PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

朝比奈沙羅に大チャンス到来、濵田尚里は準々決勝でライバルのチュメオと激突・グランドスラムデュッセルドルフ2019最終日女子プレビュー

(2019年2月23日)

※ eJudoメルマガ版2月23日掲載記事より転載・編集しています。
朝比奈沙羅に大チャンス到来、濵田尚里は準々決勝でライバルのチュメオと激突
グランドスラムデュッセルドルフ2019最終日女子プレビュー(78kg級、78kg超級)
eJudo Photo
バクー世界選手権の覇者・濵田尚里

→最終日女子全試合結果
→最終日女子速報
→【eJudo’s EYE】ワールドツアー欧州シリーズ女子日本代表19人「採点表」


文責:小林大悟/eJudo編集部

■78kg級・バクー世界選手権の5位までが全員集合、濵田尚里は準々決勝でライバルのチュメオと激突

(エントリー32名)

グランドスラム・パリのメンバーから優勝者のマドレーヌ・マロンガ(フランス)が勝ち抜け。それ以外はフッシェ・ステインハウス(オランダ)が加わるなど多少の変化はあるものの、大枠としてパリ大会と同じ上位陣の顔ぶれとなっている。バクー世界選手権ベスト5が全員揃っており、トーナメントのレベルは極めて高い。

ここに日本から参加するのは、現役世界王者の濵田尚里(自衛隊体育学校)。濵田は世界一とも評される寝技の強さを背景にバクー世界選手権を制覇。しかし、以降は11月のグランドスラム大阪で梅木真美(ALSOK)、12月のワールドマスターズで佐藤瑠香(コマツ)にそれぞれ敗れており、2大会続けて3位に終わっている。今のところ敗れているのは日本勢のみ。国内の78kg級がどの選手も安定感を欠き、その時々のコンディションによって勝ったり負けたりを繰り返していることを考えれば、世界王者のアドバンテージはまだ生きていると考えて良いだろう。とはいえ、さすがにそろそろ結果を残しておきたいところ。

今大会の濵田は第3シード配置ながら、2回戦でグランドスラム・パリで2位を獲得するなど近頃好調のルイーズ・マルツァーン(ドイツ)、続く準々決勝で昨年2連敗を喫しているライバルのオドレイ・チュメオ(フランス)と対戦せねばならない。

...続きを読む

※ eJudoメルマガ版2月23日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.