PAGE TOP ↑
eJudo

世界王者2名はともに敗れて優勝ならず、日本勢の最高成績は青木大の2位・グランプリハーグ2018男子全階級結果

(2018年11月22日)

※ eJudoメルマガ版11月22日掲載記事より転載・編集しています。
世界王者2名はともに敗れて優勝ならず、日本勢の最高成績は青木大の2位
グランプリハーグ2018男子全階級結果
eJudo Photo
90kg級決勝、アレクサンダー・クコルがニコロス・シェラザディシヴィリから左体落「一本」

IJFワールドツアー、11月に組まれた3大会の2戦目となるグランプリ・ハーグ大会が16日から18日まで、オランダ・ハーグで62か国412名(男子242名、女子170名)が参加して行われた。

日本からは全日本実業個人選手権の優勝者8名(男子3名、女子5名)がエントリー、男子は優勝者なしだった。

60kg級の青木大(パーク24)は得意の寝技で準決勝まで4戦連続の一本勝ちを果たすも、決勝ではダシュダヴァー・アマーツヴシン(モンゴル)を相手に試合時間9分を超える大消耗戦の末「指導3」反則(GS5:13)を失い敗戦。自身2度目のワールドツアー優勝はならなかった。

66kg級の木戸清孝(天理大学クラブ)は3回戦でチャールズ・チバナ(ブラジル)に内股巻込「技有」で優勢勝ちするなどしてベスト8入りを果たしたが、準々決勝ではバルチ・シュマイロフ(イスラエル)に徳野和彦式の横落「技有」で優勢負け。それでも敗者復活戦を勝ち上がり、3位決定戦でデニス・ヴィエル(モルドバ)を隅落と一本背負投の合技「一本」(3:56)で下して表彰台を確保した。

90kg級の前田宗哉(自衛隊体育学校)は初戦(2回戦)で無名選手のジャマル・ペトグラーヴェ(イギリス)にまさかの苦杯。リーチのある相手を攻めあぐね、本戦終了間際に谷落で勝負に出たところを被り返されて「技有」を失った。前田は勝ち上がればベスト8で現役世界王者のニコロス・シェラザディシヴィリ(スペイン)と対戦する配置からのスタートであったが、今大会での挑戦は叶わなかった。

今大会に出場した世界王者2名はともに敗れて優勝ならず。81kg級のサイード・モラエイ(イラン)は先月のグランドスラム・アブダビ大会で悪化した左足の状態が良くない様子で動き悪く、初戦(2回戦)で優勝者イヴァイロ・イヴァノフ(ブルガリア)に右釣腰「一本」(GS1:28)で敗れた。90kg級のシェラザディシヴィリは抜群の強さを見せオール一本勝ちで決勝に進出したものの、決勝ではアレクサンダー・クコル(セルビア)に僅か39秒の左体落「一本」で敗れた。

地元オランダ勢はマイケル・コレル(オランダ)ら3名が3位を獲得したものの、決勝進出者はなし。女子も優勝者を出すことはできず、男女ともに優勝者なしに終わった。

各階級の入賞者と決勝ラウンドの結果、日本選手全試合の結果は下記。

■ 60kg級
eJudo Photo
60kg級メダリスト。左から青木、ダシュダヴァー、ガンバット、ブダ。

eJudo Photo
60kg級準々決勝、青木大がフェリペ・キタダイを「ホイジンガロール」からの後袈裟固で抑え込む

(エントリー31名)

【入賞者】
1.DASHDAVAA, Amartuvshin (MGL)
2.AOKI, Dai (JPN)
3.GANBAT, Boldbaatar (MGL)
3.BOUDA, Romaric Wend-Yam (FRA)
5.KITADAI, Felipe (BRA)
5.LESYUK, Artem (UKR)
7.VERSTRAETEN, Jorre (BEL)
7.PELIM, Phelipe (BRA)

【3位決定戦】
ガンバット・ボルドバータル(モンゴル)○優勢[技有・横落]△フェリペ・キタダイ(ブラジル)
ホマリ=ウェンド=ヤム・ブダ(フランス)○合技[大外落・大内刈](0:34)△アルテム・レシュク(ウクライナ)

【決勝】
ダシュダヴァー・アマーツヴシン(モンゴル)○GS反則[指導3](GS5:13)△青木大

【日本代表選手勝ち上がり】

青木大(パーク24)
成績:2位


[1回戦]
青木大○腕挫十字固(1:22)△ジョイオン・フロヒモン(フランス)

[2回戦]
青木大○GS腕挫十字固(GS3:33)△アシュリー・マッケンジー(イギリス)

[準々決勝]
青木大○GS後袈裟固(GS1:59)△フェリペ・キタダイ(ブラジル)

[準決勝]
青木大○縦四方固(3:51)△アルテム・レシュク(ウクライナ)

[決勝]
青木大△GS反則[指導3](GS5:13)○ダシュダヴァー・アマーツヴシン(モンゴル)

■ 66kg級
eJudo Photo
66kg級メダリスト。左からシュマイロフ、マルグヴェラシヴィリ、ザイドル、木戸。

eJudo Photo
66kg級3位決定戦、木戸清孝がデニス・ヴィエルから右一本背負投「技有」

(エントリー40名)

【入賞者】
1.MARGVELASHVILI, Vazha (GEO)
2.SHMAILOV, Baruch (ISR)
3.SEIDL, Sebastian (GER)
3.KIDO, Kiyotaka (JPN)
5.DOVDON, Altansukh (MGL)
5.VIERU, Denis (MDA)
7.ZADRO, Petar (BIH)
7.IADOV, Bogdan (UKR)

【3位決定戦】
セバスティアン・ザイドル(ドイツ)○GS反則[指導3](GS1:21)△ドフドン・アルタンスフ(モンゴル)
木戸清孝○合技[隅落・一本背負投](3:56)△デニス・ヴィエル(モルドバ)

【決勝】
ヴァジャ・マルグヴェラシヴィリ(ジョージア)○優勢[技有・浮落]△バルチ・シュマイロフ(イスラエル)

【日本代表選手勝ち上がり】

木戸清孝(天理大学クラブ)
成績:3位


[2回戦]
木戸清孝○GS内股(GS1:54)△マッティス・ファンハルテン(オランダ)

[3回戦]
木戸清孝○優勢[技有・内股巻込]△チャールズ・チバナ(ブラジル)

[準々決勝]
木戸清孝△優勢[技有・横落]○バルチ・シュマイロフ(イスラエル)

[敗者復活戦]
木戸清孝○小内刈(3:32)△ボグダン・イアドフ(ウクライナ)

[3位決定戦]
木戸清孝○合技[隅落・一本背負投](3:56)△デニス・ヴィエル(モルドバ)

■ 73kg級
eJudo Photo
73kg級メダリスト、左からヤコヴァ、モグシコフ、シャヴダトゥアシヴィリ、ステルプ。

(エントリー43名)

【入賞者】
1.MOGUSHKOV, Musa (RUS)
2.GJAKOVA, Akil (KOS)
3.SHAVDATUASHVILI, Lasha (GEO)
3.STERPU, Victor (MDA)
5.ZINGG, Anthony (GER)
5.BARBOSA, Eduardo (BRA)
7. IARTCEV, Denis (RUS)
7.UNGVARI, Miklos (HUN)

【3位決定戦】
ラシャ・シャヴダトゥアシヴィリ(ジョージア)○GS反則[指導3](GS1:19)△アンソニー・ツィング(ドイツ)
ヴィクトル・ステルプ(モルドバ)○GS反則[指導3](GS2:17)△エドゥアルド・バルボサ(ブラジル)

【決勝】
ムサ・モグシコフ(ロシア)○優勢[技有・小内刈](3:34)△アキル・ヤコヴァ(コソボ)

※日本代表選手の出場はなし

■ 81kg級
eJudo Photo
81kg級メダリスト。左からデヴィト、イヴァノフ、レッセル、エスポージト。

(エントリー45名)

【入賞者】
1.IVANOV, Ivaylo (BUL)
2.DE WIT, Frank (NED)
3.RESSEL, Dominic (GER)
3.ESPOSITO, Antonio (ITA)
5.VISAN, Vlad (ROU)
5.HEIJMAN, Jim (NED)
7.MUKI, Sagi (ISR)
7.CHILARD, Nicolas (FRA)

【3位決定戦】
ドミニク・レッセル(ドイツ)○反則[指導3](1:08)△ヴラド・ヴィサン(ルーマニア)
アントニオ・エスポージト(イタリア)○GS袖釣込腰(GS0:26)△イム・ハイマン(オランダ)

【決勝】
イヴァイロ・イヴァノフ(ブルガリア)○合技[帯取返・横四方固](3:57)△フランク・デヴィト(オランダ)

※日本代表選手の出場はなし

■ 90kg級
eJudo Photo
90kg級メダリスト。左からシェラザディシヴィリ、クコル、シュミンク、ジルカ。

(エントリー36名)

【入賞者】
1.KUKOLJ, Aleksandar (SRB)
2.SHERAZADISHVILI, Nikoloz (ESP)
3.SMINK, Jesper (NED)
3.ZILKA, Peter (SVK)
5.BOTTIEAU, Joachim (BEL)
5.NHABALI, Quedjau (UKR)
7.VAN T END, Noel (NED)
7.TCHRIKISHVILI, Avtandili (GEO)

【3位決定戦】
イェスパー・シュミンク(オランダ)○優勢[技有・一本背負投]△ヨアキム・ボットー(ベルギー)
ペテル・ジルカ(スロバキア)○合技[隅落・崩袈裟固](3:18)△クエジョ・ナーバリ(ウクライナ)

【決勝】
アレクサンダー・クコル(セルビア)○体落(0:39)△ニコロス・シェラザディシヴィリ(スペイン)

【日本代表選手勝ち上がり】

前田宗哉(自衛隊体育学校)
成績:2回戦敗退


[2回戦]
前田宗哉△優勢[技有・浮落]○ジャマル・ペトグラーヴェ(イギリス)

■ 100kg級
eJudo Photo
100kg級メダリスト。左からスヴィリド、パルチク、コレル、ゴンサルヴェス。

(エントリー33名)

【入賞者】
1.PALTCHIK, Peter (ISR)
2.SVIRYD, Mikita (BLR)
3.KORREL, Michael (NED)
3.GONCALVES, Leonardo (BRA)
5.CIRJENICS, Miklos (HUN)
5.BUZACARINI, Rafael (BRA)
7.LIPARTELIANI, Varlam (GEO)
7.ZANKISHIEV, Kazbek (RUS)

【3位決定戦】
マイケル・コレル(オランダ)○反則[指導3](2:01)△ミクロス・サーイエニッチ(ハンガリー)
レオナルド・ゴンサルヴェス(ブラジル)○優勢[技有・浮技]△ラファエル・ブザカリニ(ブラジル)

【決勝】
ペテル・パルチク(イスラエル)○一本背負投(GS1:29)△ミキタ・スヴィリド(ベラルーシ)

※日本代表選手の出場はなし

■ 100kg超級
eJudo Photo
100kg超級メダリスト。左からシミオネスク、ハモー、サルナツキ、メイヤー。

(エントリー14名)

【入賞者】
1.KHAMMO, Yakiv (UKR)
2.SIMIONESCU, Vladut (ROU)
3.ARNACKI, Maciej (POL)
3.MEYER, Roy (NED)
5.SPIJKERS, Jur (NED)
5.D ARCO, Vincenzo (ITA)
7.KOLESNYK, Andrii (UKR)
7.MIKHAYLIN, Alexander (RUS)

【3位決定戦】
マチェイ・サルナツキ(ポーランド)○膝車(0:55)△ユール・スパイカース(オランダ)
ロイ・メイヤー(オランダ)○反則[指導3](3:43)△ヴィンセンゾ・ダルコ(イタリア)

【決勝】
ヤキフ・ハモー(ウクライナ)○大内刈(1:18)△ヴラダト・シミオネスク(ルーマニア)

※日本代表選手の出場はなし

※ eJudoメルマガ版11月22日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る