PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

「全員柔道で連覇を目指す、斉藤立に頼らない責任感がカギ」 第41回全国高等学校柔道選手権男子有力校インタビュー①国士舘高・岩渕公一監督

(2019年3月11日)

※ eJudoメルマガ版3月11日掲載記事より転載・編集しています。
「全員柔道で連覇を目指す、斉藤立に頼らない責任感がカギ」
第41回全国高等学校柔道選手権男子有力校インタビュー①国士舘高・岩渕公一監督
eJudo Photo
国士舘高・岩渕公一監督

高校三大タイトル最初の大会、全国高等学校柔道選手権(3月20日~21日、日本武道館)の開幕がいよいよ来週に迫った。eJudoでは今年も展望記事に先立って団体戦有力校の監督インタビューをお届けし、単なる戦力分析に留まらない現場の皮膚感を伝えんと試みる。

第1回は国士舘高(東京)の岩渕公一監督に話をお聞きした。同校は昨年全国大会2冠を獲得したチームからレギュラー4人が残り、絶対のエース斉藤立を押し立てる今季の目玉チーム。もちろん第1シード、優勝候補の最右翼である。

聞き手:古田英毅

―いよいよ本番が近づいて来ました。チームについてお聞きするにあたり、どうしてもまず斉藤立選手について伺わないといけません。一昨日には全日本柔道選手権最年少出場を決めましたが、直前に手首と肘を負傷していてギリギリの状態での出場でした。

試合には出すつもりでいますが、やっぱりまずちょっと休まないといけません。試合後にMRI検査を受けたのですが、これまでのレントゲンと一緒。骨と骨がぶつかって内出血しているから、これは「痛い」んですよ。ある程度は休まないと。

―東京都予選以後の、チームのここまでを教えてください。

...続きを読む

※ eJudoメルマガ版3月11日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.