PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

ウルフアロン順当に本戦進出、優勝は加藤博剛を下した佐藤正大・平成31年全日本柔道選手権関東地区予選

(2019年3月3日)

※ eJudoメルマガ版3月3日掲載記事より転載・編集しています。
ウルフアロン順当に本戦進出、優勝は加藤博剛を下した佐藤正大・平成31年全日本柔道選手権関東地区予選
(平成31年関東柔道選手権)
eJudo Photo
優勝の佐藤正大
※写真は2018年講道館杯時

全日本柔道選手権(4月29日、日本武道館)の関東地区予選を兼ねる平成31年関東柔道選手権大会が3日、栃木県武道館(宇都宮市)で各県の代表42名が集って行われた。

優勝は佐藤正大(自衛隊体育学校)。決勝ではここまで圧倒的な勝ち上がりを見せていた第1シード選手・加藤博剛(千葉県警察)を得意の背負投「一本」で破った。加藤の今大会の連覇は「3」で途絶えた。

一昨年の全日本選手権で準優勝し、今年は優勝候補にも挙がるウルフアロン(了徳寺学園職)は順当に本戦進出。一本勝ち4つで準決勝まで進んで出場権を確保すると、以降の試合は棄権して最終成績は3位だった。

ほか、前田宗哉(自衛隊体育学校)、下和田翔平(京葉ガス)、春山友紀(自衛隊体育学校)の3名が本戦進出を決めている。

入賞者と全試合の結果は下記。

...続きを読む

※ eJudoメルマガ版3月3日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.