PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

永山竜樹と丸山城志郎が圧勝V、日本勢が男女4階級を制覇・グランドスラムデュッセルドルフ2018第1日レポート

(2019年3月2日)

※ eJudoメルマガ版3月2日掲載記事より転載・編集しています。
永山竜樹と丸山城志郎が圧勝V、日本勢が男女4階級を制覇・グランドスラムデュッセルドルフ2018第1日レポート
(男子60kg級、66kg級、女子48kg級、52kg級、57kg級)
eJudo Photo
2回戦、永山竜樹がシティサーン・スックパサイから「技有」

第1日男子全試合結果 第1日女子全試合結果
第1日男子速報 第1日女子速報
第1日男子プレビュー 第1日女子プレビュー

93ヶ国603名という記録的な数の参加者が集ったグランドスラム・デュッセルドルフ大会、第1日は日本が男女合わせて4階級を制覇するというロケットスタートを飾った。

本文・総評:古田英毅
決勝戦評:小林大悟

■60kg級 永山竜樹圧勝、第三次選考は満点突破

(エントリー35名)

【入賞者】
1.NAGAYAMA, Ryuju (JPN)
2.MSHVIDOBADZE, Robert (RUS)
3.TSJAKADOEA, Tornike (NED)
3.CHKHVIMIANI, Lukhumi (GEO)
5.GARRIGOS, Francisco (ESP)
5.LEE, Harim (KOR)
7.MKHEIDZE, Luka (FRA)
7.UROZBOEV, Diyorbek (UZB)

日本代表の永山竜樹(東海大4年)が圧勝。序盤は抑えめだったが、ここぞで加速すると相手はまったくついてこれない。初戦で戦ったシティサーン・スックパサイ(ラオス)は五輪も経験している実力者、永山の平時の進退にはしっかり追走して粘りを見せるが、強者相手に手ごたえを得たか1分50秒に両袖の右大外刈を放ち、これで永山を加速させてしまう。刃の入れどころと瞬時に見極めた永山は切り返しの大外返から左出足払の連携で叩き落とし「技有」、そのまま抑え込んで合技の一本勝ち。相手のレベルが格段に上がった3回戦もフェリペ・ペリム(ブラジル)相手に決して無理せず淡々と攻防、GS1分過ぎに焦れたペリムが座り込みの左小外掛に打って出ると、体を捌くなりこれを引きずりながら足を突っ込み右内股、これで立たせておいての右大内刈に繋いで「技有」で勝負あり。

...続きを読む

※ eJudoメルマガ版3月2日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.