (BIH)
7.MARANIC, Ivana (CRO)
7.TSAI, Jia Wen (TPE)

【日本代表選手結果】
素根輝(南筑高3年) 2位
朝比奈沙羅(パーク24) 3位
稲森奈見(三井住友海上) 3位
秋場麻優(環太平洋大3年) 1回戦敗退

【準々決勝】
朝比奈沙羅○合技[膝車・横四方固](1:37)△イヴァナ・マラニッチ(クロアチア)
素根輝○背負投(3:12)△ベアトリス・ソウザ(ブラジル)
稲森奈見○GS反則[指導3](GS1:39)△ラリサ・セリッチ(ボスニア・ヘルツェゴビナ)
イダリス・オルティス(キューバ)○合技[袖釣込腰・隅落](1:42)△ツァイ・ジアウェン(台湾)

【敗者復活戦】
ベアトリス・ソウザ(ブラジル)○横四方固(3:02)△イヴァナ・マラニッチ(クロアチア)
ラリサ・セリッチ(ボスニア・ヘルツェゴビナ)○合技[外巻込・崩袈裟固](1:07)△ツァイ・ジアウェン(台湾)

【準決勝】
素根輝○優勢[技有・背負投]△朝比奈沙羅
イダリス・オルティス(キューバ)○合技[内股透・崩上四方固](1:03)△稲森奈見

【3位決定戦】
稲森奈見○合技[大外刈・崩上四方固](1:55)△ベアトリス・ソウザ(ブラジル)
朝比奈沙羅○支釣込足(1:11)△ラリサ・セリッチ(ボスニア・ヘルツェゴビナ)

【決勝】
イダリス・オルティス(キューバ)○反則[指導3](2:53)△素根輝

※ eJudoメルマガ版11月25日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る