PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

[速報]原沢久喜と飯田健太郎が優勝、村尾三四郎も激戦90kg級で決勝進出果たす・グランドスラムデュッセルドルフ2019最終日男子

(2019年2月25日)

※ eJudoメルマガ版2月25日掲載記事より転載・編集しています。
[速報]原沢久喜と飯田健太郎が優勝、村尾三四郎も激戦90kg級で決勝進出果たす・グランドスラムデュッセルドルフ2019最終日男子
(90kg級、100kg級、100kg超級)
eJudo Photo
100kg超級決勝、原沢久喜がイナル・タソエフから内股「一本」

→最終日男子プレビュー
→最終日男子全試合結果
→【eJudo’s EYE】ワールドツアー欧州シリーズ男子日本代表20人「採点表」

グランドスラム・デュッセルドルフ大会は24日、ISSドーム(ドイツ・デュッセルドルフ)で最終日の競技が行われ、3階級が行われた男子は100kg超級の原沢久喜(フリー)と100kg級の飯田健太郎(国士舘大2年)が優勝、90kg級では村尾三四郎(桐蔭学園高3年)が2位に入賞した。100kg超級の小川雄勢(明治大4年)は5位に終わった。

日本勢男子は全7階級のうち6階級で優勝、1階級で2位という好成績でフィニッシュ。参加者600名を超える空前の大規模大会を席捲した。

前週のグランドスラム・パリでも決勝まで進んだ原沢はこの日も好調。準決勝ではグランドスラム大阪の覇者ヘンク・フロル(オランダ)に大内返「一本」でパリ大会に続き連勝、決勝ではロシアの新エースとして期待されるイナル・タソエフ(ソリア)を豪快な内股「一本」で下した。今大会は全5戦で4一本勝ち、1つの「技有」勝ちと全試合で投げを決め、完全復活を印象付けた。

...続きを読む

※ マッチレポートは続報します。メルマガ版配信後にPC版に転載します。

※ eJudoメルマガ版2月25日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.