PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

[速報]大野将平が海老沼匡との決勝対決制す、81kg級は藤原崇太郎が手堅く優勝・グランドスラムデュッセルドルフ第2日男子

(2019年2月24日)

※ eJudoメルマガ版2月23日掲載記事より転載・編集しています。
[速報]大野将平が海老沼匡との決勝対決制す、81kg級は藤原崇太郎が手堅く優勝
グランドスラムデュッセルドルフ第2日男子(73kg級、81kg級)
eJudo Photo
大野将平と海老沼匡による73kg級決勝

→第2日男子全試合結果
→第2日男子プレビュー
→【eJudo’s EYE】ワールドツアー欧州シリーズ男子日本代表20人「採点表」


IJFワールドツアー欧州シリーズ最重要大会の一であるグランドスラム・デュッセルドルフ大会は、23日、ISSドーム(ドイツ・デュッセルドルフ)で第2日目の競技が行われ、男子は73kg級の大野将平(旭化成)、81kg級の藤原崇太郎(日本体育大2年)といずれも日本勢が優勝した。

73kg級の大野は序盤は抑えた動き、1回戦はフリドン・ギガニ(ジョージア)をGS延長戦の末に巴投「技有」、2回戦でトハル・ブトブル(イスラエル)を総試合時間9分を超える粘戦の末の小外掛「技有」とスロースタートだったが、強敵を畳に迎えたこれ以降は一気に加速。3回戦はヴィクトル・スクヴォトフ(UAE)を内股と出足払の合技「一本」、リオ五輪決勝の再現カードとなった準々決勝はルスタン・オルジョフ(アゼルバイジャン)を内股「一本」、準決勝はソモン・マフマドベコフ(タジキスタン)を送足払「一本」と素晴らしい投げを並べて決勝進出。

...続きを読む

※ eJudoメルマガ版2月23日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.