PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

[速報]大野陽子が優勝、78kg超級素根輝はオルティス戦に辿り着けず3位に終わる・グランドスラムパリ2019最終日女子

(2019年2月11日)

※ eJudoメルマガ版2月10日掲載記事より転載・編集しています。
[速報]大野陽子が優勝、78kg超級素根輝はオルティス戦に辿り着けず3位に終わる
グランドスラムパリ2019最終日女子(70kg級、78kg級、78kg超級)
eJudo Photo
準々決勝、大野は最大の難敵と目されたマリー=イヴ・ガイから豪快な左内股「一本」

日時:日時:2019(平成31)年2月10日
場所:GAccorHotels Arena of Bercy (フランス・パリ)

→最終日女子プレビュー
→最終日女子全試合結果

パリ・エコーホテルズアリーナで行われているグランドスラム・パリ大会は11日に最終日を迎え、女子は70kg級、78kg級、78kg超級の競技が行われた。3階級に5人を送り込んだ日本勢女子からは70kg級の大野陽子(コマツ)が優勝した。

この日の大野は抜群の出来、準々決勝ではバクー世界選手権2位のマリー=イヴ・ガイ(フランス)の右小外掛を呼び込むと左内股に捉えて鮮やか「一本」。今季日本勢最大のライバルとされるこの選手を下して会場を驚かすと、決勝では地元の大声援を受けるマルゴ・ピノ(フランス)を押し込み続け、GS延長戦で場外の「指導」をもぎ取って優勝を決めた。

ワールドマスターズを圧勝して期待の高かった新添左季(山梨学院大4年)は、圧倒的な勝ちぶりを披露しながら準決勝のピノ戦で状況を見誤り、不利な体勢から無理やり放った大外刈を返されて「技有」を失って脱落。3位決定戦はガイを相手に豪快な内股「一本」で勝利して銅メダルは確保した。

...続きを読む

※ eJudoメルマガ版2月10日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.