PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

稲森奈見が大会3連覇、中村美里が初の本戦進出勝ち取る・第34回皇后盃全日本女子柔道選手権東京都予選

(2019年3月10日)

※ eJudoメルマガ版3月10日掲載記事より転載・編集しています。
稲森奈見が大会3連覇、中村美里が初の本戦進出勝ち取る・第34回皇后盃全日本女子柔道選手権東京都予選
平成30年東京都女子柔道選手権
eJudo Photo
決勝、稲森奈見が髙山莉加から横四方固「一本」

皇后盃全日本女子柔道選手権(4月21日・横浜文化体育館)の東京都予選を兼ねる平成31年東京女子柔道選手権が9日、東京武道館(足立区)で75名が参加して行われ、稲森奈見(三井住友海上)が優勝した。稲森は大会3連覇、昨年は直前で左膝を負傷して本戦を欠場しており、2年ぶりの皇后盃出場となる。

東京都からは準々決勝以上に進んだ8名が本戦に進出。ひときわ注目を集めたリオデジャネイロ五輪52kg級銅メダリストの中村美里(三井住友海上)は、山場と目された奥本華月(帝京大)との初戦をGS延長戦「指導3」で勝利するなど3試合を勝ち抜いてベスト8入り。2度目の挑戦で見事初の皇后盃出場を決めた。

上位入賞者と全試合の結果は下記。

...続きを読む

※ eJudoメルマガ版3月10日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.