PAGE TOP ↑
eJudo

平成30年度講道館杯全日本体重別選手権大会展望①第1日男子(60kg級、66kg級、73kg級、81kg級)

(2018年11月2日)

※ eJudoメルマガ版11月2日掲載記事より転載・編集しています。
平成30年度講道館杯全日本体重別選手権大会展望①第1日男子
(60kg級、66kg級、73kg級、81kg級)
文責:古田英毅/eJudo編集部

eJudo Photo
昨年度大会100kg級の表彰式。優勝した飯田健太郎は今季アジア大会で金メダルを獲得した。

平成30年度講道館杯全日本体重別選手権大会があす3日から、千葉ポートアリーナ(千葉市)で開幕する。

弊サイトでは実業個人選手権にインターハイ、全日本ジュニアに学生体重別、警察選手権とこの大会に繋がる予選を追いかけ続けて来たわけだが、いよいよ全員が出揃ったこの本番、講道館杯全日本体重別選手権のトーナメントを眺めると、そのレベルの高さと密度の厚さにあらためてため息が出る。期待の新鋭、出世を期す中堅、踏みとどまるベテラン、国際大会進出を狙ってついに実現する初顔合わせから、少年柔道カテゴリから続く因縁対決とその陣容、カードの豊かさ面白さ、まさに「眺めているだけで面白い」組み合わせ。どの階級、どのブロックにも各人背負ったドラマとストーリーがあり、ピックアップしたい選手、紹介したいストーリーもまさしく枚挙に暇がない。

しかしこの巨大大会、さすがにそれではキリがない。敢えて「2019年世界選手権代表の第一次選考会」「3週間後のグランドスラム大阪の予選」、そして今大会の優勝争いという観点に絞って各階級のトーナメントを展望してみたい。

その前にここで明確にしておきたいのは、現行の代表選考システム(で強化選手として生き残っていくために)においてもっとも重要な大会は実は4月の選抜体重別ではなくこの講道館杯であり、そして同時にもっとも過酷な大会もこの講道館杯であるということ。実業、警察、学生、ジュニアに高校と全てのカテゴリから選りすぐられた30名以上の、それもあらゆるタイプの強者が集い、しかも強化選手としてキャリアを続けるために許されるミスは最大1回のみ。いかに実績があろうとここで失敗すれば強化選手として次年度を戦う権利が即刻失われてしまう、果たしてここまで厳しくて良いのかと疑問に思ってしまうほどの過酷な大会だ。

そして今年度大会は2020年東京五輪代表争いに向けた最大の「足切り」の場でもある。五輪出場資格ポイントの蓄積を前提とした現行の選考システムを考えると、2019年世界選手権の代表、もしくはギリギリで次点につけている選手以外に実質五輪代表を争う権利はなく、その2019年世界選手権に出場するには2月の欧州国際大会での好成績が必須、この欧州シリーズに派遣されるには来るグランドスラム大阪(11月23日~25日)で勝つことが条件となり、そして現状出場権のない選手がグランドスラム大阪で戦う権利を得るにはこの講道館杯で勝つしかない。今夏の世界選手権の代表とアジア大会の優勝者には既に同大会の進出権が付与されているので、階級によっては残された枠は僅か「1」のみ。いかに2年後素晴らしい選手に仕上がっていようと、2018年11月のこの大会で勝っておかねば五輪代表争いに絡むことら出来ないのだ。その過酷さまさしく比類なし。今大会はまぎれもなく現時点での「東京五輪代表レース最重要試合」なのだ。

■ 60kg級 志々目徹と大島優磨が本命の混戦、階級全体のテーマはニューカマー勃興なる
eJudo Photo
世界ジュニアを制した期待の若手・古賀玄暉。

(エントリー34名)

グランドスラム大阪進出決定選手:髙藤直寿(パーク24)、永山竜樹(東海大4年)
グランドスラム大阪出場権残枠:「2」

東京五輪代表争いは、今年の世界選手権の金メダリスト髙藤直寿と銅メダリスト永山竜樹の2人に絞られてしまった感あり。この2人としては「なるべく(ターゲットとして異常なマークを受けて万が一の不覚を取る可能性が高い)国内での戦いを減らして、国際大会の実績で立場上の差をつけ続ける」戦略に出るのが当然で、かつ2人の国際舞台での立ち位置の高さを考えるとこのシナリオが崩れる可能性は非常に低い。

ゆえに優勝争いはもちろんだが、その勝者が次代を担いうるニューカマーであるかどうかがこの階級におけるひとつ大きなみどころ。実績上の優勝候補はアジア大会で2度目の代表を務めたベテラン志々目徹(了徳寺学園)と、3月のグランドスラム・エカテリンブルクでアミラン・パピナシビリ(ジョージア)とベスラン・ムドラノフ(ロシア)に一本勝ちして4月の選抜体重別でもオール一本勝ちで初優勝を飾った大島優磨(旭化成)ということになるが、この「次代を担う」視点からの注目株は全日本ジュニアを出色の出来で制して世界ジュニアも獲った古賀玄暉(日本体育大2年)、昨年高校生でベスト4まで進んだ市川龍之介(東海大1年)、2年生ながらもっか高校タイトル総なめ状態の近藤隼斗(佐賀工高2年)ら。

【Aブロック】
第1シード選手志々目の山。ベスト8での志々目の対戦権を争う山に青木大(パーク24)、杉本大虎(日本体育大3年)、小西誠志郎(国士舘大2年)が入った。勝ち上がり候補は志々目だが、青木が順当に上がって来た場合場合準々決勝の勝敗はまったく予断許さず。

【Bブロック】
全体的には空白域。シード位置を占めるのは宮本拓実(自衛隊体育学校)と山本達彦(東海大3年)の2人。

【Cブロック】
激戦区。第2シード選手大島は初戦で高校王者・近藤隼斗の挑戦を受ける。大島の勝利は揺るがずも近藤がどこまで戦うかがみもの。逆側の山は古賀が初戦で竪山将(パーク24)とマッチアップ、勝者は続く3回戦で学生王者樋口裕大(天理大3年)と戦うという、まさに目の離せないブロック。

【Dブロック】
選抜体重別で決勝まで進んだ米村克麻(センコー)がシード、3回戦では学生体重別団体で大活躍を見せた長谷川一八(国士舘大3年)の挑戦を受ける。米村とのベスト8を争う山では、市川龍之介と福田大悟(鹿屋体育大1年)の2人が初戦でマッチアップ。勝者は田中嵩晃(ALSOK)と3回戦を争い、米村戦へ辿り着くという組み合わせ。

■ 66kg級 またもリセットされた阿部一二三追撃権、次にのしあがるのは誰か?
eJudo Photo
第2シードにピックアップされた田川兼三

(エントリー33名)

グランドスラム大阪進出決定選手:阿部一二三(日本体育大3年)
グランドスラム大阪出場権残枠:「3」

世界選手権を連覇した阿部一二三が代表レースを独走状態のこの階級。複数同時強化を掲げる強化陣としては国内のライバルの育成が必須のはずだが、伝統的に強豪多い階級の事情も相まって、阿部以外の選手は大雑把に言って「勝ったり負けたり」。阿部追撃を為すべき「続けて勝つ選手」がなかなか出てこない状況だ。4月の選抜体重別を獲ってアジア大会代表の権利を得た丸山城志郎(ミキハウス)がついにその権利を得るかと思われたが、丸山はアジア大会決勝で集中力を欠きまさかの秒殺一本負け。しかも今大会を前に左膝を負傷し、一昨日欠場を表明、この半年間形上確保してきた2番手の座を手放すこととなってしまった。

次に阿部追撃の権利を得るのは誰か。各世代に強豪ぎっしりの階級であるが、この観点からは若手に期待せざるを得ない。第2シードの田川兼三(筑波大4年)、第3シードの磯田範仁(国士舘大教)、橋口祐葵(パーク24)らにその資格あり、復権を狙う日本代表経験者の髙市賢悟(旭化成)と髙上智史(旭化成)がその後を追う。期待の新人はインターハイ王者桂嵐斗(長崎日大高3年)、全日本ジュニアをしぶとく制した相田勇司(國學院大1年)。

【Aブロック】
第1シードの丸山城志郎が前述の通り欠場。上側の山は、丸山と初戦でマッチアップしていた西山祐貴(警視庁)に、相田勇司と若狭智也(鶴来高3年)の魅力的な若手2人の勝者が挑む。下側の山では実業王者の木戸清孝(天理大クラブ)に初戦で湯本祥真(筑波大1年)がマッチアップというこれも面白いカード。勝ち抜け候補は木戸と西山とみるがどの試合も見逃せない。

【Bブロック】
シード位置に入った藤阪太郎(大阪府警察)と橋口祐葵(パーク24)が勝ち上がり争いの軸。下側の山の橋口は準々決勝までは無風、一方上側の藤阪は初戦で日野賢明(日本大4年)、次戦では桂嵐斗と吉田惟人(神奈川県警察)の勝者と戦うタフな組み合わせ。大学後半からやや柔道に不自由感が出て勢い減じた橋口の復活なるか、投げの才能豊かな桂が百戦錬磨の吉田とどう戦うか、みどころは尽きない。巧者タイプが増えて来た66kg級にあって爆発力がアイデンティティの橋口、桂らの活躍と出世なるかは非常に楽しみ。

【Cブロック】
第2シード選手・田川兼三のブロック。田川は初戦でもとジュニア王者原田誠丈(福岡大4年)と戦い、2回戦では野村琢眞(天理大4年)と藤阪泰恒(國學院大4年)の少年カテゴリ以来のライバル対決の勝者の挑戦を受けることになる。田川の勝ち上がり自体は揺るがないはず。

下側の山では3回戦で髙市賢悟と、高校選手権の覇者西願寺哲平(埼玉栄高3年)が激突。ともに担ぎ技のラッシュがその本来性、まずは西願寺がどこまでやれるかに注目。

【Dブロック】

シード選手磯田範仁に、いきなり浅利昌哉(ALSOK)が当てられるという過酷な組み合わせ。浅利は立ち、寝といずれも爆発力あり、本来なら強化選手としてシードを受けてもおかしくない力の持ち主。この2名に、下側の山でシード位置に入っている髙上智史(旭化成)を合わせた3名が勝ち上がり候補というかなりの激戦区。磯田の「わかっていても引っかかってしまう」小外刈はもはや名人芸の域で国際的な評価も高い。今大会もあの巧技が見られるか、大いに期待。

■ 73kg級 立川新、海老沼匡の「団体戦日本代表」に急成長の古賀颯人が挑む
eJudo Photo
第1シードは立川新

(エントリー33名)

グランドスラム大阪進出決定選手:橋本壮市(パーク24)、大野将平(旭化成)
グランドスラム大阪出場権残枠:「2」

強豪揃いだが、敢えて注目選手を挙げるとすれば3人。既にグランドスラム大阪進出を決めている橋本壮市と大野将平の世界王者ふたりを実績と国際的な立ち位置で追撃し得る立川新(東海大3年)と海老沼匡(パーク24)の2人、これに新人枠からもう1名、先月素晴らしい出来で学生王者に輝いたばかりの古賀颯人(日本体育大3年)をプラスしておきたい。この3名はブロックが分かれ、順当に進めば立川と古賀が準決勝を争い、海老沼が決勝でこれを迎え撃つこととなる。

立川は世界選手権の、海老沼はアジア大会の団体戦に日本代表としてそれぞれ出場してあらためてその強さを見せつけたばかり。立川は持ち前の組み手と粘り、海老沼は66kg級時代以上に威力を増した一発の威力で日本の優勝に大きく貢献した。古賀は今季明らかに一皮剥け、ゲームの巧い選手から「投げる」強者に羽化した印象。立川には学生体重別直後に行われた国民体育大会で「指導3」で敗れているが、これは両者ともに以後の対戦を考えてエンジンふかし切らなかった印象。勝負は予断を許さない。

【Aブロック】
立川新の山。初戦では学生体重別団体決勝で佐々木健志を放った大吉賢(日本体育大)がマッチアップ。大吉得意の裏投は実力差関係なく威力を発揮する飛び道具だが、相四つで組み手管理が命の立川がチャンスを作らせるとは考え難い。立川は次戦で小寺将史(警視庁)-六郷雄平(了徳寺学園職)のもと強化選手対決の勝者と戦い、準々決勝では実業個人王者の岩渕侑生(センコー)との対決が待ち構えるという、これぞ講道館杯というなかなかにタフな組み合わせ。

【Bブロック】
シード位置には吉田優平(東海大4年)、逆側の山に古賀颯人(日本体育大3年)が配されて、この2人の対決がブロックの主筋。古賀の山には石郷岡秀征(筑波大2年)がおり、2戦目(3回戦)での対戦が濃厚、これが古賀の調子を測る最初の山場となる。

【Cブロック】
海老沼匡の山。初戦で全日本ジュニアを制した塚本綾(日本体育大2年)の挑戦を受けるが、投げ一撃が武器で比較的柔道がオーソドックスな塚本は海老沼にとってはやりにくい相手ではないはず。準々決勝では竹内信康(新日鐵住金)との対戦が待ち受けており、本番はここから。

【Dブロック】
のっけに挙げた立川、海老沼、古賀の3名が不在だが、ゆえにというべきか、人材の詰まった激戦区。その渦の中心にいるのがシード選手野上廉太郎(筑波大2年)であり、準々決勝での野上への挑戦権を込山龍哉(東海大4年)、原田健士(日本体育大2年)、島田隆志郎(國學院大3年)、福岡克仁(日本大4年)の4名が争うという大混戦だ。インターハイ王者内村秀資(東海大仰星高)もこのブロックに配されたが、与えられた位置は野上との初戦対決。健闘に期待したい。
勝ち上がり候補は野上だが、学生カテゴリの2大会を見る限り昨季のような爆発力はなし。勝敗まさしく予断を許さない。

■ 81kg級 永瀬貴規の復活、佐々木健志の出直しが2大テーマ
eJudo Photo
2017年世界選手権で負傷、今大会で久々の国際大会進出権獲得に挑む81kg級永瀬貴規

eJudo Photo
アジア大会での自爆から出直しを図る昨年度の覇者・佐々木健志。

(エントリー33名)

グランドスラム大阪進出決定選手:藤原崇太郎(日本体育大2年)
グランドスラム大阪出場権残枠:「3」

2017年8月のブダペスト世界選手権で膝を負傷、1年近くの欠場を経てついに畳に戻って来たリオ五輪銅メダリスト・永瀬貴規(旭化成)の国際大会復帰なるか、そしてアジア大会で日本代表を務めた佐々木健志(筑波大4年)の「出直し」果たせるかが階級の2大テーマ。細かいトピックは数あれど、この2つに実業個人で復帰第一戦の永瀬を破って優勝した丸山剛毅(パーク24)の復権なるか、を加えた3つを大会の大きな見どころと規定して良いかと思われる。

永瀬は8月の全日本実業個人で試合に復帰、前述のとおり丸山には敗れたがしっかり決勝まで進んでおり回復の道程はまずまず順調の様子。初戦で粘戦ファイター春山友紀(自衛隊体育学校)の挑戦を受け、準々決勝では小原拳哉(パーク24)、長澤大雅(國學院大2年)、釘丸将太(国士舘大4年)、正木聖悟(天理大4年)が詰め込まれた混戦ブロックの勝者と対戦するが、平時の平均点の力を出せるところまで戻っていればまずまず決勝進出までは堅いところ。

一方の佐々木、アジア大会では捨身技の自爆2連発でなんと表彰台まで逃してしまい、「権利なし」の状態で再びこの講道館杯の混沌まで戦いのステージを降ろすこととなってしまった。ハイプレッシャー状態で気合いが入り過ぎていたであろうアジア大会での失敗はともかく、先日の学生体重別団体決勝では「技有」をリードしながら、裏投ファイター大吉の誘いに乗って腰を入れ、裏投「一本」で敗れて母校敗退の因を作るという失態も犯している。そこまでの勝ち上がりぶりの良さは間違いなく大会ナンバーワン、柔道自体は色気たっぷりで魅力的だが、さすがに強化陣もその戦略性、戦術性に疑いを持ち始めていることは間違いない。一人代表が務まるだけの貫目があるのか、しっかり実力を見せねばならない大会だ。

国際大会を観察する限り、佐々木は世界選手権で優勝し得る力の持ち主。しかしその力がそのまままっすぐ発揮できるとは限らないのが国内、特にこの講道館杯の恐ろしいところで、60kg級の項で書いた通り、一度日本代表に「抜けた」選手はこれに出ぬまま粛々他と差を広げ続けるに如くはなし(世界選手権で銀メダルを獲得したライバル藤原崇太郎が実はいまだに講道館杯での表彰台が1度もないのは、逆説的に非常に上手くこの流れに乗っていると捉えられる)。そして1度このルートから降りてしまった佐々木には、「少々お灸を据え過ぎではないか」という過酷な組み合わせが組まれた(筆者註:シード選手以外の配置は抽選なので実際には『お灸』はありえない。念のため。)。初戦が笠原大雅(天理大2年)、次戦がもと日本代表長島啓太(日本中央競馬会)、そして準々決勝がなんと丸山剛毅(パーク24)である。アジア大会の軽挙、まことに高くついたと言うほかはない。

佐々木対丸山の準々決勝は絶対に見逃してはならない一番、勝者はその時点で決勝ラウンドの結果を待たずグランドスラム大阪進出権を与えても良いのではないかという注目対決である。これを序盤の、そして勝者と永瀬の決勝を最終盤のみどころと定めて大会を観察すべきだろう。

【Aブロック】
第1シード選手佐々木のブロック。本文で紹介した通り、初戦(2回戦)が笠原大雅、次戦が長島啓太、続く準々決勝が丸山剛毅という凄まじい山。1試合も見逃せない。

【Bブロック】
糸井滉平(大阪府警察)がシードを張る山だが、初戦でマッチアップする山中堅盛(東海大1年)に注目しておきたい。学生体重別ではベスト4敗退も、その爆発力はひときわ光っていた。大物食い属性もはらんでおりこの先注目の選手。
下側の山にはノーシードで73kg級もと世界王者中矢力(ALSOK)が配され、初戦で佐藤正大(自衛隊体育学校)と戦う。この山にはこの階級の「新人枠」として期待の板東虎之輔(木更津総合高)も配置。どこまで戦えるのか、注目である。

【Cブロック】
第2シード選手・小原拳哉(パーク24)の山、逆側のシードが永瀬貴規。
本文で書いた通り、小原の山は激戦。特に学生体重別で出色のパフォーマンスを見せていた(同門の友清光に敗れて2位)釘丸将太に注目しておきたい。下側の山は、永瀬の初戦・春山友紀戦に注目。実業個人では永瀬が内股「一本」で勝利しているカードだが、ここでまず仕上がりが測られることとなる。

【Dブロック】
シード選手山本悠司(旭化成)、逆側の学生体重別王者・友清光(国士舘大2年)が中心の混戦ブロック。山本の山には尾方寿應(了徳寺学園職)、トーナメント最年少の竹市大祐(大牟田高2年)が配されている。

※ eJudoメルマガ版11月2日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る