PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

【隔週刊・嘉納治五郎師範のひとこと】第72回

(2019年2月25日)

※ eJudoメルマガ版2月25日掲載記事より転載・編集しています。
【隔週刊・嘉納治五郎師範のひとこと】第72回
頭の重い時に強いて調べ物をすることや、疲労した時に徹夜することなどは、人間精力の善養利用には背く道理である。
eJudo Photo
嘉納治五郎師範

資料提供 公益財団法人講道館
copyright:Kodokan Judo Institute

※写真の無断転載および転用を厳に禁じます

出典:「勇気」『青年修養訓』 明治43年12月 (『嘉納治五郎大系』7巻214頁)

本稿は、冒頭の師範のことばだけでなく、最後まで是非読んでいただきたいと思います。

頭が重い、つまり体調が良くないときに、無理して調べ物をすることや、疲れている時に、徹夜して何かする、こういったことを精力善養利用の理論から、はずれた行為であると嘉納師範は述べています。確かに調子が良くないときに、無理して何かをすることは、コスト・パフォーマンスが悪く合理的とは言えないでしょう。休養を十分にとり、体調が回復してから、改めて課題に取り組んだ方が効率的かもしれません。

ところがこの一文には続きがあります。要約しますと、<そうは言っても、そうする事が自分の仕事上、大切であり、また多数の人、あるいは社会国家のために有用な場合は、無理をすることによって、自分が病気になるようなことがあっても、構わずなしとげることが本当の勇気である>。
冒頭のことばから一転、無理することを賞賛するような発言です。

...続きを読む

※ eJudoメルマガ版2月25日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.