PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

日本勢はいずれも予選ラウンドに大きな山場、最注目は主役級が勢揃いの90kg級・グランドスラムデュッセルドルフ2019最終日男子プレビュー

(2019年2月23日)

※ eJudoメルマガ版2月23日掲載記事より転載・編集しています。
日本勢はいずれも予選ラウンドに大きな山場、最注目は主役級が勢揃いの90kg級
グランドスラムデュッセルドルフ2019最終日男子プレビュー(90kg級、100kg級、100kg超級)
eJudo Photo
急成長中の村尾三四郎、組み合わせはこれ以上ないほど厳しい配置。

→最終日男子全試合結果
→最終日男子速報
→【eJudo’s EYE】ワールドツアー欧州シリーズ男子日本代表20人「採点表」



文責:小林大悟/eJudo編集部

■90kg級・世界大会レベルの超豪華トーナメント、村尾三四郎は試練の配置引く

(エントリー62名)

今大会の最注目階級。現役世界王者のニコロス・シェラザディシヴィリ(スペイン)を筆頭に、イワン=フェリペ・シルバ=モラレス(キューバ)、ミハイル・イゴルニコフ(ロシア)、ガク・ドンハン(韓国)ら階級の主役たちが勢揃い。選手リストの上から下まで強豪がぎっしりと詰まった、世界大会に劣らないレベルのトーナメントが組まれた。序盤戦から好カードが目白押しとなっており、トイレに立つ間も惜しいほどだ。

ここに日本から挑むのは、グランドスラム大阪3位の新鋭、村尾三四郎(桐蔭学園高3年)。当初はベイカー茉秋(日本中央競馬会)との同時派遣であったが、ベイカーが右脚の負傷により欠場となったため、高校生ながら1人代表の重責を負うこととなった。村尾が引いた位置は、2回戦でダヴィド・クラメルト(チェコ)、3回戦でガク、4回戦でイゴルニコフと、トップ選手に連勝せねば敗者復活戦にも進めない過酷なもの。世界選手権優勝レベルの実力が必要な山だ。ここを勝ち上がるのは至難の業だが、村尾のここ半年の急成長ぶりを思い出すと、期待せずにはいられない。

...続きを読む

※ eJudoメルマガ版2月23日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.