PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

大野将平と海老沼匡の同国決勝なるか、81kg級は復活を期す藤原崇太郎の出来に注目・グランドスラムデュッセルドルフ2019第2日男子プレビュー

(2019年2月23日)

※ eJudoメルマガ版2月23日掲載記事より転載・編集しています。
大野将平と海老沼匡の同国決勝なるか、81kg級は復活を期す藤原崇太郎の出来に注目
グランドスラムデュッセルドルフ2019第2日男子プレビュー(73kg級、81kg級)
eJudo Photo
アジア大会とグランドスラム大阪に勝利、いよいよエンジンの掛かってきた大野将平

→最終日男子全試合結果
→最終日男子速報
→【eJudo’s EYE】ワールドツアー欧州シリーズ男子日本代表20人「採点表」

文責:小林大悟/eJudo編集部

■73kg級・大野将平と海老沼匡の同国決勝に期待、海外勢は新旧勢力のしのぎ合いに注目

(エントリー58名)

ヨーロッパを中心に強豪が多数参加して中核を形成。そこに日本とモンゴルの強国2つが加わって、シリーズ最重要大会の一であるグランドスラム・デュッセルドルフの名に相応しい豪華なトーナメントが組まれた。現役世界王者のアン・チャンリン(韓国)は出場を回避したものの、かなり魅力的な陣容となっている。

日本から送り込まれたのは、グランドスラム大阪で決勝を争った大野将平(旭化成)と海老沼匡(パーク24)の2名。ともにノーシード配置から大会をスタートすることとなる。

優勝候補筆頭の大野はプールCに配され、2回戦でトハル・ブトブル(イスラエル)、3回戦でヴィクトル・スクヴォトフ(UAE)、準々決勝でルスタン・オルジョフ(アゼルバイジャン)と対戦予定。スクヴォトフは足技一発のある怖い相手だが、近頃は良いパフォーマンスを見せておらず、大野の強さと練度を考えればまず遅れをとることはないはず。それ以外の選手は、飛び道具があるタイプではないため力関係が順当に結果に反映されるはず。

...続きを読む

※ eJudoメルマガ版2月23日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.