PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

泉真生が優勝、朝飛真実は祖父から3代続いての「全日本」決める・第34回皇后盃全日本女子柔道選手権関東地区予選

(2019年3月3日)

※ eJudoメルマガ版3月3日掲載記事より転載・編集しています。
泉真生が優勝、朝飛真実は祖父から3代続いての「全日本」決める・第34回皇后盃全日本女子柔道選手権関東地区予選
平成31年関東女子柔道選手権
eJudo Photo
優勝の泉真生
※写真は2018年講道館杯時

第34回皇后盃全日本女子柔道選手権(4月21日・横浜文化体育館)の関東地区予選を兼ねる平成31年関東女子柔道選手権が3日、栃木県武道館(宇都宮市)で各県の代表49名が集って行われ、泉真生(山梨学院大)が優勝を飾った。泉はこれで昨年に続く5度目の皇后盃出場決定、決勝は粂田晴乃(筑波大)をGS延長戦の小外刈「技有」で破った。

3位には3回戦で昨年度本戦3位の井上舞子(淑徳大)を内股「一本」で破った高校2年生・朝飛真実(桐蔭学園高)が入賞。朝飛は全日本柔道選手権に出場した祖父の速夫氏、父の大氏と合わせて3代続いての「全日本」進出。6位入賞で本戦進出を決めた大辻瑛美(旧姓金子)はこの日近畿地区予選で夫の大辻康太が全日本柔道選手権への勝ち抜けを決めており、夫婦揃っての最高峰大会出場となった。

...続きを読む

※ eJudoメルマガ版3月3日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.