PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

優勝候補はともに日本勢、丸山城志郎がワールドツアー3連勝に挑む・グランドスラムデュッセルドルフ2019第1日男子プレビュー

(2019年2月22日)

※ eJudoメルマガ版2月22日掲載記事より転載・編集しています。
優勝候補はともに日本勢、丸山城志郎がワールドツアー3連勝に挑む
グランドスラムデュッセルドルフ2019第1日男子プレビュー(60kg級、66kg級)
eJudo Photo
開会を待つデュッセルドルフ、ISS Dome
※Photo:IJF

→第1日男子全試合結果
→第1日男子速報
→【eJudo’s EYE】ワールドツアー欧州シリーズ男子日本代表20人「採点表」

階級ごとの展望に入る前に、ひとこと。JSPORTSのコラムでも書かせて頂いたが、今大会のバックグラウンドについて。

今大会の最終エントリー人数は603名ということになった。昨年のグランドスラム5大会の平均参加者が371人(最高はデュッセルドルフ大会の446人)、グランプリとワールドマスターズを加えたワールドツアー全体(世界選手権を除くシニア大会)の平均が363人だからちょっとありえない規模の巨大大会である。昨年1年間でエントリー600人を超えたイベントはバクー世界柔道選手権ただ1つのみ(755名)。ちょっとした「世界大会」である。

2週間前のパリ大会にも実に570名の参加があった。2016年の改装後は4面運用に縮小されていたベルシー体育館に急遽5面の畳が準備され、小さい試合場(規定内である)で大会が行われたのは記憶に新しいところ。五輪前年で具体的にポイントを獲りにいかねばならないベテランと、五輪出場に望みのあるジュニアあがりの有望選手をともに抱えた強豪国による大量派遣がその一因であることは論を待たないが、読み解きの鍵は参加国数にある。パリは昨年から16か国増、デュッセルドルフは実に32か国増えてともに97か国が参加しているのだ(昨年のツアー平均参加国は55、世界選手権の参加国は124)。

アフリカ、中東、パンナム地域の国がかなり増えている。IJFの普及策が実り、これまでは年1回の世界選手権や所属コンチネンタルの大会にしか顔を見せなかった「登録しているだけの国」もツアーに積極的に選手を派遣し、事後行われるIJFトレーニングキャンプに参加するようになったということだろう。強豪国の大量派遣に参加国数の増加、2009年に始まったワールドツアーシステム10年間の成熟この巨大大会に極まれり。これが2019年グランドスラム・デュッセルドルフ大会のバックグラウンドだ。

大会の重心は、それでもやはり日本勢。この欧州シリーズを東京世界選手権代表第三次選考と位置付ける日本は、パリとこのデュッセルドルフに対象選手を割って派遣しており、今大会は70kg級を除く13階級に16名を送り込む。パリと今大会で代表の行方が実質的に決する階級も、おそらく出てくるはず。

勝っても代表権が決まるわけではないが、負ければ代表は限りなく遠のく。「勝ってもともと、負ければ地獄」の第三次選考後半戦、いよいよ本日スタートである。

前文:古田英毅
本文:小林大悟/eJudo編集部

■60kg級・永山竜樹が参戦、対抗馬はウロズボエフとムシュヴィドバゼ

(エントリー35名)

全体のレベルはそれほど高くないものの、ディヨルベク・ウロズボエフ(ウズベキスタン)、ロベルト・ムシュヴィドバゼ(ロシア)ら世界大会表彰台クラスの強豪が複数参戦。日本からは永山竜樹(東海大4年)が送り込まれ、優勝候補として第2シード位置からこれを迎え撃つ。

...続きを読む

※ eJudoメルマガ版2月22日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.