PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

陣容分厚い57kg級は世界王者3名が競演、48kgは渡名喜風南、52kg級はケルメンディの出来に注目・グランドスラムデュッセルドルフ2019第1日女子プレビュー

(2019年2月22日)

※ eJudoメルマガ版2月22日掲載記事より転載・編集しています。
陣容分厚い57kg級は世界王者3名が競演、48kgは渡名喜風南、52kg級はケルメンディの出来に注目
グランドスラムデュッセルドルフ2019第1日女子プレビュー(48kg級、52kg級、57kg級)
eJudo Photo
優勝候補は2017年の世界王者渡名喜風南

→第1日女子速報
→第1日女子全試合結果
→第1日女子プレビュー


文責:小林大悟/eJudo編集部


■48kg級・渡名喜風南が出場、目指す結果は優勝のみ

(エントリー33名)

2週間前のグランドスラム・パリから、近藤亜美(三井住友海上)とディストリア・クラスニキ(コソボ)のファイナリスト2名が抜け、代わりに渡名喜風南(パーク24)とエヴァ・チェルノヴィツキ(ハンガリー)が加わったという格好のトーナメント。今回も現時点での「1強」現役世界王者のダリア・ビロディド(ウクライナ)は不在だが、階級自体の層の厚さを反映して、参加者のレベルは全体的に高めとなっている。

優勝候補はもちろん2017年の世界王者・渡名喜風南(パーク24)。昨シーズンは世界選手権で準優勝も、ビロディドに3連敗を喫してこちらの印象のほうが強く残ってしまった。

...続きを読む

※ eJudoメルマガ版2月22日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.